久松氏 (長崎町年寄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

久松氏(ひさまつし)は、江戸時代長崎の地役人。

久松家は、長崎の出島築造の出資者・出島町人の久松新兵衛の家系で[1]、『長崎名家略譜』[2]によれば「西浜町に住す、高十五人扶持、受用銀十五貫目、屋敷千三百八十四坪、除税地」という長崎町年寄の名家。先祖は武州大串を領して源頼朝に属したが、4代目が肥前国に移って大村の旗下に属した[3]。実子が無いため、讃岐国丸亀の城主・生駒帯刀の末子の堀尾作十郎を養子にした。作十郎にも子ができなかったため長崎町年寄・高木作右衛門の子を養子とし、それが名を改め、初代久松善兵衛となる[4]

西浜町(長崎市銅座町浜町のあたり)にあった屋敷[5]はかつて長崎町年寄筆頭の高木彦右衛門のものだったが、深堀事件によって高木家が断絶した後、久松家の屋敷となった[6]

本家[編集]

初代 - 久松善兵衛忠辰[4]
養子、高木作右衛門宗利(4代目)の三男
元禄10年(1697年)、常行司に就任。同12年(1699年)、町年寄に就任。
宝永6年(1709年)、隠居。
2代目 - 松永市右衛門忠昭[4]
養子、高島四郎兵衛茂村(3代目)の次男
宝永6年、町年寄に就任。同7年(1710年)、奉行と同姓のため、松永と改姓[7]
享保7年(1722年)7月22日、没。
3代目 - 久松善兵衛茂政[4]
養子、高島四郎兵衛茂程(4代目)の次男
享保4年(1719年)、家を継ぐ。同11年(1726年)、町年寄見習に就任。同12年(1727年)、久松姓に復する。同14年(1729年)、町年寄に就任。
延享4年(1747年)9月18日、没。
4代目 - 久松喜兵衛忠廉[4]
養子、高木作右衛門忠栄(7代目)の末男
延享4年、町年寄に就任。
宝暦4年(1754年)4月19日、没。
5代目 - 久松善兵衛忠衹[4]
3代目善兵衛茂政の次男。別名半右衛門[8]
宝暦4年、町年寄見習に就任。同8年(1758年)、町年寄に就任。
天明5年(1785年)、「御奉公筋出精」により、帯刀を許された上、長崎会所調役に任命[8][9]
寛政元年(1789年)、権限一部剥奪[10]。同2年(1790年)9月、隠居[11]。同12年(1800年)4月19日、没。
6代目 - 久松善兵衛定寿[4]
寛政元年(1789年)10月、町年寄見習に就任。同2年(1790年)10月、町年寄に就任。
享和元年(1801年)、隠居。
天保12年(1841年)5月4日、没。
7代目 - 久松善兵衛忠恒[4]
養子、後藤五郎左衛門貞郁(長崎町年寄・後藤家10代目)の次男
寛政12年(1800年)、町年寄見習に就任。
享和元年(1801年)2月、町年寄に就任。
文化12年(1815年)11月、隠居。
天保13年(1842年)12月29日、没。
8代目 - 久松碩次郎定碩[12]
養子、高島四郎兵衛茂紀(9代目)の次男、高島秋帆の次兄。詳細は久松碩次郎を参照。
9代目 - 久松新兵衛定益[13]
7代目善兵衛忠恒の四男
弘化3年(1846年)7月25日、高島秋帆の疑獄事件に連座して、50日押込となる[14]。同4年(1847年)、没。
10代目 - 久松喜兵衛忠恒[13]
8代目碩次郎定碩の子
文久2年(1862年)、没。享年31[15]
11代目 - 久松若三郎[4]
文久3年(1863年)、町年寄に就任。

分家[編集]

初代 - 久松土岐太郎忠真[16]
久松善兵衛茂政(本家3代目)の三男
明和3年(1766年)3月、町年寄末席に任じられる。
天明7年(1787年)正月、一代町年寄に就任。
寛政元年(1789年)7月、隠居。同年11月29日、没。
2代目 - 久松平三郎忠倫[16]
寛政元年、町年寄末席見習に就任。同4年(1792年)11月、町年寄末席に就任。同12年(1800年)正月、一代町年寄に就任。
享和3年(1803年)2月18日、没。
3代目 - 久松嘉兵衛忠豊[16]
享和3年4月、町年寄末席に就任。
文政5年(1822年)7月、町年寄に就任。以後、世襲となる。
4代目 - 久松金之助忠篤[16]
養子、久留米藩士・今井清右衛門の次男
天保2年(1831年)、町年寄見習に就任。同4年(1833年)、退職。
5代目 - 久松蜂次郎忠清[16]
養子、薬師寺久左衛門種茂の三男
天保5年(1834年)5月、町年寄に就任。同8年(1837年)、退職[17]
6代目 - 久松土岐太郎忠功[13][16]
養子、高島秋帆の次男。詳細は久松土岐太郎を参照。
7代目 - 久松土岐太郎忠誨[13][16]
養子、久松新兵衛定益(本家9代目)の次男。詳細は久松寬三郞を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「出島の築造とその出資者」広瀬隆著 『文明開化は長崎から』上巻 集英社、110-112頁。
  2. ^ 大正15年刊『長崎叢書』所収、長崎史談会編
  3. ^ 石山滋夫著 『評伝 高島秋帆』 葦書房、66頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 「久松家」簱先好紀著 『長崎地役人総覧』 長崎文献社、46-47頁。
  5. ^ 長崎古地図集『享和二年 肥州長崎図』 長崎文献社。
  6. ^ 『長崎県の地名 日本歴史地名大系43』 平凡社 、161頁。
  7. ^ 当時の長崎奉行は、久松定持。
  8. ^ a b 木村直樹著 『長崎奉行の歴史 苦悩する官僚エリート』 角川選書、126頁。
  9. ^ 鈴木康子著 『長崎奉行の研究』 思文閣出版、299頁。
  10. ^ 木村直樹著 『長崎奉行の歴史 苦悩する官僚エリート』 角川選書、128頁。
  11. ^ 木村直樹著 『長崎奉行の歴史 苦悩する官僚エリート』 角川選書、130頁。
  12. ^ 広瀬隆著 『文明開化は長崎から』下巻 集英社、123頁。江越弘人著 『<<トピックスで読む>>長崎の歴史』 弦書房、222,242頁。有馬成甫著 『高島秋帆 人物叢書』 吉川弘文館、35、66頁。石山滋夫著 『評伝 高島秋帆』 葦書房、50頁。
  13. ^ a b c d 江越弘人著 『<<トピックスで読む>>長崎の歴史』 弦書房、242頁。
  14. ^ 有馬成甫著 『高島秋帆 人物叢書』 吉川弘文館、167頁。
  15. ^ 儒学者荒瀬桑陽の『崎陽談叢』より。同書では「久松善兵衛忠愃」となっている(石山滋夫 『評伝 高島秋帆』 葦書房 、169-170頁)。
  16. ^ a b c d e f g 「久松家(別家)」簱先好紀著 『長崎地役人総覧』 長崎文献社、47-48頁。
  17. ^ 『<<トピックスで読む>>長崎の歴史』(242頁)では天保5年。

参考文献[編集]

  • 有馬成甫著 『高島秋帆 人物叢書』 吉川弘文館 ISBN 4-642-05155-4
  • 石山滋夫著 『評伝 高島秋帆』 葦書房 ISBN 4-7512-0057-7
  • 江越弘人著 『<<トピックスで読む>>長崎の歴史』 弦書房 ISBN 978-4-902116-77-9
  • 木村直樹著 『長崎奉行の歴史 苦悩する官僚エリート』 角川選書 ISBN 978-4-04-703574-4
  • 鈴木康子著 『長崎奉行の研究』 思文閣出版 978-4-7842-1339-9
  • 簱先好紀著 『天領長崎秘録』 長崎文献社 ISBN 4-88851-024-5
  • 簱先好紀著 『長崎地役人総覧』 長崎文献社 ISBN 978-4-88851-189-6
  • 広瀬隆著 『文明開化は長崎から』上巻 集英社 ISBN 978-4-08-789002-0
  • 広瀬隆著 『文明開化は長崎から』下巻 集英社 ISBN 978-4-08-789003-7
  • 森岡美子著 『世界史の中の出島 日欧通交史上長崎の果たした役割』 長崎文献社 ISBN 4-88851-088-1
  • 『長崎県の地名 日本歴史地名大系43』 平凡社 ISBN 4-582-49043-3
  • 『長崎県の歴史』 山川出版社 ISBN 978-4-634-32421-3
  • 長崎古地図集『享和二年 肥州長崎図』 長崎文献社
  • 『日本人名大辞典』 講談社 ISBN 4-06-210800-3
  • 『日本人名大事典』第5巻 平凡社