久津川車塚古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
久津川車塚古墳
Kutsukawa Kurumazuka Kofun, zenkei-2.jpg
墳丘全景(左に後円部、右に前方部)
所属 久津川古墳群
所在地 京都府城陽市平川車塚
位置 北緯34度51分53.32秒
東経135度46分44.19秒
座標: 北緯34度51分53.32秒 東経135度46分44.19秒
形状 前方後円墳
規模 墳丘長180m
埋葬施設 後円部:長持形石棺直葬1基
西側造出:組合式木棺直葬1基
出土品 副葬品多数・埴輪片など
築造時期 5世紀前半
史跡 国の史跡「久津川車塚古墳」
(「久津川古墳群」に包含)
有形文化財 出土鏡・長持形石棺(国の重要文化財
地図
久津川車塚 古墳の位置(京都府内)
久津川車塚 古墳
久津川車塚
古墳
テンプレートを表示

久津川車塚古墳(くつかわくるまづかこふん)は、京都府城陽市平川車塚にある古墳。形状は前方後円墳久津川古墳群を構成する古墳の1つ。国の史跡に指定され(史跡「久津川古墳群」のうち)、出土鏡・長持形石棺は国の重要文化財に指定されている。

南山城地方では最大規模の古墳で、5世紀前半(古墳時代中期前半)頃の築造と推定される。

現在は、JR奈良線によって、古墳が二つに分断される形となっている。

概要[編集]

城陽市北部、木津川右岸の丘陵地に築造された大型前方後円墳である[1]。丘陵一帯では、本古墳や丸塚古墳芭蕉塚古墳の大型古墳3基を含む古墳100基以上からなる久津川古墳群の分布が知られる。調査は1894年明治27年)の未盗掘石棺・副葬品の発見を契機とし[2]、これまでに数次の発掘調査が実施されている。

墳形は前方後円形で、前方部を南方に向ける。墳丘は3段築成[3]。墳丘長は約180メートルを測るが、これは久津川古墳群中では最大規模で、南山城地方でも最大規模になる[3]。くびれ部西側には造出が付される(くびれ部東側でも存在が推定)[4]。墳丘表面では葺石や、各段に埴輪列が検出されているほか、墳丘周囲には2重の周濠が巡らされる[3]。主体部の埋葬施設は、後円部中央で長持形石棺直葬1基、西側造出で組合式木棺直葬1基が確認されており[4]、それぞれ副葬品も検出されている。

この久津川車塚古墳は、古墳時代中期前半の5世紀前半の築造と推定される[4]。久津川古墳群中では丸塚古墳と同時期の築造で、次いで梶塚古墳が築造される[5]。その規模・内容から、南山城地方を治めた大首長の墓と推測される[3]

古墳域は1979年昭和54年)に国の史跡に指定されている[1]。また出土鏡(泉屋博古館保管)・出土石棺(京都大学総合博物館保管)は、それぞれ1953年昭和28年)・1991年平成3年)に国の重要文化財に指定されている[6][2]

来歴[編集]

  • 1894年明治27年)、奈良鉄道線(現在のJR奈良線)の敷設に際する後円部発掘。未盗掘状態の石棺・副葬品の発見[2]
  • 1915年大正4年)、梅原末治による再調査(1920年に報告書『久津川古墳研究』の刊行)[2]
  • 1953年昭和28年)11月14日、出土鏡が国の重要文化財に指定[6]
  • 1962年(昭和37年)、墳丘調査(同志社大学[2]
  • 1972年(昭和47年)、墳丘調査(龍谷大学[2]
  • 1975年(昭和50年)以降、数次の発掘調査(城陽市教育委員会)[2]
  • 1979年(昭和54年)1月19日、「久津川車塚・丸塚古墳」として国の史跡に指定[1]
  • 1991年平成3年)6月21日、出土石棺が国の重要文化財に指定[2]
  • 2013年度(平成25年度)以降、史跡整備に向けた墳丘測量調査・発掘調査(城陽市教育委員会;継続中)[4]
  • 2016年(平成28年)10月3日、既指定の国の史跡「久津川車塚・丸塚古墳」に従来未指定であった古墳2基を追加指定して、史跡指定名称を「久津川古墳群」に変更[1][7][8]

構造[編集]

古墳の規模は次の通り[9]

  • 古墳総長:約272メートル - 周濠を含めた全長。
  • 墳丘長:約180メートル
  • 造出 - くびれ部西側。
    • 長さ:南北約31メートル×東西約13メートル[4]
    • 高さ:3.1メートル[4]

墳丘くびれ部西側に付される造出は、全体が円筒埴輪列で囲繞され、その内側では北半を土器・土製品による食物供献儀礼の場とし、南半を埋葬施設とする[4]。造出における埋葬施設の存在は珍しい例として注目され[10]、造出表面では大型の形象埴輪群(家形・囲形・靫形・蓋形埴輪)も検出されている[5]

墳丘周囲には2重の周濠が巡らされており、周濠外側の外堤は幅8メートル以上を測る[3]。この外堤上には2重の埴輪列が巡らされている[3]。また、後円部西側の周濠内では渡土堤(渡り土手)が認められている[11][12]

埋葬施設[編集]

西側造出の埋納墓坑
2016年度の発掘調査時。

主体部の埋葬施設としては、後円部中央において長持形石棺1基の直葬が認められている[2]。この石棺は1894年(明治27年)の奈良鉄道線(現在のJR奈良線)の敷設工事の際に発見されたもので、石棺主軸は墳丘主軸と平行の南北方向とする[2]。石棺の石材は凝灰岩6枚(蓋石1枚・側石2枚・小口石2枚・底石1枚)により、蓋石・側石には縄掛突起を付し、石棺の前後には割石積による小さな石室(北小石室・南小石室)も形成されている[2]。また石棺の出土の際には、銅鏡など多数の副葬品も出土している(後述)。この長持形石棺は国の重要文化財に指定されており、実物は現在京都大学総合博物館に保存・展示されているほか、レプリカが五里ごり館(城陽市歴史民俗資料館)やふるさとミュージアム山城(京都府立山城郷土資料館)に展示されている。

他の埋葬施設として、前述のように西側くびれ部の造出においても組合式木棺1基の直葬が確認されている[4]。木棺は幅約67センチメートルで、墓坑底に粘土を敷いた上に据えられ、棺内外から副葬品が検出されている[4]

出土品[編集]

三角縁四神四獣鏡
(国の重要文化財
泉屋博古館展示。

長持形石棺の副葬品

  • 石棺内出土[2]
    • 銅鏡 7面 - いずれも国の重要文化財。泉屋博古館保管[6]
      • 画文帯神獣鏡 1面
      • 三角縁神獣鏡 1面
      • 変形画文帯神獣鏡 1面
      • 変形四獣鏡 4面
    • 硬玉勾玉
    • 碧玉勾玉
    • 滑石勾玉
    • ガラス玉
    • 滑石臼玉
    • 滑石刀子
    • 鉄刀
    • 鉄剣
  • 石棺外出土[2]

西側造出の木棺の副葬品

  • 鉄剣 2口[4]
  • 鉄製品片[4]
  • 勾玉 50点以上[4]
  • 臼玉 6点以上[4]

埴輪

  • 墳丘本体出土
    • 円筒埴輪
  • 西側造出出土
    • 円筒埴輪
    • 朝顔形埴輪
    • 形象埴輪 - 家形・囲形・靫形・蓋形・水鳥形埴輪が認められる[5]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 山城国久世郡久津川車塚古墳出土鏡 7面(考古資料) - 内訳は以下。泉屋博古館保管。1953年(昭和28年)11月14日指定[6]
    • 画文帯神獣鏡 1面
    • 三角縁神獣鏡 1面
    • 変形画文帯神獣鏡 1面
    • 変形四獣鏡 4面
  • 長持形石棺 京都府城陽市久津川車塚古墳出土(考古資料) - 附指定は以下。京都大学保管。1991年(平成3年)6月21日指定[2]
    • (附指定)玉類一括、石製刀子10箇、鉄剣1口

国の史跡[編集]

  • 久津川車塚古墳(史跡「久津川古墳群」のうち)
    1979年(昭和54年)1月19日に「久津川車塚・丸塚古墳」として国の史跡に指定[1]
    2016年(平成28年)10月3日、既指定の史跡「久津川車塚・丸塚古墳」に芭蕉塚古墳久世小学校古墳の古墳2基を追加指定して、指定名称を「久津川古墳群」に変更[1][8][7]

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

関連施設

周辺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 久津川古墳群 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 長持形石棺/京都府城陽市久津川車塚古墳出土 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  3. ^ a b c d e f 久津川車塚-丸塚古墳(国指定史跡).
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 2016年度発掘調査 現地説明会資料 2016.
  5. ^ a b c 2015年度発掘調査 現地説明会資料 2015.
  6. ^ a b c d 山城国久世郡久津川車塚古墳出土鏡 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  7. ^ a b 平成28年10月3日文部科学省告示第144号。
  8. ^ a b 「史跡等の指定等について」 (PDF) (文化庁記者発表、2016年6月17日)。
  9. ^ 久津川車塚古墳説明板。
  10. ^ "「造り出し」に埋葬施設か 京都・久津川車塚古墳で遺構出土"(産経新聞、2015年4月17日記事)。
  11. ^ 2017年度発掘調査 現地説明会資料 2017.
  12. ^ "墳丘に入る「陸橋」、京都初確認 久津川車塚古墳"(京都新聞、2017年9月5日記事)。

参考文献[編集]

  • 久津川車塚古墳説明板(城陽市教育委員会設置)
  • 地方自治体発行
    • 京都府発行
      • 「久津川車塚古墳」『京都府埋蔵文化財情報 第61号 (PDF)』京都府埋蔵文化財調査研究センター、1996年、59-61頁。 - リンクは京都府埋蔵文化財調査研究センター。
    • 城陽市発行
      • 「2015年度発掘調査 現地説明会資料」 (PDF) (城陽市教育委員会、2015年)。 - リンクは有限会社京都平安文化財。
      • 「2016年度発掘調査 現地説明会資料」(城陽市教育委員会、2016年)
      • 「2017年度発掘調査 現地説明会資料」(城陽市教育委員会、2017年)
      • 「2018年度発掘調査 現地説明会資料」(城陽市教育委員会、2018年)
  • 事典類
    • 「久津川古墳群」『日本歴史地名大系 27 京都市の地名』平凡社、1979年。ISBN 4582490271。
    • 小林三郎「車塚古墳 > 久津川車塚古墳」『日本古墳大辞典東京堂出版、1989年。ISBN 4490102607。
    • 原田三壽「久津川古墳群」『日本古代史大辞典』大和書房、2006年。ISBN 4479840656。
    • 久津川車塚-丸塚古墳」『国指定史跡ガイド』講談社 - リンクは朝日新聞社「コトバンク」。

関連項目[編集]