久津知子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 久津知子 女流二段
名前 久津知子
生年月日 (1972-11-23) 1972年11月23日(45歳)
プロ入り年月日 1992年10月1日(19歳)
引退年月日 2018年3月31日(45歳)
棋士番号 15
出身地 北海道札幌市
師匠 勝浦修九段
段位 女流二段
戦績
通算成績 118勝178敗 0.3986[1]
2018年3月31日現在

久津 知子(ひさつ ともこ、1972年11月23日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士勝浦修九段門下。女流棋士番号は15。北海道札幌市出身。2018年3月31日に現役を引退。

棋歴[編集]

北海道札幌星園高等学校[2]在学中は、父が経営する将棋クラブと同じフロアに住み、学校以外は将棋漬けの日々だった[3]

1989年、第25回高校選手権女子個人戦で優勝[4]。1990年、女流育成会に入会し、月に一度北海道と東京の間を往復する。そして、二十歳を迎える1992年の秋にプロデビューし、勝浦修門。女流棋士会からプロへの昇格枠が2名から1名に減らされたことが、かえって将棋への集中につながったという[3]

1993年度、初参加の第20期女流名人位戦C級リーグで、早速B級に昇格する。その後、不調の期間が続いたが、2000年度、第28期女流名人位戦予選[5]を勝ち抜き、久々にB級復帰。

2003年度、第26期女流王将戦で予選を抜け、本戦でも1勝を挙げる。

第16期(2005年度)女流王位戦で、初のリーグ入り。矢内理絵子に勝利するが、2勝3敗でリーグ残留失敗。

第33期(2006年度)女流名人位戦で2度目のB級復帰。

第3期(2009年度)マイナビ女子オープンで、本戦初出場。

人物[編集]

久津は師匠の勝浦修と同じ北海道出身であり、棋士野月浩貴金沢孝史も北海道出身で勝浦門である。久津は北海道における将棋の普及に、特別な思いを持っている[3][4]

なお、北海道出身以外の同門の棋士には、十八世名人の資格を持つ森内俊之と2009年前後から活躍の広瀬章人がいる。

昇段昇級履歴[編集]

  • 1990年 女流育成会入会
  • 1992年10月1日 女流2級
  • 1994年4月1日 女流1級(女流名人位戦B級リーグ入り)
  • 2001年4月1日 女流初段(勝数規定)
  • 2016年6月29日 女流二段(勝数規定)
  • 2018年3月31日 引退(女流棋士引退規定により)[6]

脚注[編集]

  1. ^ 女流棋士通算成績(2018年3月31日現在)”. 日本将棋連盟 (2018年3月31日). 2018年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月31日閲覧。
  2. ^ 2010年に閉校。
  3. ^ a b c リレーエッセイVol.21 久津知子”. 日本将棋連盟女流棋士会. 2006年10月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年3月31日閲覧。
  4. ^ a b 平成10年版「将棋年鑑」(日本将棋連盟)
  5. ^ C級リーグの制度廃止後。
  6. ^ 昇段・引退棋士のお知らせ”. 日本将棋連盟 (2018年3月30日). 2018年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部サイト[編集]