久米成夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
久米 成夫
Kume Nario.jpg
生年月日 1882年12月1日
出生地 鹿児島県薩摩郡山崎村麓大窪
没年月日 1954年9月29日(満71歳)
出身校 東京帝国大学法科大学
前職 鹿児島市長

在任期間 1928年6月29日 - 1929年7月5日

在任期間 1931年12月18日 - 1932年6月28日

在任期間 1932年6月28日 - 1934年2月1日
テンプレートを表示

久米 成夫(くめ なりお、1882年明治15年)12月1日 - 1954年昭和29年)9月29日[1])は、日本の内務官僚政友会系官選県知事鹿児島市長

経歴[編集]

鹿児島県薩摩郡山崎村麓大窪(現さつま町)で、山崎村長を務めた久米岳、シメ夫妻の長男として生まれる[1]鹿児島県立川内中学校第七高等学校造士館(首席卒業)を経て、1910年7月、東京帝国大学法科大学を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し千葉県属となる[1][2][3]

その後、千葉県試補、神奈川県愛甲郡長、同県理事官・知事官房主事、同県商工課長、秋田県理事官・教育兵事課長、岩手県警察部長、神奈川県警察部長、山形県内務部長、岩手県書記官・内務部長、広島県書記官・内務部長などを歴任[1][2]

1928年6月、大分県知事に就任。1929年7月、濱口内閣の成立により知事を休職[2]1931年12月、愛媛県知事に就任[4]1932年6月、奈良県知事に転任。不況対策に尽力[5]1934年2月1日、依願免本官となり知事を辞職し退官した[6]

その後、満州国に転じ、奉天省総務庁長、満州国国務院総理・鄭孝胥のもとで文教部総務司長などを務めた。1940年7月から1944年7月まで鹿児島市長を務めた。戦後、公職追放となり[7]、晩年は故郷の生家で暮らした[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宮之城人物伝 第1集』75-76頁。
  2. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』1068頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』197頁。
  4. ^ 『新編日本の歴代知事』924頁。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』722頁。
  6. ^ 『官報』第2124号、昭和9年2月2日。
  7. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛郡鹿児島市」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年296頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 宮之城町史談会編さん委員会編『宮之城人物伝 第1集』宮之城町史談会、1983年。


公職
先代:
伊地知四郎
Flag of Kagoshima, Kagoshima.svg 鹿児島市長
12代:1940 - 1944
次代:
岩切重雄