久米直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
久米 直子 Swimming pictogram white.svg
国籍 日本の旗 日本
泳法 バタフライ
生年月日 (1963-04-29) 1963年4月29日(57歳)
身長 170cm
体重 61kg
 
獲得メダル
競泳女子
日本の旗 日本
アジア競技大会
1978 100mバタフライ
1978 200mバタフライ
テンプレートを表示

久米 直子(くめ なおこ、1963年4月29日 - )は、日本の元競泳選手東京都出身。1980年モスクワオリンピック1984年ロサンゼルスオリンピック日本代表。50m・100m・200mバタフライの元日本記録保持者。

経歴[編集]

女子美術大学付属中学1年時に、全国中学校体育大会の100mバタフライで優勝した[1]

1978年のアジア競技大会では100mバタフライ・200mバタフライともに銀メダルを獲得した。1979年に代々木オリンピックプールで行われた第1回ワールドカップで100mバタフライ・200mバタフライの2種目で日本新記録を樹立した。

1980年のモスクワオリンピック最終選考会でも100m・200mバタフライの2種目で日本記録を更新。ボイコットでオリンピック出場は果たせなかったが、カナダとハワイで行われた国際招待試合で200mバタフライの日本記録を2度更新し、日本選手権でも200mバタフライの日本記録を更新した。このときの2分11秒96という記録は8年後に高橋清美に破られるまで日本記録を維持し続けた。

1982年の世界水泳選手権では100mバタフライ・200mバタフライでともに4位入賞を果たす。

1984年のロサンゼルスオリンピックでは200mバタフライで6位入賞を果たす。400mメドレーリレーで決勝進出したが、決勝で失格となった。

日本選手権では100mバタフライで5度の優勝を果たした[2]。これは青山綾里と並んで歴代1位タイ。200mバタフライでも5度の優勝を果たした[3]。これは中西悠子星奈津美に次ぐ歴代3位の記録である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]