久米精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

久米 精一(くめ せいいち、1897年明治30年)12月18日[1][2] - 1949年昭和24年)11月16日[1][2])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

経歴[編集]

香川県出身[1][2][3]。丸亀中学校(現香川県立丸亀高等学校)を経て、1919年(大正8年)5月、陸軍士官学校(31期)を卒業[1][2][4]。同年12月、砲兵少尉に任官し山砲兵第11連隊付となる[1][4]。1931年(昭和6年)11月、陸軍大学校(43期)を卒業し山砲兵第11連隊中隊長となる[1][2][3]

陸軍省軍務局付勤務、軍務局課員(防備課)、陸軍省兵務局課員、航空兵団参謀を務め、1938年(昭和13年)3月、兵科航空兵に転科し航空兵中佐となる[1]。1939年(昭和14年)9月、第3飛行集団参謀に発令され日中戦争に出征[1][2][3]。1940年(昭和15年)3月、飛行第16戦隊長に転じ、同年8月、陸軍大佐に進んだ[1][3]。陸軍挺進練習部長を経て、1941年(昭和16年)12月、第1挺進団長となり太平洋戦争に出征[1][3]パレンバン空挺作戦を指揮した[2]。1942年(昭和17年)4月、陸軍挺進練習部長に再任され、1944年(昭和19年)8月、陸軍少将に昇進し航空輸送部長に就任[1][2][3]。1945年(昭和20年)4月、機動打撃師団第209師団長(加越部隊)となり、本土決戦に備え金沢付近で展開し終戦を迎えた[1][2][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本陸海軍総合事典』第2版、58頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『日本陸軍将官辞典』279-280頁。
  3. ^ a b c d e f g 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』432頁。
  4. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』428、432頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連文献[編集]

  • 全日本空挺同志会編『空挺部隊写真集』戦史刊行会、1982年。
  • 田中賢一『ああ純白の花負いてー陸軍落下傘部隊戦記ー』学陽書房、1972年。
  • 石井正紀『石油人たちの太平洋戦争-戦争は石油に始まり石油に終わったー』光人社、1991年。
  • 『歴史と旅 帝国陸軍将軍総覧』秋田書店、1990年。
  • 『完本 太平洋戦争(一)』文芸春秋、1994年。
  • 『プレジデント 特集 日本陸軍の名リーダー』プレジデント社、1985。