久米邦貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久米 邦貞(くめ くにさだ、1937年昭和12年)1月 - )は、日本外交官ドイツ駐箚特命全権大使ハンガリー駐箚特命全権大使などを歴任した。2010年(平成22年)からボーイスカウト日本連盟副理事長兼国際コミッショナー。

経歴・人物[編集]

1937年1月生まれ。曽祖父は肥前佐賀藩出身の歴史学者久米邦武、祖父は洋画家の久米桂一郎である。

東京大学教養学部を卒業して、1961年(昭和36年)に外務省に入省する。中近東アフリカ局参事官、外務大臣官房外務参事官、外務大臣官房領事移住部長、ベルリン総領事、在ウィーン国際機関日本政府代表部大使、外務省儀典長ハンガリー駐箚特命全権大使などを経て、1998年平成10年)から2001年(平成13年)までドイツ駐箚特命全権大使を務めた。

2001年に外務省を退官。ベルリン日独センター総裁。久米美術館館長などの公職に就くほか、1950年(昭和25年)にボーイスカウト東京21団(現豊島第1団)にスカウトとして入団し活動したことが縁で、退官した2001年から豊島第1団育成会長。2010年からボーイスカウト日本連盟副理事長兼国際コミッショナーを務めた[1][2]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 久米 邦貞 of 公益財団法人ボーイスカウト日本連盟”. ボーイスカウト日本連盟. 2014年4月22日閲覧。
  2. ^ (日本語) 久米 邦貞 - ボーイスカウト日本連盟”. ボーイスカウト日本連盟. 2014年4月22日閲覧。