久能司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
久能司

久能 司(くのう つかさ、文久元年12月11日[1]1862年1月10日) - 昭和14年(1939年4月18日[1])は、日本陸軍軍人、最終階級は陸軍中将。教育者。

人物[編集]

越前国丸岡藩士久能賢良の二男として江戸藩邸で生まれる[1]。藩校、同人社陸軍幼年学校を経て、1882年明治15年)に陸軍士官学校(旧5期)を卒業し、同年12月25日、陸軍歩兵少尉に任官した[1][2][3]。近衛歩兵連隊附、陸軍幼年学校附、陸軍士官学校教官、近衛歩兵第2旅団副官、歩兵第30連隊大隊長、歩兵第26連隊大隊長、神戸連隊区司令官、歩兵第10連隊長、歩兵第39連隊長、陸軍中央幼年学校長を歴任し、その間に日清戦争日露戦争に出征した[2]1910年(明治43年)11月30日、陸軍少将に任じられ[1][3]、歩兵第18旅団長、歩兵第19旅団長、臨時朝鮮派遣隊司令官を務めた[2]1915年大正4年)3月12日、陸軍中将に任命されるとともに、予備役に編入された[1][3]

1917年(大正6年)、社団法人日本体育会副会長に就任し、日本体育会体操学校(現在の日本体育大学)校長も兼ねた[1]。また1918年(大正7年)からは財団法人帝国飛行協会理事、総務理事も務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 遺徳顕彰録 pp.134-137 1940.
  2. ^ a b c 人事興信録 1937.
  3. ^ a b c 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』64-65頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第11版(上)』 人事興信所、1937年
  • 大日本頌徳会編纂部 『遺徳顕彰録 第二輯』 大日本頌徳会、1940年
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。