久野久 (火山学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1956年

久野 久(くの ひさし、1910年1月7日 - 1969年8月6日)は日本の地球科学者。専門は岩石学(火山岩岩石学)・火山学理学博士

略歴[編集]

東京生まれ。東京帝国大学理学部地質学教室卒業。1948年東京帝国大学理学博士 「Petrology of Hakone volcano and the adjacent areas(箱根火山及び燐接地域の岩石学的研究)」。

著書[編集]

  • 『火山及び火山岩』岩波書店 岩波全書、1954

共著[編集]

主要論文[編集]

共著
  • 坪井誠太郎、久野久、『日本の基性火山岩の石基に珪酸鉱物の存在することに就いて(摘要)』 地質學雜誌 39(465), 297, 1932-06-20, NAID 110003010727
  • 坪井誠太郎、久野久、『伊豆網代の火山岩に就いて』 地質學雜誌 40(477), 380-381, 1933-06, NAID 110003010820
  • 久野久、小池清、『伊豆修善寺附近の湯ケ島層群について』 地質学雑誌 Vol.55 (1949-1950) No.641 P.28-32, doi:10.5575/geosoc.55.28
  • 立見辰雄、菊池徹、久野久、『南極地域の地質』 地学雑誌 66(1), 17-33, 1957, NAID 130000792417
  • 池辺展生、久野久、『新第三紀の古地理・火成活動・地史』 地質學雜誌 67(790), 381-382, 1961-07-25, NAID 110003019367

関連文献[編集]

  • 佐藤信次、『放射性元素の比に基く造岩鉱物の見かけの年令から変成岩・深成岩の真の年令を推定することの困難さについて : 久野久氏の"カリウムアルゴン法による本邦岩石の絶対年代測定"(科学,1961年1月号)の批判』 地質學雜誌 68(796), 50-52, 1962-01-25, NAID 110003019569
  • 八木健三、『久野久教授の生涯と業績』 岩石鉱物鉱床学会誌 Vol.63 (1970) No.1 P.30-42, doi:10.2465/ganko1941.63.30
  • 石原舜三、『久野久先生のウラン探鉱』 資源地質 Vol.62 (2012) No.1 p.106-108, doi:10.11456/shigenchishitsu.62.106