久野源蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

久野 源蔵(くの げんぞう、1897年(明治30年) - 1965年(昭和40年)4月16日)は、日本政治家。愛知県三好村長、三好町長などを歴任。

愛知用水を引く運動に加わり、三好池の造成に尽力した。銅像がみよし市役所前に設置されている。

経歴[編集]

愛知県西加茂郡三好村(現・みよし市)に庄屋の子として生まれる。1917年3月、愛知県立第二中学校(現・愛知県立岡崎高等学校)卒業[1]

1931年、三好村長(第11代)に就任。以後1945年まで就任。1952年、愛知用水土地改良区の理事に就任。1956年、三好村長(第16代)に就任。

1958年4月1日の三好村の町制施行により初代町長に就任。1960年、町長選挙で再選。

1961年9月、愛知用水通水[2]1964年、町長に3選。

1965年4月16日、在職のまま死去。三好町立三好中学校にて町葬を実施。1983年、名誉町民になる。

脚注[編集]

  1. ^ 『岡高同窓会名簿 1986』 愛知県立岡崎高等学校同窓会長、1986年10月1日、18頁。
  2. ^ みよしの礎