久間和生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

久間 和生(きゅうま かずお、1949年10月22日 - )は、日本技術者実業家工学博士三菱電機先端技術総合研究所長や、同社代表執行役副社長等を経て、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構理事長レーザー学会会長、国立研究開発法人協議会副会長。内閣府総合科学技術会議議員、内閣府総合科学技術・イノベーション会議議員等も歴任。

人物・経歴[編集]

東京都生まれ[1]。1972年東京工業大学工学部電子工学科卒業。1977年東京工業大学大学院電子物理工学専攻博士課程修了、工学博士、1977年三菱電機入社、中央研究所配属。1998年半導体事業本部人工網膜LSI事業推進プロジェクトマネージャー。2002年先端技術総合研究所システム技術部門長。2003年先端技術総合研究所長。2006年常務執行役開発本部長。2008年上席常務執行役開発本部長。2010年専務執行役半導体・デバイス事業本部長。2011年代表執行役副社長。2012年常任顧問。2013年内閣府総合科学技術会議議員。2014年内閣府総合科学技術・イノベーション会議議員。2018年レーザー学会会長[1]。同年から国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構理事長を務め[2][3]、スマート農業の開発や[4]シンクタンク部門の新設などを行った[5]。2019年国立研究開発法人協議会副会長[6]

脚注[編集]


先代:
井邊時雄
農業・食品産業技術総合研究機構理事長
2018年 -
次代:
(現職)
先代:
加藤義章
レーザー学会会長
2018年 -
次代:
(現職)