乗車促進音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

乗車促進音(じょうしゃそくしんおん)とは、鉄道駅において乗降中の利用者に、列車が発車することを発車ベルもしくは発車メロディに代えて伝えるシステムである。乗降促進音とも呼ばれる。

概要[編集]

発車ベル・発車メロディが駅構内のスピーカーから流れるものを指すのに対し、乗車促進音は車両に搭載されているスピーカーから流れる、発車ベル・発車メロディの補助的な役割をするシステムのことを指す。

乗降客が多く、発車ベル・発車メロディを扱った後も乗降が続いている場合や、ワンマン運転事故、放送機器の故障等、何らかの事情により発車ベル・発車メロディを扱うことが難しい場合に、乗務員乗務員室内にあるスイッチを操作することによって、発車メロディ、チャイム、ブザー、発車アナウンス等を流し、乗車を促すものである。

事例[編集]

2018年8月から、常磐線常磐緩行線)の亀有駅から取手駅までの区間において、発車メロディの代わりに乗車促進音を使用することで駆け込み乗車を減少させることが出来るかを検証する実証実験が始まった[1]。その結果、一定の効果が見られたため、2019年3月16日のダイヤ改正時から本実施することが決定した[2]

関連項目[編集]

出典 [編集]

  1. ^ “「発車ベル」やめます JR東、駆け込み防止で実験へ”. 共同通信. (2018年7月28日). オリジナルの2018年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/jX8L1 2018年1月18日閲覧。 
  2. ^ 常磐(各駅停車)線 車外スピーカーを使用して発車メロディを流す取り組みについて JR東日本ニュース 2019年3月12日