乙女が彩る恋のエッセンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
乙女が彩る恋のエッセンス
対応機種 Microsoft Windows Vista(SP2)/7/8/10(日本語版)
開発元 ensemble
発売元 ウィルプラス
キャラクターデザイン 庄名泉石、浅海朝美、武藤此史、zinno
シナリオ 甲二、水瀬拓未
音楽 ミリオンバンブー
ジャンル 見習いコックが女装してバレないようにお嬢様学園に通うADV
発売日 2016年3月25日
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
メディア DVD-ROM:1枚
ディスクレス起動
BGMフォーマット PCM音源
キャラクターボイス あり
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり
オートモード あり
テンプレートを表示
映像外部リンク
乙女が彩る恋のエッセンス オープニングムービー - YouTube

乙女が彩る恋のエッセンス』(おとめがいろどるこいのえっせんす)は、2016年3月25日ensembleより発売されたPC用18禁恋愛アドベンチャーゲーム。同年11月25日には、本作のアフターストーリー集『乙女が彩る恋のエッセンス 〜笑顔で織りなす未来〜』が発売された[1]

あらすじ[編集]

日本有数の財閥である天城家でセカンドシェフとして勤務する主人公の千原直人はある日、雇い主である奥方に名門校である舞城女学園に通う一人娘の様子を調査するために学園の調理担当者として潜入調査を打診される。着任早々、上司である天道八雲は直人に対して女装して学園に通うように命じ、こうして直人の波乱の日々が幕を開けた[2]

登場人物[編集]

※謳い文句は無印 / ファンディスク「笑顔で織りなす未来」の順(無変化か不明の場合は略)。

メインキャラクター[編集]

朝倉 千弘 (あさくら ちひろ)/千原 直人 (ちはら なおと)
声 - ひな葉月
謳い文句 : 女装×パティシエ×気配り上手 / 女装×パティシエ×お人好し
本作の主人公。幼い頃、天城家のメイド長に養子として引き取られ、現在では調理師の学校に通いながら屋敷のセカンドシェフを勤めている。舞城女学園へ女装して赴任する一方、咲夜の様子を調査するために学生として通うことにもなる。学年は本来なら三年生だが、咲夜の件から彼女のクラスメイトとなる。
調理師としての腕前は高いレベルが求められる舞城女学園でも通用するほどであり、特にお菓子作りはプロ級と言われている。その味は学園の生徒達を虜にしており、千弘が来てからは体重・悩み・笑顔の三つが増えたらしい。
義理の父母からは本当の家族同様に育てられ、義妹の乃亜とも仲が良い。義父からは「直ちゃん」の愛称で呼ばれている。亡くなった実父の影響で深煎りのコーヒーが好き。天城家にはセカンドシェフになる前から何度か遊びに来ており、咲夜とは共に遊んだこともある幼馴染でもある。
天城 咲夜 (あまぎ さくや)
声 - 山田ゆな
謳い文句 : 容姿端麗×不器用×可愛いもの好き / 容姿端麗×魅力的×可愛いもの好き
舞城女学園の二年生で学生会の副会長。日本有数の大財閥、天城家の一人娘。
成績優秀で副会長としても高い能力を発揮しており、学生のみならず教員達からも信頼されている。基本的に一人で何でもこなせてしまうため、家柄もあってか人をあまり頼らずにいる。学園では孤高の存在になり気味だが、可愛いものが好きという年頃の少女らしい一面も持つ。本人は副会長のイメージもあってか周りには隠しているものの、あかり等にはバレバレ。また、作中のアミューズメント施設「ディアスティニーランド」やクラシックも好きであり、その話題になると熱くなって周りを驚かせる。
夏目 あかり (なつめ あかり)
声 - 藤森ゆき奈
謳い文句 : 元気×ひたむき×みんなのアイドル / エーデル×元気×ムードメーカー
舞城女学園の二年生で学生会の会長。咲夜とはクラスメイトで友人。千弘ともクラスメイトで、席は千弘の真後ろ。舞城には途中から入った編入生。
頭で考えるより身体を動かすタイプで、細々とした業務を担当する咲夜に対して実務を主に担当する。学園では他の生徒の手助けをよくしており、人好きする言動などもあって自然と人の輪の中心となるムードメーカー。よく動き回るためボーイッシュなイメージを持たれがちだが、咲夜とは別方面で可愛いものが好きで、フリルのついた女の子らしい服に興味がある。
実家には両親と祖父母の他、兄と弟が一人、妹が二人いる。自身を含めて九人の大家族で暮らして来たため賑やかなのが好きで、周りに誰かがいて欲しいと思う寂しがり屋。実家では料理の他に土いじりもやっていたらしく、学園でもちょくちょく園芸部の手伝いをしている。
千原 乃亜 (ちはら のあ)
声 - 萌花ちょこ
謳い文句 : メイド×献身×お兄ちゃん大好き
舞城女学園の一年生で直人の義理の妹。父と義兄・直人からは「のんちゃん」の愛称で呼ばれている。
天城家の屋敷でメイド長をしている母とセカンドシェフを勤める兄を尊敬しており、自身も人の役に立ちたいと考えている。そのため、舞城では自前のメイド服を着て学園メイドを自称し、寮の厨房の手伝いなどの業務に当たっている。小柄な上に童顔であり、八雲からは「おチビちゃん」と呼ばれている。「はぁい」と間延びした返事が特徴的。千弘が直人であることは知らないが、親しみやすさを覚えて懐いている。
ファンディスク「笑顔で織りなす未来」では咲夜から後任に選ばれ、学生会の副会長になっている。
牧瀬 皐月 (まきせ さつき)
声 - 白月かなめ
謳い文句 : お姉様×万能×コケティッシュ / お姉様×コケティッシュ×小悪魔
舞城女学園の三年生で元学生会長。前年度の舞城女学園舞踏祭(エーデルフェスト)で学園の象徴である姫(エーデル)に選ばれた。エーデルとしての愛称は「皐月姫(イーリス)」。
美麗な外見に加えて成績優秀、その上で物腰が柔らかく面倒見がよく、学園内では絶大なカリスマを持ち、ファンも多い。嗅覚が敏感であり、夜についた後で洗い流した匂いを一晩経っても感じることができるほど。そのためか、気に入った相手の匂いを嗅ぎたがる癖がある。「覚えちゃった」が口癖。
牧瀬家は天城家同様、日本有数の財閥であり、咲夜とは幼馴染。幼少時の彼女からは「姉様」と呼ばれていた。後継者の面ではアパレル関係の仕事をしている兄がいるため、皐月自身は割と自由。
氷堂 芹香 (ひょうどう せりか)
声 - 有栖川みや美
謳い文句 : クール×マイペース×秘めた情熱 / 信頼×柔らかい物腰×新学生会長
舞城女学園の一年生で学生会の書記。現学生会で唯一、一年生ながら役員を務める才女。乃亜とはクラスメイトで友人。
姉の影響で学園の象徴であるエーデルに強い思い入れがあり、人知れず努力を重ねている。あまり感情的にならないクールビューティで一見取っつきにくく誤解されやすい性格のため、交友関係は広くない。それ故に乃亜は大切な親友で、お互いにちゃん付けで呼ぶほど仲が良い。ファッションに詳しい年頃の少女らしい一面もある。
舞城女学園のOGである姉は一年生の時にエーデルに選ばれており、「高貴なる白(エーデルヴァイス)」の名で親しまれていた。皐月曰く「あかりと咲夜と八雲が混ざったような人物」らしく、その影響は絶大で、芹香も在学時の姉を知る現在の三年生や教員からは「ヴァイスの妹」と見られがち。
ファンディスク「笑顔で織りなす未来」ではあかりから後任に選ばれ、学生会の会長になっている。

サブキャラクター[編集]

一ノ瀬 舞織 (いちのせ まおり)
声 - 上田朱音
謳い文句 : はんなり×癒し系×京言葉
舞城女学園の二年生で学生会の会計。京言葉が特徴の和風美人。あかりとはルームメイト。
古都の旧家の生まれで厳格に育てられた。おっとりとしており、周囲とは少々ずれた部分もあるが、教養と知性が高い。女は男に尽くすことを良しとする考えの持ち主。
人気が高かったため、ファンディスク「笑顔で織りなす未来」ではショートエピソードが存在する。
天道 八雲 (てんどう やくも)
声 - かわしまりの
謳い文句 : 奔放×天才料理人×西洋(残念な)美人
舞城女学園の寮で調理を取り仕切る寮の管理人。学園内で千弘の正体を知る唯一の人物。
元々は天城家の屋敷で直人と共に働いており、直人にとっては師匠的存在。調理師の腕前は天才的で妥協もしないのだが、私生活はルーズ。美人ではあるのだが、色々と破天荒な部分があり、学生時代から男っ気がない。
ファンディスク「笑顔で織りなす未来」ではショートエピソードが存在する。
菱川 琴枝 (ひしかわ ことえ)
声 - 奏雨
謳い文句 : 母性×誠実×教育者
舞城女学園の学園長。舞城の理事筆頭である菱川家の令嬢。天城家とは繋がりがあり、咲夜の母とは友人のような間柄。
学園長としては若い方であるが、その誠実さなどから周囲の信頼は厚い。特に学生達からは学園内を見て回って積極的に交流しているために慕われており、相談に乗ることが多い。
メッセージウインドウの名前は「学園長」と表記。ファンディスク「笑顔で織りなす未来」では「琴枝」に変更された。

ゲストキャラクター[編集]

月丘 晶子 (つきおか あきこ)/月丘 彰 (つきおか あきら)
声 - まきいづみ
花と乙女に祝福を』の主人公。聖ルピナス学園の二年生で学生会長を務める晶子の双子の兄。かつては入院中の晶子に扮してルピナスに通っていた。
晶子が退院したことで彰は元の生活に戻っていたのだが、体調不良の晶子が今回のイベントへ無理に参加しようとしていたため、再び晶子に扮して代わりに参加することとなった。兄妹の仲はとても良いのだが、晶子に扮して色々とやっていることがあり、晶子からは苦言を呈されている。
鹿島 志鶴 (かしま しづる)
声 - 有栖川みや美
『花と乙女に祝福を』のヒロイン。聖ルピナス学園の二年生で、学生会の執行部長。美術部所属。
晶子とは親友でクラスメイト。イベント全般を取り仕切る立場にあることから、会長の晶子と共にルピナスの代表としてイベントへ参加することとなった。二人の共通の友人である都からは立派な庭園のある舞城女学園に行けることを羨ましがられているが、一方で学園の代表が男であることがバレると大問題になることから彰のサポート役を託されている。
深山 瑞希 (みやま みずき)/瑞木 信 (みずき しん)
声 - 桐谷華
乙女が紡ぐ恋のキャンバス』の主人公。鳳后藝術学園の二年生。鳳后の学生寮でメイドをしており、女装していることを除けば充実した毎日を送っている。
今回のイベントには本来であれば鳳后の代表である怜奈が参加するはずだったが、理事長代理で忙しいため、代役として選ばれた。責任ある立場ながらイベントへの参加は楽しみにしており、舞城の建造物などに興味深々。
猫西 昭江 (ねこにし あきえ)
声 - 遠野そよぎ
『乙女が紡ぐ恋のキャンバス』の登場人物。鳳后の学生寮を取り仕切るメイド長。瑞希が男であることを知る数少ない人物。
イベント参加者の中では唯一学生ではないが、瑞希のサポート役として同行することとなった。天城家は鳳家との繋がりがあるため、咲夜とは怜奈共々知り合い。メイドとしての昭江は他校でも噂になっているらしく、立派なメイドを目指す乃亜にとっては憧れの存在。瑞希が「僕」と口にした際に「私」と訂正を入れる点は健在であり、今では女性が「僕」と言うと条件反射で突っ込んでしまうらしい。
真原 葵 (まはら あおい)
声 - 彩月りん
桜舞う乙女のロンド』の主人公。桜花女学園の二年生で、桜花会の副会長。桜花への編入時期の都合上、同じ二年生のまなみ達より一つ年上。
桜花への編入から色々とあった葵だが、現在では友人達との学生生活を楽しんでいる。桜花の食いしん坊は健在であり、今回のイベントでも立食パーティーを特に楽しみにしている。その旺盛な食欲は、まなみからは男として見ても食べ過ぎではないかと思われている。
小峰 まなみ (こみね まなみ)
声 - 桜川未央
『桜舞う乙女のロンド』のヒロイン。桜花女学園の二年生で、桜花会の会長。葵の妹の祐里とは幼馴染。
前任者の涼香から託された会長職をしっかりとこなし、さらに桜花会を学生に馴染みやすくするために日夜努力している。葵が男であることを知っており、同行できない祐里の分のサポート役もしている。好きな人とダンスを踊ることが夢であり、今回の舞踏祭にも興味津々で、葵と共に参加してみたいと思っている。
門脇 桜 (かどわき さくら)
声 - 白月かなめ
『桜舞う乙女のロンド』のヒロイン。桜花女学園の二年生。会長が特別に一人だけ指名できる補佐役「会長補佐」として桜花会に所属している。
まなみとは親友でクラスメイト。葵ともクラスメイトで、祐里共々仲良し。桜花会では会長であるまなみの補佐の他、メンバーに紅茶を入れたり作ったお菓子を振る舞うこともしており、忙しくなりがちな桜花会メンバーに癒しを提供している。紅茶が好きで、今回のイベントではティーパーティを楽しみにしている。
塚原 いずみ (つかはら いずみ)/和泉 司 (いずみ つかさ)
声 - 月野きいろ
乙女が奏でる恋のアリア』の主人公。全日本コンクールで入賞を果たす卓越した歌声の持ち主で、声楽の勉強のためにヨーロッパに留学している。
深皇学園の学園長代理である法子とその妹の綾香に頼まれ、深皇祭のメインイベント「アリア」に歌姫(ディーバ)として参加するため、かつて深皇学園に通っていた二年生。役目を終えた現在はヨーロッパで再び声楽の勉強をしており、その歌声は日本だけでなくヨーロッパでも注目され始めている。今回は舞城女学園のイベント参加を打診され、一時帰国した。
城ヶ崎 奏 (じょうがさき かなで)
声 - 鈴谷まや
『乙女が奏でる恋のアリア』のヒロイン。深皇学園の二年生。前年度に続き、今年度でもアリアでディーバを務めた。
声楽を正式には学んでおらず独学だが、二年連続でディーバに選ばれた歌声は折り紙つき。ゆるふわな外見に違わずおっとりとした性格。マイペースで浮世離れしたところもあり、お菓子に例える独特の感想は健在。同じくディーバを務めたいずみのことを気に入っており、今回のイベントにもいずみが参加することを知ったために参加を志願した。
久遠 佳 (くおん けい)
声 - かわしまりの
『乙女が奏でる恋のアリア』の登場人物。深皇学園の三年生。前年度のアリアに出場した騎士(ワルキュリア)であり、その活躍から最優秀騎士(ブリランテ)に選ばれた。
日本人離れした容姿をしており、さらに文武両道で深皇にはファンが多い。かなりの資産家である久遠家の令嬢ながら親しみやすさもあるが、一方で性格は非常に個性的で、友人の楓からは色々と釘を刺されることも多い。今回のイベントに深皇の代表として参加を要請された際、いずみと一緒に参加することを条件として提示した。いずみが男であることを知る人物。

スタッフ[編集]

  • キャラクターデザイン・原画 - 庄名泉石、浅海朝美、武藤此史、zinno
  • シナリオ - 甲二、水瀬拓未
  • 音楽 - ミリオンバンブー

主題歌[編集]

「乙女」シリーズ主人公パッチ3[編集]

ensemble「乙女」シリーズ歴代の女装主人公が集結するミニゲームの第三弾。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

月丘 彰 (つきおか あきら)
声 - まきいづみ
シリーズ第1作『花と乙女に祝福を』の主人公。今回も変わらず晶子の姿で登場。
月丘 晶子 (つきおか あきこ)
声 - まきいづみ
シリーズ第1作の登場人物。彰の双子の妹。
深山 瑞希 (みやま みずき) / 本名:瑞木 信 (みずき しん)
声 - 桐谷華
シリーズ第2作『乙女が紡ぐ恋のキャンバス』の主人公。
真原 葵 (まはら あおい) / 本名:同じ
声 - 彩月りん
シリーズ第3作『桜舞う乙女のロンド』の主人公。
塚原 いずみ (つかはら いずみ) / 本名:和泉 司 (いずみ つかさ)
声 - 月野きいろ
シリーズ第4作『乙女が奏でる恋のアリア』の主人公。
朝倉 千弘 (あさくら ちひろ) / 本名:千原 直人 (ちはら なおと)
声 - ひな葉月
本作(第5作)主人公。

オールスターディスク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 『乙女が彩る恋のエッセンス』ED後を描くアフターストーリー集!”. 電撃姫.com. キャラアニ (2016年8月15日). 2017年4月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月6日閲覧。
  2. ^ 乙女が彩る恋のエッセンス OFFICIAL WEBSITE”. 2017年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月5日閲覧。

関連項目[編集]