九ちゃんのでっかい夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

九ちゃんのでっかい夢』(きゅうちゃんのでっかいゆめ)は、1967年1月2日に、松竹が制作、公開した山田洋次監督の映画。カラー、ワイド、89分。

ストーリー[編集]

横浜の舞台芸人・源九太郎(坂本九)はガンを告知され、生きる希望を失う。自殺を試みるがどうしても死に切れず、ポンさん(谷幹一)に殺し屋(佐山俊二)を依頼する。一方、スイスの古城に住む大富豪の老嬢は、死に臨んで莫大な遺産を、かつての日本人の恋人の孫である九太郎に送ろうとし、代理人(ジェリー藤尾)を日本に送る。しかし、老嬢の唯一人の縁者であるポウ氏(大泉滉)は、遺産を独り占めすべく殺し屋(E・H・エリック)を雇って日本に送り込む。九太郎の病状を心配する喫茶店のあいちゃん(倍賞千恵子)は、病院に赴き主治医(犬塚弘)を問いただすと、意外な真実が……。

スタッフ[編集]

  • 監督:山田洋次
  • 脚本:山田洋次 大嶺俊順 熊谷勲 宮崎晃
  • 原作:三木洋 ”消えた動機”より
  • 製作:脇田茂
  •  
  • 撮影:高羽哲夫
  • 美術:重田重盛
  • 音楽:山本直純
  • 照明:青木好文
  • 編集:石井巌
  • 録音:小尾幸魚
  • 調音:松本隆司
  • 監督助手:大嶺俊順
  • 装置:小島勝男
  • 進行:柴田忠
  • 現像:東洋現像所
  • 製作主任:馬道昭三
  • 主題歌 東宝レコード 街角の歌 夢はどこにある 作詞作曲 浜口庫之助 編曲 服部克久 唄 坂本九
  • 舞踏 ”愛の夢” 編曲 前田憲男 振付 浦辺日佐夫 出演 スタジオNo.1ダンサーズ
  • 映倫:14765
  • 松竹・マナセプロ提携作品

 

  

 スタッフ本編クレジット表記順

 

キャスト[編集]

 

 

 本編クレジット表記順

 

映像ソフト[編集]

その他[編集]

  • 原作者の三木洋は小林信彦のペンネームである。
  • 劇中で『泣いてたまるか』の「かわいい怪獣ナキラ」のナキラの着ぐるみが登場する。

同時上映[編集]

シンガポールの夜は更けて

  • 原作:成澤昌茂 / 脚本:成澤昌茂・桜井義久 / 監督:市村泰一 / 主演:橋幸夫
  • 橋幸夫の同名の曲を映画化。