九マイルは遠すぎる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

九マイルは遠すぎる』(: The Nine Mile Walk)は、1947年ハリイ・ケメルマンが発表した短編推理小説。ハリイ・ケメルマンのデビュー作でもある。「安楽椅子探偵」ものの一つに位置づけられる。

概要[編集]

ハリイ・ケメルマンはある朝、雨の中でハイキングを行ったボーイスカウトを労う記事を新聞で読んだ。当時、教師をしていたケメルマンは、その記事の見出し文を題材に、この文章から可能な推論を引き出すことを生徒に課題として与えた。しかしながら、この時は生徒から芳しい推論は返ってこなかった。ケメルマンはその後も、この文章の推論を練り、短編小説に仕立て上げて、1947年に『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』の短編小説コンテストへ応募し、これが入選を果たすことになる。

ミステリ雑誌『EQ』(光文社)1999年7月号(休刊号)で行われた翻訳ミステリのオールタイム・ベストの選出企画では、本作が19位に選出されている[1]

2018年、早川書房ミステリフェアとして櫻井孝宏のオススメ5作品に本作が選ばれた。推薦コメントとして「 “何気ない一言”なんて存在しないのかもしれない」が用いられた[2]

あらすじ[編集]

ニッキー・ウェルト教授は友人の「私」に、10語ないし12語からなる文章を作ってくれれば、思いもかけなかった論理的な推論を引き出してみせると言う。「私」は偶然心に浮かんだ、「9マイルもの道を歩くのは容易じゃない。まして雨の中となるとなおさらだ」という一言を述べる[3]。ニッキー・ウェルト教授はこの文章に対して丁寧に推論を重ねてゆく。

主な登場人物[編集]

物語の語り手。ニッキーの親友で同僚でもあったが、大学を辞めて郡検事になる。
ニッキー・ウェルト教授
本名、ニコラス・ウェルト(Nicholas Welt)。英文学教授。白髪で皺も多いため、40代後半の実年齢より老けてみられる。

書籍[編集]

日本語訳は永井淳深町眞理子

影響[編集]

本作にインスパイアされ、執筆された推理小説もある。

出典[編集]

  1. ^ 野崎六助 「第一のステップ 読む」『ミステリを書く! 10のステップ 【単行本版】』 東京創元社2002年。ISBN 9784488024291。
  2. ^ 櫻井孝宏さん×早川書房ミステリフェア、櫻井さんのオススメ5作品&推薦コメントを大発表!”. アニメイトタイムズ (2018年1月10日). 2018年2月19日閲覧。
  3. ^ 9マイルは約14.5kmである。