九尾の狐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
九尾狐(『山海経』より)

九尾の狐(きゅうびのきつね)または九尾狐(きゅうびこ)・九尾狐狸(きゅうびこり)[1]は、中国神話にみられる伝説上の生物。9本の尾をもつキツネの霊獣または妖怪である。

中国の各王朝史書では、九尾の狐はその姿が確認されることが泰平の世や明君のいる代を示す瑞獣とされる。『周書』や『太平広記』など一部の伝承では天界より遣わされた神獣であるとされる。

また、物語のなかでは妲己や日本の玉藻前のように美女に変化して人々の世を惑わす悪しき存在の正体であるともされ、よく知られている。

中国[編集]

中国での九尾の狐についての記述の古い例には、『山海経』(南山経)での九尾狐が挙げられる。「(青丘山には)獣がいる。外形は狐のようで、尾は九本。鳴き声は嬰児のようで、よく人を食う。(この獣を)食べた者は蠱毒(あるいは邪気)を退ける」という記述がある[2]。『山海経』では他に海外東経・大荒東経に名称の記述がある[3]。人を食べるという箇所があるが、霊験として辟邪の要素を付与されており、瑞獣としてあつかわれていることが見てとれる。

白虎通』では、時の皇帝の徳が良いと世の中に現われる瑞獣[4]の一つとして記されているほか、「九」という数字は子孫繁栄を示している[5]ともあり、陽数を持った瑞兆を示す霊獣であるとしている[6]

武王を主役にした物語『武王軍談』、あるいは『封神演義』などの小説、その源流となったの時代の『武王伐紂平話』[7]の時代の『春秋列国志伝』などでは、王朝を傾けたとされる美女・妲己の正体が九尾の狐(九尾狐、九尾狐狸)であるとされている[8]。これらの物語あるいはそれを下地とした書物での記述が、後の時代には漢文圏で広く知られるようになり、

日本[編集]

葛飾北斎『三国妖狐伝 第一斑足王ごてんのだん』 玉藻前の前身である天竺の華陽夫人が九尾の狐の正体を現し逃走する図
斑足王と九尾の狐。歌川国芳の浮世絵より
那須塩原駅前にある九尾の狐の石像。

日本では平安時代ごろまで中国の書物に書かれた影響から九尾狐やキツネ全般は瑞獣のひとつとして認識されていたと考えられている。『延喜式』の治部省式祥瑞条には「九尾狐」の記載があり「神獣なり、その形赤色、或いはいわく白色、音嬰児の如し」とある[9]

日本では、九尾の狐の妖怪として玉藻前の登場する物語が有名である。平安時代に鳥羽上皇に仕えた玉藻前という美女の正体が「狐」であったという物語は、14世紀に成立した『神明鏡』にすでに見られる。しかし、室町時代の『玉藻物語』などでは尾が2本ある7尺の狐[10]であると描写されており、九尾の狐とは語られていなかった。玉藻前が「九尾の狐」であるとされるようになったのは妲己が九尾狐であるという物語が玉藻前の物語に取り入れられるようになった江戸時代以降のことであると考えられる[11](妲己・九尾狐と玉藻前とについては、江戸時代前期に林羅山が『本朝神社考』の「玉藻前」の項目で『武王伐紂平話』の話を引いている[12])。玉藻前の正体が九尾の狐であるという設定の物語を日本に定着させたのは、読本作家の高井蘭山が著した読本『絵本三国妖婦伝』(1803年~1805年)や岡田玉山『絵本玉藻譚』(1805年)などの作品である。

一方、おなじく読本作家であった曲亭馬琴は『南総里見八犬伝』において善玉である九尾の狐「政木狐」を登場させている。馬琴は玉藻前に代表される九尾の狐を悪玉であるとするイメージは『封神演義』などの物語に影響された近年のものであるとして退け、史書などを活用し、九尾の狐は元来瑞獣であるという考証を作品や随筆のなかで展開している。馬琴のように、九尾の狐は本来は神獣で、物語の上で悪い狐であると語られるのは俗説・荒唐無稽な創作である、という論考はそれ以前からもたびたび学者や文筆家などが指摘をしている[9]

朝鮮[編集]

朝鮮半島でも中国の古典作品の影響があり、九尾狐はそのままクミホ(구미호、九尾狐)と呼ばれ知られている。物語などのなかにおいてクミホは美少女の姿に化けて男性をたぶらかしてその命を奪う、悪意ある存在として描かれる。クミホは人間になりたいと願っており、男性の命を奪うのも1000人分の心臓ないし肝を食すことで人間になるためという。

実在の道士で学者の田禹治(チョン・ウチ、14?? - 15??)について、クミホに愛されたという伝説が残っている。クミホは亡くなる直前、彼に特殊な玉(狐珠)を贈る。その効果によって「この世の理致に到達した道人」になったと語られている[13]

ベトナム[編集]

ベトナムにも中国の古典作品の影響があり、九尾狐(Cửu vĩ hồ)と呼ばれる妖怪が知られる。この九尾狐は、ハノイのタイ湖(西湖)に棲んでいたが、玄天鎮武神(真武大帝)によって退治された[14]。玄天鎮武神は国内各地の真武廟に祀られている。最も古い真武廟は、ハノイの真武観(Den Quan Thanh)で、北宋年間に建てられたとされる[15]。1472年にタイ湖(西湖)の南岸に移築された。

脚注[編集]

  1. ^ 中国における表記のひとつ。中国語で「狐狸」は「きつね」の意。
  2. ^ 南山經”. 中國哲學書電子化計劃. 2020年6月1日閲覧。 “有獸焉,其狀如狐而九尾,其音如嬰兒,能食人,食者不蠱
  3. ^ 伊藤清司『怪奇鳥獣図巻』工作舎、2001年1月25日、81頁。ISBN 4-87502-345-6。
  4. ^ 班固. “白虎通徳論巻第五 封禅”. 中國哲學書電子化計劃. 2020年4月19日閲覧。 “徳至鳥獣則鳳皇翔 鸞鳥舞 麒麟臻 白虎到 狐九尾 白雉降 白鹿見 白鳥下”
  5. ^ 班固. “白虎通徳論巻第五 封禅”. 中國哲學書電子化計劃. 2020年4月19日閲覧。 “狐九尾何 狐死首丘 不忘本也 明安不忘危也。必九尾者也 九妃得其所 子孫繁息也。於尾者何 明後當盛也”
  6. ^ 笹間良彦『図説・日本未確認生物事典』柏書房、1994年、112頁。ISBN 978-4-7601-1299-9。
  7. ^ 全相平話「武王伐紂書」”. archives.go.jp. 独立行政法人国立公文書館. 2020年4月19日閲覧。
  8. ^ 二階堂善弘『封神演義の世界 中国の戦う神々』大修館書店、1998年、60-72頁。ISBN 4-469-23146-0。
  9. ^ a b 笹間良彦『怪異・きつね百物語』雄山閣、1998年、28-30頁。ISBN 4-639-01544-5。
  10. ^ 「玉藻物語」『国文東方仏教叢書 第2輯第7巻 文藝部』鷲尾順敬、東方書院、1928年、43頁。doi:10.11501/1242378。「彼狐は 長七尺 尾二あるなり」
  11. ^ 曲亭馬琴「第十二 九尾狐裘」『昔語質屋庫』忠雅堂、1905年、142頁。doi:10.11501/879628。「されば当初、三国の怪を竝べいふとき、周の褒姒にしたりけるが、唐山演義の書に、殷の紂王の寵妾蘇妲己は九尾の狐の化けたるよし作れるを見て、後には、ここにも褒姒を妲己とし、白狐に九尾の二字を被け、これを三国伝来の悪孤とはいふなり」
  12. ^ 林道春et al「玉藻前」『本朝神社考』改造社、1942年、316頁。doi:10.11501/1040132。「余嘗て全相平話武王伐伐紂書といふものを見るに、紂が死せる時、妲己化して九尾の狐となつて飛んで天に上る。太公望符を持して之を呪す。狐乃ち降る。」
  13. ^ 崔常植「九尾狐の愛」『韓国の民話伝説』金順姫訳、東方出版、2008年9月27日、33頁。ISBN 978-4-86249-127-5。
  14. ^ 関西大学 2015, p. 165.
  15. ^ 関西大学 2015, p. 164.

参考文献[編集]

  • 『妖怪と幽霊』三栄書房〈時空旅人ベストシリーズ〉、2015年8月1日。ASIN B01285I51U
  • 田川くに子「玉藻伝説と『武王伐紂平話』」『文藝論叢』、立正女子大学短期大学部文芸科、1975年、 8-13頁、 ISSN 0288-7193
  • ブ・フォン・アイン「人間世界に置いて存在し続ける妖怪たち―民間で作られた異界・不思議なものたちの立場―」『日本語・日本文化研修プログラム研修レポート集』第29号、広島大学国際センター、2014年10月30日、 32-49頁、 ISSN 0917-9755
  • 二階堂善弘「東南アジアの玄天上帝廟」『東アジア文化交渉研究』第8巻、関西大学大学院東アジア文化研究科、2015年3月31日、 163-169頁。

関連項目[編集]