九州ジュニアチャンピオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
九州ジュニアチャンピオン
開催国 日本の旗 日本
主催者 佐賀県競馬組合
競馬場 佐賀競馬場
創設 1990年12月9日
2019年の情報
距離 ダート1400m
賞金 1着賞金300万円
出走条件 サラブレッド系2歳オープン(佐賀デビュー馬限定)
負担重量 定量(55kg、牝馬54kg)
出典 [1]
テンプレートを表示

九州ジュニアチャンピオン(きゅうしゅうジュニアチャンピオン)は、佐賀県競馬組合佐賀競馬場ダート1400mで施行する地方競馬重賞競走である。正式名称は「佐賀新聞社杯 九州ジュニアチャンピオン」、佐賀新聞社が優勝杯を提供している。

概要[編集]

佐賀競馬場に所属するサラブレッド系2歳馬(旧3歳馬)による重賞競走ジュニアチャンピオンとして1990年に創設、九州(佐賀・荒尾・中津[注 1])地区交流競走となった2000年に現在のレース名に改められた。また2004年からは全日本2歳優駿の指定競走となり、同時に高知競馬場所属馬の出走が可能となった。

2012年から、荒尾競馬場の廃止により前年限りで開催が終了した九州ジュニアグランプリに代わる形で地方競馬の2歳重賞シリーズ・未来優駿に組み込まれた。また、JRA2歳認定競走の施行規準変更に関連して佐賀競馬場でデビューした所属馬に出走条件が変更され、優勝馬には認定馬の権利が与えられた。

2016年に、JBC協会協賛の「高知・佐賀スタリオンシリーズ」に指定された[2]

2018年、施行距離を1750mから1400mに短縮する。

条件・賞金(2019年)[編集]

出走条件
サラブレッド系2歳、佐賀デビュー馬[1]
「シリウス特別」で上位2着までに入った馬に優先出走権が付与されている[3]
賞金額
1着300万円、2着90万円、3着30万円、4着18万円、5着12万円[4]
優先出走権付与
上位2着までに入った馬にはカペラ賞の優先出走権が付与される。

歴代優勝馬[編集]

優勝馬の馬齢は2000年以前も現表記を用いている。全て佐賀競馬場ダートコースで施行。

回数 施行日 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1990年12月9日 1750m ラックプロスト 牡2 佐賀 1:54.8 古川哲也 池田及也 稲吉富貴男
第2回 1991年12月15日 スーパートドロキ 牝2 佐賀 1:56.5 大垣敏夫 山田義人 倉重博文
第3回 1992年11月15日 ラックホーセキ 牝2 佐賀 1:55.8 古川哲也 池田及也 稲吉富貴男
第4回 1993年11月14日 ラックビジン 牝2 佐賀 R1:53.0 古川哲也 池田及也 稲吉麗子
第5回 1994年11月13日 ラックフローラ 牝2 佐賀 1:57.7 古川哲也 池田及也 金子愿二
第6回 1995年11月12日 ステディホープ 牡2 佐賀 2:00.5 三小田幸人 池田及也 木稲安則
第7回 1996年11月10日 カシノジョオー 牝2 佐賀 2:00.7 北村欣也 山田勇 柏木務
第8回 1997年11月16日 ボーイフレンド 牡2 佐賀 2:01.7 北村欣也 山田勇 曾我雅
第9回 1998年11月15日 アサノダンサー 牡2 佐賀 2:00.4 北村欣也 山田勇 野田信博
第10回 1999年10月24日 バイオレットカラー 牝2 佐賀 2:01.0 北村欣也 山田勇 江口正弘
第11回 2000年11月3日 オーシャンハイ 牝2 佐賀 1:58.1 北村欣也 山田勇 石橋孝通
第12回 2001年12月16日 サモンジ 牡2 佐賀 1:58.0 下條知之 的場信弘 (有)アイリス不動産
第13回 2002年12月8日 ナスキーサンホーク 牡2 佐賀 1:57.9 安東章 真島元徳 江崎次三
第14回 2003年12月14日 プリンセスラン 牝2 佐賀 1:58.9 下條知之 真島元徳 原久美子
第15回 2004年11月23日 カンモンカイキョウ 牡2 佐賀 1:58.6 鮫島克也 大垣敏夫 原寛徳
第16回 2005年11月27日 ナセ 牡2 佐賀 2:00.1 安東章 東美義 片山建治
第17回 2006年11月26日 ハシリノキョショウ 牝2 佐賀 1:56.2 長田進仁 三小田幸人 毛利高明
第18回 2007年11月25日 キングサンディ 牡2 佐賀 1:57.0 山口勲 東眞市 深川一清
第19回 2008年11月23日 パスカル 牡2 佐賀 1:56.7 吉田順治 三小田幸人 重松国建
第20回 2009年11月22日 ネオアサティス 牡2 佐賀 1:55.7 真島正徳 真島元徳 池上典大
第21回 2010年11月21日 ウルトラカイザー 牡2 佐賀 1:53.4 真島正徳 真島元徳 中野真吾
第22回 2011年11月20日 ダイリンウィーク 牡2 佐賀 1:53.6 山口勲 東眞市 廣松一義
第23回 2012年10月26日 ロマンチック 牝2 佐賀 1:57.4 山口勲 東眞市 原久美子
第24回 2013年10月25日 マツノヴィグラス 牝2 佐賀 1:57.9 田中直人 東眞市 藤木敏則
第25回 2014年10月26日 イッセイイチダイ 牡2 佐賀 1:56.3 山口勲 東眞市 藤木敏則
第26回 2015年10月25日 ソウダイショウ 牡2 佐賀 2:01.3 兒島真二 東眞市 藤木敏則
第27回 2016年10月9日 スーパーマックス 牡2 佐賀 1:55.9 鮫島克也 高田豊治 津村達矢
第28回 2017年10月8日 キングランシーン 牡2 佐賀 2:00.1 吉田順治 土井道隆 深川一清
第29回 2018年10月14日 1400m ローズカラー 牝2 佐賀 1:31.3 竹吉徹 古賀光範 竹原孝昭
第30回 2019年10月6日 ミスカゴシマ 牝2 佐賀 1:30.4 石川慎将 平山宏秀 上村裕希

Rはレコードタイムを示す。

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 但し、2001年度からは中津競馬場廃止により佐賀・荒尾地区交流競走となった。

出典[編集]

  1. ^ a b 第28回 九州ジュニアチャンピオン(S1)”. さがけいば. 2019年10月3日閲覧。
  2. ^ JBC協会協賛「高知・佐賀スタリオンシリーズ」佐賀競馬での実施競走について”. さがけいば (2016年4月9日). 2016年10月8日閲覧。
  3. ^ 2019年度 ダートグレード・S1・S2競走のステップ競走日程表”. さがけいば. 2019年10月3日閲覧。
  4. ^ 11R 九州ジュニアCh(中央認定)|2019年10月6日(日)14回佐賀2日”. JBISサーチ. 2019年10月3日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]

馬主の出典[編集]

関連項目[編集]