九州労働金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
九州労働金庫
Kyushu Labour Bank
KyushuRoukin Honten.jpg
九州労働金庫本店
種類 労働金庫
略称 九州労金
本店所在地 日本の旗 日本
810-8509
福岡県福岡市中央区大手門三丁目3番3号
設立 1952年昭和27年)8月
(福岡県労働金庫)
業種 金融業
法人番号 8290005002716 ウィキデータを編集
金融機関コード 2990
事業内容 協同組織金融機関
代表者 山城正一(理事長
資本金 90億61百万円(出資金)
発行済株式総数 9,061,514(出資口数)
純資産 1,035億86百万円
総資産 1兆8,712億57百万円
従業員数 1,338人
主要子会社 株式会社九州ろうきんサービス
外部リンク https://kyusyu-rokin.com/
テンプレートを表示
九州労働金庫のデータ
法人番号 8290005002716 ウィキデータを編集
店舗数 82店
貸出金残高 1兆1,692億93百万円
預金残高 1兆7,507億57百万円
特記事項:
(2016年3月31日現在)
テンプレートを表示

九州労働金庫(きゅうしゅうろうどうきんこ、略称:九州労金(きゅうしゅうろうきん)、英語:Kyushu Labour Bank)は、福岡県福岡市中央区に本店を置く労働金庫である。

概要[編集]

2001年(平成13年)10月1日に、沖縄県を除く九州地方の7つの労働金庫(福岡県労金・佐賀県労金・長崎県労金・熊本県労金・大分県労金・宮崎県労金・鹿児島県労金)を統合・合併して設立された。存続労金は福岡県労働金庫であった。

営業エリアは、福岡県・佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県。沖縄県は沖縄県労働金庫の管轄である。

沿革[編集]

  • 1952年(昭和27年)
    • 5月 - 大分県労働金庫が業務を開始。
    • 8月 - 福岡県労働金庫が業務を開始。
  • 1953年(昭和28年)
    • 6月 - 佐賀県労働金庫が業務を開始。
    • 10月 - 長崎県労働金庫が業務を開始。
  • 1954年(昭和29年)
    • 5月 - 熊本県労働金庫が業務を開始。
    • 6月 - 宮崎県労働金庫が業務を開始。
    • 9月 - 鹿児島県労働金庫が業務を開始。
  • 2001年(平成13年)10月1日 - 九州内7の労働金庫が合併し、九州労働金庫が発足。
  • 2008年(平成20年)4月 - インターネット九州支店を開設。

ATM・提携金融機関[編集]

  • コンビニATMでは、セブン銀行セブン-イレブンなどに設置)やイオン銀行イオングループなどに設置)で、当金庫のキャッシュカードが利用できる。
    • セブン銀行では、全日の7時から23時まで利用可能。出金手数料は19時までは無料、23時までは108円。入金は全時間帯で無料。
    • イオン銀行では、出金のみ全日の8時から23時(土休日は21時)まで利用可能。手数料は無料。また、同銀行のキャッシュカードを当金庫で全時間帯利用できる(出金のみ)。手数料は無料。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]