九州大学大学院法学研究院・大学院法学府・法学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
九州大学 > 九州大学大学院法学研究院・大学院法学府・法学部

九州大学大学院法学研究院(きゅうしゅうだいがくだいがくいんほうがくけんきゅういん、英称:Faculty of Law)は、九州大学大学院に設置される研究科以外の研究組織の一つであり教員が所属する。九州大学大学院法学府(きゅうしゅうだいがくだいがくいんほうがくふ、英称:Graduate School for Law)は九州大学大学院に設置される研究科以外の教育組織の一つであり大学院生が所属する。九州大学法学部(きゅうしゅうだいがくほうがくぶ、英称: Faculty of Law)は、九州大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

1924年に美濃部達吉を初代学部長にして設立された九州帝国大学法文学部法科を前身とし[1][2]、1949年に法文学部から独立して九州大学法学部及び大学院法学研究科が成立した[2][1]

2000年に設置された大学院法学研究院は、教員が所属する研究組織であり、基礎法学部門、公法社会法学部門、刑事法学部門、国際関係法学部門、政治学部門、実務法学部門の6部門が置かれている。大学院法学府及び法学部は、それぞれ大学院生及び学部生が所属する教育組織である[2]

沿革[編集]

  • 1924年 - 九州帝国大学法文学部法科を設立[1][2]。初代学部長は美濃部達吉[1]
  • 1930年 - 法律専攻と政治専攻を分離[1]
  • 1949年 - 法文学部から独立して九州大学法学部、九州大学大学院法学研究科が成立[2]
  • 1975年 - 法学部同窓会を設立[1]
  • 2000年 - 大学院法学研究院を設置するとともに、大学院法学研究科を大学院法学府と改称[1]

学部[編集]

  • 入学定員200名[3]

著名な出身者[編集]

政治[編集]

行政[編集]

法曹[編集]

経済[編集]

マスコミ[編集]

研究[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b c d e f g 「九州大学法学部の歩み:略年表」九州大学法学部・法学府・法学研究院
  2. ^ a b c d e 「学部長挨拶」九州大学法学部・法学府・法学研究院
  3. ^ 学生定員及び在籍学生数九州大学