九州沖縄八県連合共進会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

九州沖縄八県連合共進会(きゅうしゅうおきなわはちけんれんごうきょうしんかい)は明治時代に催された地方博覧会

概要[編集]

1882年明治15年)に長崎県において第1回が開催され、農産物工業製品の出品・展示を中心として、以降基本的には毎年、第9回からは隔年で開催された。なお、第1回開催時には佐賀県、宮崎県がそれぞれ長崎県、鹿児島県に編入されていたため6県での開催となっていた。

会期・会場[編集]

期間 会場 品目 備考
第1回 1882年(明治15年)
10月1日-10月30日(30日間)
長崎県長崎区
(長崎公園 博物館)
砂糖,生糸,繭,茶,櫨蠟(はぜろう) 佐賀県,宮崎県がそれぞれ長崎県,鹿児島県に編入されていたため,6県での開催
第2回 1883年(明治16年)
10月20日-11月28日(40日間)
鹿児島県鹿児島郡城山町1丁目[1]
(鹿児島興業館)
煙草,砂糖,麻苧(あさお),繭,生糸,織物
第3回 1884年(明治17年)
11月1日-11月30日(30日間)
熊本県熊本区新町1丁目
(物産陳列場)
綿,麻苧(あさお),砂糖,紙,生糸,織物
第4回 1885年(明治18年)
10月1日-11月9日(40日間)
佐賀県佐賀郡松原町54番地
(市中仕組所)
綿,茶,砂糖,繭,織物,鯣(するめ)
第5回 1887年(明治20年)
2月10日-3月31日(50日間)
福岡県那珂郡春吉村岡新地[2] 米,櫨蠟(はぜろう),茶,繭,生糸,織物
第6回 1888年(明治21年)
2月20日-3月30日(40日間)
大分県大分郡大分町字南新地 繭,生糸,茶,砂糖,鯣(するめ),織物
第7回 1889年(明治22年)
2月20日-3月31日(40日間)
宮崎県宮崎郡上別府村

(勧業物品陳列場内)

小麦,葉煙草,櫨蠟(はぜろう),茶,繭,生糸,織物
第8回 1894年(明治27年)
2月10日-3月21日(40日間)
沖縄県那覇久茂地259番地 鯣(するめ),茶,麻,砂糖,繭,生糸,織物
第9回 1897年(明治30年)
2月10日-3月21日(40日間)
長崎県長崎市長崎公園
(長崎商品陳列所他)
小麦,繭,生糸,茶,砂糖,製造烟草,織物,花莚,陶磁器,鯣(するめ),乾鮑,鱶鰭(ふかひれ),海参(いりこ:干しなまこ)
第10回 1899年(明治32年)
2月10日-3月21日(40日間)
鹿児島県鹿児島市山下町
(県庁構内から物産陳列場)
米,大豆,繭,生糸,紅茶,緑茶,砂糖,木蠟,製造煙草,絹織物,綿織物及雑織物,花莚,紙,椎茸,陶磁器,鯣(するめ),乾鮑,鱶鰭(ふかひれ),鰹節
第11回 1901年(明治34年)
2月10日-3月31日(50日間)
熊本県熊本市 米,麦,繭,生糸,紅茶,緑茶,砂糖,木蠟,製造煙草,絹織物,綿織物小及雑織物,麻,紙,椎茸,陶磁器,酒類,鯣(するめ),鱶鰭(ふかひれ),鰹節
第12回 1906年(明治39年)
3月11日-4月29日(40日間)
佐賀県佐賀市三の丸 米,麦,大豆,繭,生糸,紅茶,緑茶,砂糖,木蠟,絹織物,綿織物及雑織物,麻,紙,椎茸,木炭,陶磁器,酒類,醤油,柑橘,素麺,莞莚(かんえん:はなござ),鯣(するめ),鱶鰭(ふかひれ),鰹節,海参(いりこ:干しなまこ),干鮑,農具
第13回 1910年(明治43年)
3月11日-5月9日(60日間)
福岡県福岡市因幡町(佐賀堀埋立地)
第14回 1921年(大正10年)
3月15日-5月13日(60日間)
第1会場:大分県大分市(大分県庁)
第2会場:大分県大分市大字勢家新川海岸一郭

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大分県勧業課「勧業報告第17回」-国立国会図書館デジタルコレクション
  2. ^ 官報第1092号』,1887年2月23日-国立国会図書館デジタルコレクション