九州産交ランドマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
九州産交グループ > 九州産交ランドマーク
九州産交ランドマーク株式会社
Kyushu Sanko Landmark Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
860-0805
熊本県熊本市中央区桜町3番10号 SAKURA MACHI Kumamoto B1F
設立 2006年4月1日
業種 不動産業
法人番号 7330001006725
事業内容 ターミナル事業・商業施設賃貸業・駐車場事業
代表者 矢田 素史(代表取締役社長)
資本金 9000万円
従業員数 38人
主要株主 九州産業交通ホールディングス 100%
外部リンク https://www.kyusanko.co.jp/landmark/tenant/
テンプレートを表示

九州産交ランドマーク株式会社(きゅうしゅうさんこうランドマーク)は、九州産業交通ホールディングス傘下において運営されている不動産管理をはじめとするプロバティマネジメント・タウンマネジメント・ビルマネジメントをおこなう会社である。

2006年4月に前身の九州産業交通より各事業ごとに分社化され設立された。

かつてはレストラン・売店等や通信販売等の商事事業も手掛けていたが、2015年3月1日を以って九州産交リテール株式会社が新設されるとともに同社へ事業分割、さらには広告代理店事業も手掛けていたが、2017年7月28日を以って九州産交プランニング株式会社が新設され同社へ事業継承された。

沿革[編集]

  • 1942年8月 - 九州産業交通株式会社設立。
  • 2002年9月 - 九州産業交通債務超過により産業再生機構の傘下に。
  • 2005年7月 - 九州産業交通の新スポンサーに旅行代理業を展開するエイチ・アイ・エスが決定。
  • 2006年4月 - 九州産業交通を九州産業交通ホールディングスに改称し、これまで1社体制でおこなっていた各事業を部門別に分社化して、そのうちの一つとして九州産交ランドマーク株式会社が発足。当社の他にバス事業を専業とする九州産交バス株式会社、旅行代理店業などを営む九州産交ツーリズム株式会社が同日に発足し、新体制の下でスタートを切る。
  • 2015年3月 - 食堂・売店事業を「九州産交リテール株式会社」に事業分割。
  • 2017年7月 - 広告代理店事業を「九州産交プランニング株式会社」に継承。これに伴い、当社は不動産管理をはじめとするプロバティマネジメント・タウンマネジメント・ビルマネジメント企業として特化。

現在の事業内容[編集]

  • プロバティマネジメント(不動産の運営管理)
  • タウンマネジメント(イベントの企画立案)
  • ビルマネジメント(ビルの管理全般)

過去の事業内容[編集]

不動産事業[編集]

  • 熊本交通センター ※バスターミナルならびにターミナルビル施設全般の運営・管理。2015年9月末日を以って閉鎖
  • センタープラザ ※2015年3月31日をもって閉鎖
  • 県民百貨店(旧くまもと阪神) ※2015年2月28日閉店
  • 産交ビル ※かつての産交本社ビル(その後はテナント用賃貸ビルとして当社が管理していたが現在は閉鎖)
  • センター駐車場 ※2015年8月末日をもって閉鎖
  • センターボウル ※2015年3月31日営業終了 
    一時期は他社へテナント貸しされ「マスターズボウル熊本」として運営されていた(建物は当社が管理)。マスターズボウルは2014年2月をもって閉鎖され、同年4月より当社直営として「センターボウル」の名称が復活し営業を再開していた。なお、建物内には九州産業交通ホールディングス本社をはじめ当社ならびに九州産交ツーリズムの両本社が入居していた(過去には九州産交バス・産交バスならびに熊本フェリーの各本社も入居していた)。

イベント広場の運営[編集]

  • センターコート(熊本交通センター正面玄関前広場)
  • プラザコート(センタープラザ観音の泉前スペース)

レストラン・売店事業[編集]

2015年3月1日付で九州産交リテール株式会社へ事業継承

広告事業[編集]

  • 熊本交通センター内看板広告の管理
  • 熊本交通センター内ポスター広告の管理
  • ラッピング広告バスの募集・管理

2017年7月28日付で九州産交プランニング株式会社へ事業継承

関連項目[編集]