九州管区警察局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
九州管区警察局が入居する福岡県警察本部庁舎

九州管区警察局(きゅうしゅうかんくけいさつきょく)は、警察庁の地方機関である管区警察局の一。九州地方福岡県警察佐賀県警察長崎県警察熊本県警察大分県警察宮崎県警察鹿児島県警察、および沖縄県警察の区域内8県警の指導・監察、広域捜査の調整、大規模災害への対応、警察通信事務、幹部教育訓練などを行う。局長は警視監(花岡和道)。

所在地[編集]

沿革[編集]

組織[編集]

  • 総務監察部
    • 警務課
    • 監察課
    • 会計課
    • 首席監察官
      • 監察官(二人)
    • 指導官
  • 広域調整部 - 部長は防衛省からの出向者.階級は警視長
    • 広域調整第一課
    • 広域調整第二課
    • 高速道路管理官
    • 外事技術調査官
  • 情報通信部
    • 通信庶務課
    • 機動通信課
    • 通信施設課
    • 情報技術解析課 サイバーテロ対策技術室
  • 福岡県情報通信部
  • 佐賀県情報通信部
  • 長崎県情報通信部
  • 熊本県情報通信部
  • 大分県情報通信部
  • 宮崎県情報通信部
  • 鹿児島県情報通信部
  • 沖縄県情報通信部

九州管区警察学校[編集]

九州管区警察学校は、九州の各県警察における幹部を養成する。所在地は福岡市博多区板付。

  • 庶務部
    • 庶務課
    • 会計課
  • 教務部
    • 教務科
    • 生活安全刑事教官室
    • 交通警備教官室
  • 指導部
    • 学生科
    • 警務術科教官室

広域緊急援助隊[編集]

広域緊急援助隊は、平成7年の阪神大震災を契機に、大規模災害への迅速な対応を目的に創設された。消防・自衛隊と合同して各県で訓練を行い、災害に備える。九州の8県警580人体制。

歴代局長[編集]

氏名 在任期間 前職 後職
村井順 19 年(昭和 年) 月 日
- 年(昭和 年) 月 日
辞職(1965年日本初の警備会社綜合警備保障を創業)
三宅芳郎 1966年(昭和41年) 月 日
- 年(昭和 年) 月 日
福岡県警察本部本部長
倉井潔 19 年(昭和 年) 月 日
- 1969年(昭和44年)6月20日
関東管区警察局
海江田鶴造 19 年(昭和 年) 月 日
- 1972年(昭和49年) 月 日
近畿管区警察局
関忠雄 19 年(昭和 年) 月 日
- 1974年(昭和49年) 月 日
内閣官房内閣広報室長【内閣審議官】兼任
木村武 1986年(昭和61年) 月 日
- 1987年(昭和62年) 月 日
福岡県警察本部長
鳴海国博 1987年(昭和62年) 月 日
- 19 年( 年)月 日
福岡県警察本部長
樋口武文 1991年平成3年) 月 日
- 1991年(平成3年)3月 日
福岡県警察本部長 警察庁警務局付(内閣総理大臣官房広報室長【総理府事務官】併任)
松村龍二 1991年平成3年)3月 日
- 年(平成 年) 月 日
埼玉県警察本部 辞職
原田勝弘 年(平成 年) 月 日
- 1994年(平成6年)1月31日
関東管区警察局長
櫻井勝 1998年(平成10年) 月 日
- 1999年(平成11年) 月 日
警察庁長官官房 近畿管区警察局長
倉澤豊哲 1999年(平成10年)8月 日
- 2000年(平成12年)8月 日
福岡県警察本部長 近畿管区警察局長
折田康徳[1] 2010年(平成22年)8月26日
- 20 年(平成 年)月 日
四国管区警察局
小風明[2] 2011年(平成23年)10月18日
- 2012年(平成24年)9月 日
警察大学校特別捜査幹部研修所 辞職
御手洗伸太郎[3] 2013年(平成25年)8月22日
- 201 年(平成 年) 月 日
四国管区警察局長 辞職
安森智司 2015年(平成27年)8月7日
- 2016年(平成28年)10月3日
内閣府大臣官房官房審議官死因究明等推進会議事務局長 辞職
門田渉[4] 2016年(平成28年)10月6日
- 201 年(平成 年) 月 日
警察庁
相浦勇二[5] 2017年(平成29年)8月10日
- 201 年(平成 年) 月 日
警察庁
花岡和道[6] 2020年令和2年)4月3日
- 年(令和 年) 月 日
新潟県警察本部長 現職(2020年7月現在)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

1954年設立の政府機関