九州産業大学造形短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
九州産業大学造形短期大学部 (旧 九州造形短期大学)
Kzac2010.jpg
大学設置 1968年
創立 1965年
学校種別 私立
設置者 学校法人中村産業学園
本部所在地 福岡県福岡市東区松香台2-3-1
学部 造形芸術学科
ウェブサイト 九州産業大学造形短期大学部 (旧 九州造形短期大学)公式サイト
テンプレートを表示

九州産業大学造形短期大学部 (旧 九州造形短期大学)(きゅうしゅうさんぎょうだいがくぞうけいたんきだいがくぶ、英語: Kyushu Sangyo University, Zokei Junior College of Art and Design)は、福岡県福岡市東区松香台2-3-1に本部を置く日本私立大学である。1968年に設置された。大学の略称は造形短大または造短(ぞうたん)。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 九州産業大学造形短期大学部は、福岡県福岡市東区内にある日本私立短期大学。学校法人中村産業学園により1968年に設置された。九州産業大学の併設校であり、敷地は2016年3月に九州産業大学芸術学部と同じ芸術エリアに移転をした。学長は黒岩恭介。2007年4月より美術科、デザイン科、写真科の3学科を廃し、造形芸術学科の1科13専攻の新しいカリキュラムがスタート。2016年4月には1学科3領域10系列の新しいカリキュラムがスタートした。2017年4月より名称変更を行い、九州産業大学造形短期大学部として新たなスタートを切った。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 九州産業大学造形短期大学部における建学の精神は「産学一如」となっている。
  • 以下の教育理念がある。
    • 造形芸術への意欲
    • 自由な精神
    • 確かな技術
    • 自主性のある人間づくり
    • 創造的可能性
    • 広い視野

教育および研究[編集]

  • 九州産業大学造形短期大学部は造形芸術学科のみの単科短大となっているが、ビジュアルデザイン領域、アーツ領域、生活デザイン領域をベースに10系列からなる。

学風および特色[編集]

  • 九州産業大学造形短期大学部は2006年度、2013年度、財団法人短期大学基準協会における第三者評価の結果、「適格」認定を受けている。
  • 九州で唯一の私立美術系短大で男女共学である。
  • これまで、さいとうたかを・U.G.サトー・佐木隆三らによる講演会が行われた。
  • 九州産業大学造形短期大学部生は食堂や図書館、無線LANなど九州産業大学の施設も使うことが出来る。
  • サークルは2016年4月現在では軽音楽部、アニメーション同好会、マンガ研究会、美術愛好会、色部などが存在している。また、短期大学生が九州産業大学のサークルに入部している例もある。

沿革[編集]

  • 1965年 九州芸術学院を創設。
  • 1968年 九州造形短期大学開学。以下の3学科を置く。
    • 美術科
    • デザイン科
    • 写真科
  • 1969年 教職課程を置く。
  • 1980年 新キャンパスに移転。
  • 1990年 教職課程再認定を受ける。
  • 2007年 美術科・デザイン科・写真科を統合して造形芸術学科とする。
  • 2016年 キャンパスを九州産業大学芸術学部エリアに移転。
  • 2017年 九州産業大学造形短期大学部に名称変更し併設校の九州産業大学との連携を強化。[1]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 本部キャンパス(福岡県福岡市東区松香台2丁目3-1)

象徴[編集]

  • 九州産業大学造形短期大学部のカレッジマークは「Zokei」の「Z」をデザイン化したものとなっている。古いものでは四角形をベースに「造大」の横文字が入ったものがある。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 造形芸術学科(2016年度入学生より)
    • グラフィックデザイン系
    • マンガ・イラスト・フィギュア系
    • ゲーム・メディアデザイン系
    • アニメーション・映像系
    • インテリア・プロダクト・雑貨系
    • 陶芸系
    • ファッション・テキスタイル系
    • アート書道系
    • 写真系
    • 絵画・立体造形系
  • 造形芸術学科(2007年度入学生〜2015年度入学生)
    • ファインアート立体専攻
    • ファインアート平面専攻
    • 染織専攻
    • ファッションデザイン専攻
    • 陶芸専攻
    • 金工アクセサリー専攻
    • マンガ専攻
    • グラフィックデザイン・イラスト専攻
    • メディアデザイン専攻
    • 映像・アニメーション専攻
    • スペース・インテリアデザイン専攻
    • プロダクトデザイン専攻
    • 写真専攻
過去の学科体制[編集]
  • 美術科
  • デザイン科
  • 写真科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
  • かつては短期大学にも中学校教諭二種免許状美術)の教職課程が旧・美術科およびデザイン科に設置されていた。現在は、九州産業大学との単位互換制度を利用することが必要となっている。詳細は、問合せされたい。

学生生活[編集]

学園祭[編集]

  • 九州産業大学造形短期大学部の学園祭は「香椎祭」と呼ばれ併設校の九州産業大学と共に、例年10月の末から11月の初頭にかけて行われる。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 九州産業大学造形短期大学部奨学生制度がある。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 石橋忠次:初代学長
  • 黒岩恭介:(〜2019年3月)
  • 小田部黄太:現学長(2019年4月〜)

著名な出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 交通アクセス
  • 学園内の16号館、15号館を主に利用し、陶芸や染色、織り、木工、彫刻、写真、映像の作品制作をするための工房棟がある。15.16号館は九州産業大学芸術学部と共同で利用している。
  • 設備:総合情報センター・図書館・美術館・キャリア支援センター・学生食堂など九州産業大学と共同使用している。
  • 九州産業大学美術館が隣接しており、学生は無料で観覧することができる。

[編集]

  • 大学から徒歩5分のところに九州産業大学と共用の女子寮「立花寮」がある。個室80室、内短大の割り当て分20室。そのほかに下宿やアパートの斡旋も行っている。

対外関係[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 地域に密着したアート活動を行っている。福岡市や企業からの製作依頼がありイベントのボランティア活動にも力をいれている。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ {{[1]}} - 九州産業大学造形短期大学部公式ホームページ内

座標: 北緯33度40分9.6秒 東経130度26分49.7秒