九州鉄道140形蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

九州鉄道140形蒸気機関車(きゅうしゅうてつどう140がたじょうききかんしゃ)は、かつて九州鉄道に在籍したタンク式蒸気機関車である。

概要[編集]

元は、伊万里鉄道が開業用としてアメリカクック・ロコモティブ・アンド・マシン・ワークスで2両(1898年製。製造番号2384,2385)を製作した、車軸配置0-6-0(C)の単式2気筒、飽和式のタンク機関車である。

伊万里鉄道では1,2と称したが、1898年(明治31年)12月に伊万里鉄道が九州鉄道に事業譲渡したのにともない、九州鉄道の140形140,141)に改称された。この機関車は、運転整備重量25.5tという小型機関車で、九州鉄道では他に類似機のない本形式を持て余し、旧筑豊鉄道71形72形とともに淘汰対象となった。

本形式は1901年(明治34年)8月に近江鉄道の八日市以遠開業用の増備機として譲渡され、乙2形3,4)となった。

近江鉄道でも、火格子面積と伝熱面積の比が大きく、燃焼効率を低下させずに運転するには熟練を要したため、乗務員より好まれず、1913年(大正2年)10月には、常総鉄道の第2次開業用として2両とも譲渡され、A2形3,4)となった。常総鉄道では、鬼怒川支線という好適な働き場所もあったことから、長く使用された。1922年(大正11年)には、3は5(2代)に改番され、4は1936年(昭和11年)11月に廃車解体された。残った5は、1953年(昭和28年)まで使用されている。

主要諸元[編集]

  • シリンダ寸法(直径×行程):356mm×458mm
  • 動輪直径:1067mm
  • 使用圧力:10.5kg/m3
  • 弁装置スチーブンソン式アメリカ型
  • 運転整備重量:25.5t

参考文献[編集]

  • 臼井茂信「機関車の系譜図 2」1973年、交友社
  • 川上幸義「新日本鉄道史 下」1968年、鉄道図書刊行会刊
  • 臼井茂信・小石川多助・中川浩一「私鉄車両めぐり[62] 常総筑波鉄道(1)」鉄道ピクトリアル
  • 白土貞夫「私鉄車両めぐり[83] 近江鉄道(上)」鉄道ピクトリアル