九徳総合運動場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
九徳総合運動場
Gudeok Stadium 3.JPG
施設情報
所在地 57 望洋路
西区, 釜山広域市
位置 北緯35度06分59.38秒 東経129度00分52.16秒 / 北緯35.1164944度 東経129.0144889度 / 35.1164944; 129.0144889座標: 北緯35度06分59.38秒 東経129度00分52.16秒 / 北緯35.1164944度 東経129.0144889度 / 35.1164944; 129.0144889
開場 1928年9月
所有者 釜山広域市
使用チーム、大会
ソウル五輪サッカー競技
釜山アイパーク
釜山交通公社FC
収容能力
12,349

九徳総合運動場 (クドクそうごううんどうじょう、朝鮮語: 구덕 운동장漢字:九德運動場)は、韓国釜山広域市にある多目的競技場である。現在は、主にサッカーの試合に使用されている。

1928年9月に開場。現在の収容人員は12,349人だが、以前は30,000人の観客を収容可能であった。1988年のソウルオリンピックでは、サッカー競技の試合会場として使用された。また、1997年東アジア大会では開会式と閉会式、陸上競技、サッカー競技会を開催するメイン会場として使用された。

なお、釜山を本拠地とするプロサッカーチーム・釜山アイパークは1997年から2002年まで本拠地とした後、2015年から再び当スタジアムを本拠地としていた。また、釜山交通公社FCも2006年から当スタジアムを本拠地としている。

1988年夏季オリンピック[編集]

1988年にソウルで開催された夏季オリンピック中に、 韓国代表戦の3試合と準決勝の1試合を含む8試合が当スタジアムで開催された[1]。9月17日から9月27日までの11日間、9か国72人の役員と180人の選手が参加し、通算で146,320人、1日平均18,290人の観客を集めた[2] 。オリンピック開催にあたり、電光掲示板やその他の施設の改修を行い、合計6億7500万ウォンの費用が投入された。

日付 チーム1 結果 チーム2 ラウンド 観客数
1988年9月17日 西ドイツ 3-0 中国 グループA 24,000
1988年9月18日 韓国 0-0 ソビエト連邦 グループC 30,000
1988年9月19日 西ドイツ 4-1 チュニジア グループA 14,000
1988年9月20日 韓国 0-0 アメリカ グループC 22,000
1988年9月21日 チュニジア 0-0 中国 グループA 17,000
1988年9月22日 アルゼンチン 2-1 韓国 グループC 30,000
1988年9月25日 ソビエト連邦 3-0 オーストラリア 準々決勝 5,000
1988年9月27日 ソビエト連邦 3-2 (aet) イタリア 準決勝 10,000

出典[編集]

  1. ^ Football Tournament 1988 Olympiad”. www.rsssf.com. 2018年5月31日閲覧。
  2. ^ 1988 Summer Olympics official report”. 2019年12月10日閲覧。