九条良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
九条良平
時代 鎌倉時代前期
生誕 元暦元年4月19日1184年5月30日
死没 延応2年3月17日1240年4月10日
別名 醍醐太政大臣
官位 左大臣左大将従一位太政大臣
主君 土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇
氏族 九条家
父母 父:九条兼実
母:藤原頼輔女
養父:九条良経
兄弟 良通良経任子良円良平良快良輔、良尋、良海、良恵、玉日
藤原範光女、左京大夫兼教女
藤原高実、教房、良輝、良頼、最源、女子(小倉公雄室)
テンプレートを表示

九条 良平(くじょう よしひら)は、鎌倉時代前期の公卿関白九条兼実の三男。兄・九条良経の養子。官位左大臣左大将従一位太政大臣醍醐太政大臣と呼ばれる。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』及び『尊卑文脈』の内容に従って記述する。

修理職の統括者[編集]

遠藤珠紀氏の指摘によれば、修理職では長官である修理大夫とは別の統括者が存在し「職務」と称されていたという[9]。そして寛喜年中に修理職を拝領していた良平は、安貞元年(1227年)10月に三条基定を修理大夫に推挙しているとある[10]。つまり良平は修理職の統括者である知行者(「職務」)として実質的な支配権を有していたのである。

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ この日に元服。禁色を許される
  2. ^ 宜秋門院建久9年御給
  3. ^ 宇治に行幸の賞
  4. ^ 九条良経の喪による
  5. ^ 実父九条兼実の喪による
  6. ^ 皇后宮が宜秋門院に初めて行啓の賞の譲り
  7. ^ 皇后に院号宣下があったため
  8. ^ 病による
  9. ^ 遠藤珠紀、「鎌倉期朝廷社会における官司運営の変質:修理職・内蔵寮の検討を通して」、『史学雑誌』2005年114巻10号p. 1717.
  10. ^ 前掲論文p. 1722.

参考文献[編集]

  • 公卿補任』(新訂増補国史大系)吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編集会(編)
  • 尊卑分脈』(新訂増補国史大系)吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編集会(編)
  • 遠藤珠紀、「鎌倉期朝廷社会における官司運営の変質:修理職・内蔵寮の検討を通して」、『史学雑誌』2005年114巻10号p. 1716-1736