九鬼紫郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
九鬼 紫郎くき しろう
ペンネーム 九鬼 澹くき たん
三上 紫郎みかみ しろう
霧島 四郎きりしま しろう
石光 琴作
誕生 森本 紫郎もりもと しろう
1910年4月18日
日本の旗 神奈川県横浜市
死没 (1997-11-13) 1997年11月13日(87歳没)
職業 小説家編集者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 関東学院中等部中退
ジャンル 探偵小説時代小説
デビュー作 「現場不在証明」(1931年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

九鬼 紫郎(くき しろう、1910年4月18日 - 1997年11月13日)は、日本小説家推理作家、時代小説作家。神奈川県横浜市生まれ。探偵小説時代小説を執筆したほか、探偵雑誌『ぷろふいる』の編集長を務めるなど、編集者としても知られる。

本名は森本紫郎(もりもと しろう)。1931年のデビュー時から九鬼澹(くき たん)というペンネームを使っていたが、1953年ごろから九鬼紫郎(くき しろう)を名乗った。ほかに、三上紫郎(みかみ しろう)、霧島四郎(きりしま しろう)、石光琴作といったペンネームも一時期使用した。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1910年、神奈川県横浜市に生まれる。15歳のころに父を、17歳のころに母を亡くす。兄は横浜の貿易会社に勤めていたが、1923年の関東大震災で打撃を受けて会社が神戸に移っており、母が亡くなると紫郎も兄を頼って神戸に移り住んだ。

探偵作家の甲賀三郎に作品を送ったのをきっかけに上京し、渋谷の甲賀宅で書生として1年半ほどを過ごす。その間、1929年から翌年にかけて刊行された春陽堂の「探偵小説全集」の編集を手伝った。1931年、『探偵』に九鬼澹名義で短編小説「現場不在証明」を発表しデビュー。その後、赤面症になり、東京から神戸に戻る。神戸では、当時の西の探偵文壇の大物だった山本禾太郎や西田政治と交流し、戸田巽や、のちに酒井嘉七とも親しくした。1933年に京都で探偵雑誌『ぷろふいる』が創刊されると、創刊号から探偵小説評や短編小説などを寄稿。その後、山本禾太郎の紹介で、伊東利夫から引き継いで『ぷろふいる』の二代目編集長となり、神戸から京都に移って、1935年10月号から最終号(1937年4月号)までの編集を務めた。編集長としては、中村美与などを世に出した。後に編集部を東京に移すが、出資者の事業上の失敗のため、『ぷろふいる』は1937年4月号をもって廃刊となった。

その後は、三上紫郎名義で時代小説やスパイ小説などを発表したが、この時期について詳細は明らかになっていない。

第二次大戦後[編集]

1946年には『ぷろふいる』(後に『仮面』に改題)が再刊され、紫郎は編集長を務めつつ、ユーモア本格の「豹介シリーズ」などを誌上で発表した。『新青年』などでも短編を発表し、1947年には探偵小説集『人工怪奇』を刊行している。また1947年から翌年にかけて、恩師である甲賀三郎(1945年に死去)の全集を編集・刊行した(湊書房『甲賀三郎全集』全10巻)。

1953年ごろからペンネームを九鬼紫郎と改め、以降の約10年は、推理小説と時代小説をどちらも盛んに執筆する。推理小説では、1956年に本格推理長編『心霊は乱れ飛ぶ』を刊行。その後はハードボイルドに作風を転じ、私立探偵白井青児シリーズを執筆。1960年に刊行した長編推理小説『キリストの石』(後に『女と検事』に改題)は、1962年に土居通芳監督により『嫉妬』というタイトルで映画化されている。時代小説では、『稲妻左近捕物帳』シリーズなどを執筆した。

その後創作は途絶えるが、1970年代には九鬼紫郎名義で『探偵小説百科』(1975年)、『推理小説入門』(1979年)、また本名の森本紫郎名義で、少年向けの読みもの『中国の妖怪たち』(1976年)、『西洋の妖怪たち』(1978年)を出している。

1980年には、久々の長編推理小説『大怪盗』(光文社カッパ・ノベルス)を発表する。その続編も書き進めていたが、発表はされていない[1]。1997年に死去。87歳。

その他の作家との交流

紫郎は若いころに、同年生まれの探偵作家で『新青年』や『ぷろふいる』などに作品を発表していた光石介太郎と仲違いしていた。晩年に交流のあった鮎川哲也が約50年ぶりの仲直りを勧め、両者とも異存はなかったが、鮎川哲也が病気で入院している間に光石介太郎が亡くなってしまい、両者の面会は実現しなかった[2]。紫郎と鮎川哲也との面会の記録は、『EQ』1990年11月号に掲載されている(後に鮎川哲也『こんな探偵小説が読みたい』(晶文社、1992年)に収録)。

1950年ごろ、紫郎は韓国の推理作家金来成と文通をしている。金来成は『ぷろふいる』で1935年にデビューし、1936年に朝鮮半島に帰ってからは、探偵作家・大衆文学作家として活躍していた。紫郎のもとには何通かの手紙と金来成の著作が届いたが、その手紙は江戸川乱歩に貸したまま、結局紫郎のもとには戻ってこなかった。[3]

また、紫郎は小栗虫太郎の短編の代作をしたこともあった。

主な著書[編集]

国立国会図書館オンライン蔵書目録を参考にした。特に示さない場合は「九鬼紫郎」名義の著書。

推理小説[編集]

  • 『人工怪奇』(湊書房、1947年) - 短編集、九鬼澹名義
  • 『心霊は乱れ飛ぶ』(東方社、1956年)
  • 『地獄の影』(同光社、1958年)
  • 私立探偵白井青児シリーズ
    • 『拳銃無法地帯』(川津書店、1959年)
    • 『暗黒街の令嬢』(川津書店、1959年)
    • 『魔女を探せ』(川津書店、1959年)
    • 『犯罪街の狼』(川津書店、1959年)
    • 『夜の顔役』(川津書店、1959年)
    • 『悪魔よ眠れ』(川津書店、1959年)
  • 『キリストの石』(日本週報社、1960年) - 後に改題して『女と検事』(新流社、1963年)
  • 『大怪盗』(光文社 カッパ・ノベルス、1980年)
推理小説関連書
  • 『探偵小説百科』(金園社、1975年)
  • 『推理小説入門』(金園社、1979年)

時代小説[編集]

  • 『稲妻左近捕物帳』(同光社磯部書房、1952年)※九鬼澹名義 - 後に改題して『いなづま奉行』(新文芸社、1959年)※九鬼紫郎名義
  • 『黒手組変化』(同光社、1954年)
  • 『金姫銀姫』(豊文社、1954年)
  • 『隠し小判』(文芸図書出版社、1954年)
  • 『月姫異変』(同光社、1954年)
  • 『妖鼓盗賊』(文芸図書出版社、1955年)
  • 『どくろ大名』(同光社、1955年)
  • 『黒潮大名』(同光社、1955年)
  • 『からくり三万石』(同光社、1956年)
  • 『秘仏像伝奇』(同光社、1956年)
  • 『おぼろ屋敷』(同光社、1956年)
  • 『若衆七変化』(桃源社、1956年)
  • 『はやて拳法』(同光社、1956年)
  • 『江戸の稲妻』(同光社、1956年)
  • 『若殿あばれ剣』(同光社、1957年)
  • 『真田陰流』(同光社、1957年)
  • 『真田陰流 続』(同光社、1957年)
  • 『旗本無法街』(光風社、1957年)
  • 『怪盗秘文書』(同光社、1957年)
  • 『呪文塔の恐怖』(同光社、1957年)
  • 『金四郎桜』(同光社、1957年)
  • 『おれは剣豪』(桃源社、1957年)
  • 『京四郎剣法』(同光社、1958年)
  • 『疾風(はやて)京四郎』(桃源社、1958年)
  • 『鍔鳴り京四郎』(同光社、1958年)
  • 『まぼろし飛脚』(第一文芸社、1958年)
  • 『若殿京四郎』(同光社、1959年)
  • 『すつとび若衆』(新文芸社、1959年)
  • 『百万両異変』(新文芸社、1959年)
  • 『京四郎変化』(同光社、1959年)
  • 『京四郎あばれ剣』(同光社、1959年)
  • 『べらんめえ判官』(新文芸社、1959年)
  • 『謎の黄金秘境』(朝日書房、1959年)
  • 『江戸っ子浪人』(朝日書房、1960年)

三上紫郎名義の著書[編集]

  • 『元和呂宋島』(大文館書店、1943年)
  • 『海の先駆者』(熊谷書房、1943年)
  • 『怒濤の涯』(希望の窓社、1944年) - 時代小説
  • 『間諜帝都に迫る』(金鈴社、1944年) - スパイ小説
  • 『人生の花ひらく』(湊書房、1946年)
  • 『失われた貞操』(湊書房、1948年)

森本紫郎(本名)名義の著書[編集]

  • 『中国の妖怪たち』(曙出版 あけぼの少年文庫、1976年)
  • 『西洋の妖怪たち』(曙出版 あけぼの少年文庫、1978年)

主な雑誌掲載短編[編集]

『ぷろふいる』(第1次)掲載作品については山前譲編「「ぷろふいる」作者別作品リスト」(『幻の探偵雑誌1 「ぷろふいる」傑作選』(光文社文庫、2000年)巻末に収録)、『新青年』掲載作品については山前譲編「「新青年」作者別作品リスト」(『幻の探偵雑誌10 「新青年」傑作選』(光文社文庫、2002年)巻末に収録)、『ぷろふいる』(第2次)掲載作品については山前譲編「「ぷろふいる」「仮面」作者別作品リスト」(『甦る推理雑誌2 「黒猫」傑作選』(光文社文庫、2002年)巻末に収録)を参照した。

  • 『探偵』
    • 現場不在証明 (1931年) - ミステリー文学資料館編『幻の探偵雑誌9 「探偵」傑作選』(光文社文庫、2002年)に九鬼澹名義で収録
  • ぷろふいる
    • 死はかくして美しい (九鬼澹、1933年7月号)
    • 神仙境物語 (九鬼澹、1933年11月号)
    • 幻想夜曲 (九鬼澹、1933年12月号)
    • A1号(一) 密偵往来 (九鬼澹、1934年5月号)
    • 人工怪奇 (九鬼澹、1935年3月号)
    • 古典綺話 二篇 (石光琴作、1936年1月号)
    • R子爵夫人惨殺事件 (九鬼澹、1936年4月号)
    • 報酬五千円事件 (九鬼澹、1936年8月号)
  • 新青年
    • 光る眼 (九鬼澹、1946年12月号)
    • 或る夜の冒険 (九鬼澹、1947年3月号)
    • 暗号切手 (九鬼澹、1947年5月号)
    • 悪太郎 (九鬼澹、1947年9月号)
    • ルパンと九官鳥 (霧島四郎、1948年2月号)
  • ぷろふいる (仮面)
    • 豹助、町を驚ろかす (九鬼澹、1946年7月(創刊号)) - ミステリー文学資料館編『甦る推理雑誌2 「黒猫」傑作選』(光文社文庫、2002年)に九鬼澹名義で収録
    • 豹介、巨人と戦う (九鬼澹、1946年12月)
    • 豹助、都へ行く (九鬼澹、1947年4月) - 鮎川哲也編『こんな探偵小説が読みたい』(晶文社、1992年)に九鬼紫郎名義で収録
    • 豹介、恋をする (九鬼澹、1947年8月)
    • 豹介、翻弄さる (九鬼澹、1947年12月)
    • 僕は検事である (九鬼澹、1948年2月)
    • 心霊殺人事件 (覆面作家、1948年3月、5月、6月)
    • 幽霊妻 (九鬼澹、1948年4月増刊)
    • 誰が殺したか (九鬼澹、1948年5月)
    • 江戸橋小町 (九鬼澹、1948年8月増刊)
その他のアンソロジー収録短編
  • 暗号海を渡る (探偵作家クラブ編『探偵小説年鑑 1949年版』)※九鬼澹名義で収録
  • 天保怪異競 (志村有弘編『怪奇・伝奇時代小説選集 1』春陽文庫、1999年)※九鬼澹名義で収録
  • 疾風魔(はやてま) (志村有弘編『怪奇・伝奇時代小説選集 4』春陽文庫、2000年)※九鬼澹名義で収録

エッセイ等[編集]

  • 負傷したコザック騎兵 (初出:『ぷろふいる』1936年7月号、小栗虫太郎『紅毛傾城』(現代教養文庫、1978年)に収録) - 九鬼紫郎による小栗虫太郎インタビュー記事
  • 「ぷろふいる」編集長時代 (『幻影城』1975年6月号) ※九鬼紫郎名義

脚注[編集]

  1. ^ 鮎川哲也「名編集長交遊録 九鬼紫郎」(鮎川哲也『こんな探偵小説が読みたい』晶文社、1992年)参照
  2. ^ 『ミステリーの愉しみ3 パズルの王国』(立風書房、1992年)巻末の、鮎川哲也による解説参照
  3. ^ 九鬼紫郎「「ぷろふいる」編集長時代」(『幻影城』1975年6月号)参照

参考文献[編集]

  • 鮎川哲也「名編集長交遊録 九鬼紫郎」(鮎川哲也『こんな探偵小説が読みたい』晶文社、1992年) - 本人へのインタビュー記事、初出:『EQ』1990年11月号
  • 末永昭二「日本初のグルメハードボイルド 九鬼紫郎」(末永昭二『貸本小説』アスペクト、2001年)