乾き亭げそ太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

乾き亭 げそ太郎(かわきてい げそたろう、1971年1月19日 - )は、日本お笑い芸人ローカルタレントである。本名、櫨木 信一(はぜき しんいち)。

鹿児島県鹿児島市出身。元太田プロダクション所属。身長174cm、血液型B型。旧芸名ははぜき 信一

プロフィール[編集]

志村けん弟子入りした後、芸能活動を開始。『志村けんのバカ殿様』の「メガネをかけた家来」役で知られる。「竜兵会」の一員でもある。趣味は洋菓子作り。仕事場などで後輩に振る舞うほどの腕前。

2010年をもって、ふるさとの鹿児島を当面の拠点とすることを決め、帰郷。現在は鹿児島でタレント活動を行っている。一時は志村の番組や舞台出演のために上京し、東京などでも仕事をこなしていた。

来歴[編集]

  • 1994年に志村けんに弟子入りする。
  • 1997年より『志村けんのバカ殿様』のレギュラーとしてメガネをかけた家来役でずっと出演していたが、2016年10月放送分にて降板。
  • 2002年1月19日かねきよ勝則と「いちばんのり!」を結成。2006年3月11日に解散した。
  • コンビ解散後は「乾き亭げそ太郎」として活動。命名は所属事務所の先輩である肥後克広と元猿岩石有吉弘行
  • 2007年1月放送の『バカ殿様』ではゲストに笑福亭鶴瓶が登場したが、志村けんとプライベートのことでやりあった際、鶴瓶に「こいつがすべてを知っている」と指を差される場面があった。
  • 2010年4月に地元の鹿児島テレビからのオファーで『げっきん!かごしま』のレポーターとして1か月間、鹿児島に滞在。その後も定期的に出演する。
  • ライブ活動などを地道に続けていたが、同年12月をもって東京でのタレント生活をいったん休止し、鹿児島市に帰郷。40歳を迎える2011年以降、『げっきん!かごしま』レポーターを中心に、鹿児島でタレント活動を開始。
  • 鹿児島で定期的に開かれるお笑いライブ「ぬれたんふ」に、ビューティーメーカーよしもとクリエイティブ・エージェンシー福岡支社)とともに出演している。
  • 帰郷後も太田プロには引き続き所属し『バカ殿様』や舞台『志村魂』のキャストとして出演を続けていたが、2016年3月31日を以て15年間所属した太田プロを退社した。鹿児島テレビの番組には引き続き出演する[1]

出演作品・番組[編集]

現在[編集]

鹿児島テレビ

過去[編集]

日本テレビ

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

鹿児島テレビ

以下はダチョウ倶楽部との共演

  • ゆうテレ・おはら祭スペシャル げそ太郎がダチョウ倶楽部をおもてなし! - 2012年11月2日
  • ゆうテレ(アミュプラザ鹿児島プレミアム館開業記念特集) - 2014年9月26日

朝日放送

関西テレビ

その他

  • 舞台「リバースヒストリカ」(2007年2月2日 - 2月4日)
  • パソコンテレビGyaO「竜兵会」

関連項目[編集]

脚注[編集]