乾善彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

乾 善彦(いぬい よしひこ、1956年 - )は、日本語学の研究者、関西大学教授

経歴[編集]

奈良県北葛城郡に生まれる。1979年大阪市立大学文学部国文中文学科 国語国文学専攻卒業[1]1987年同大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学[1]。同年帝塚山学院大学専任講師。同大学助教授大阪女子大学教授を経て、現在関西大学教授。2003年『漢字による日本語書記の史的研究』で、博士(文学)取得。同年、同書で第21回上代文学会賞受賞[2]

著書[編集]

  • 『世話早学文 影印と翻刻』(和泉書院・2001年
  • 『漢字による日本語書記の史的研究』(塙書房・2003年)
  • 『『新撰万葉集』諸本と研究』(浅見徹、谷本玲大と共著、和泉書院・2003年)
  • 『堺学から堺・南大阪地域学へ 地域学の方法と堺・南大阪地域学』(大阪公立大学共同出版会・2006年
  • 『日本語史のインタフェース』(金水敏、渋谷勝己と共著、岩波書店2008年
  • 『日本語書記用文体の成立基盤 表記体から文体へ』(塙書房・2017年)

脚注[編集]

参考[編集]