乾正直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
乾正直の墓

乾 正直(いぬい まさなお、生年不詳 - 1688年8月21日貞享5年7月26日))は、江戸時代前期の土佐藩上士

板垣流乾市郎兵衛家の初代。通称は市郎兵衛。家紋は「榧ノ内十文字」。

来歴[編集]

家紋(榧之内十文字)

土佐藩上士馬廻格・300石)乾正行(金右衛門)の二男として高知城下(現高知県高知市)に生まれる。

母は毛利治郎右衛門の娘。

1644年正保元年)、土佐藩主山内忠義によって各段召し出され、新御小性、5人扶持切府10石を下し置かれた。

1661年2月14日万治4年1月15日)、後西天皇の御代、洛中(京都市内)の前関白二條邸から出火し、折悪く強風により火は禁裏仙洞御所へ燃え広がり、さらに九條公卿邸や、鷹司邸など190邸、寺院16宇、民家558軒の計693棟が類焼する大火が起きた[1]。乾市郎兵衛はこの禁裏炎上に伴い、土佐藩主山内忠豊より天機御伺御使者を仰せ付けられ、3月3日2月3日京都へ向けて出発した。京都到着後は御所との折衝にあたった。

1665年寛文5年)、土佐藩主山内豊昌参勤の御供を仰せ付けられて江戸へ下る。

1688年8月21日貞享5年7月26日)病死。

墓は高知城下の瑞応寺福泉院にある。

系譜[編集]

板垣兼光
 
 
 
 
板垣善満坊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣備州板垣信泰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣伯耆守板垣信方室住玄蕃充女子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1板垣信憲酒依昌光板垣信安[2]板垣信安妻
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2板垣正信板垣正寅女子板垣修理亮板垣隼人
 
 
 
 
 
 
 
 
3乾正行[3]板垣正善酒依昌吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4乾正祐乾正直乾友正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5乾正方乾十次郎乾正房乾六一[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾加助6乾正清乾十助乾吉勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7乾直建乾直強中山秀信乾強正乾正英乾正愛
 
 
 
 
 
 
8乾正聡乾正壽
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9乾信武野本信照女子乾正春本山茂良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10乾正成平井政実妻長屋彦太夫妻乾正勝乾正厚乾正厚[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11板垣退助乾久馬日野成義妻女子女子乾正士[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣鉾太郎乾正士[7]板垣孫三郎板垣正實乾六一[8]片岡兵子宮地軍子小川婉子浅野千代子小山良子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣武生12板垣守正13板垣正貫川瀬美世子中村朝子乾一郎浅野一治浅野博正浅野忠男浅野房子小山朝光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾崎正三島拓子板垣正明秋山範子14板垣退太郎板垣直磨川瀬勝世杉崎光世中村純子髙岡眞理子小山朝和
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾崎公正秋山竹生秋山竹史秋山百合板垣裕子板垣晶大中村直敬中村和敬井深美香髙岡功太郎小山朝顯小山朝英

家族[編集]

  • 父:乾正行(金右衛門)
  • 母:毛利治郎右衛門の娘
    • 兄:乾正祐(與惣兵衛)
    • 本人:乾正直(市郎兵衛)
    • 妻:森正壽(勘左衛門)の娘
      • 嫡男:乾正房(七郎左衛門)
        • 孫:乾吉勝(弥五兵衛)
    • 弟:乾友正(源五郎)

補注[編集]

  1. ^ この内裏火災が契機となって、元号が「寛文」に改元された。
  2. ^ 板垣信方の娘婿。実は於曾氏。永祿元年(1558年)、武田信玄の命に依って、板垣家を再興
  3. ^ 永原一照次男
  4. ^ 板垣退助五男、絶家再興
  5. ^ 乾正春の養子となる
  6. ^ 板垣退助次男
  7. ^ 乾正厚の養子となる
  8. ^ 乾友正家の絶家再興

参考文献[編集]

関連項目[編集]