乾燥ライム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
粉末状の乾燥ライム
バーレーンの市場で売られている乾燥ライム

乾燥ライム[1]、あるいは干しレモン干しライムヌーミー・バスラリーム―・オマーニー[2]は、柑橘類ライムを天日で乾燥させたドライフルーツ中東ではありふれた食材であり、1個丸ごと、またはスライスして、または粉末状で香辛料として使用される。

イラクではバスラレモンという意味のnoomi basra(ヌーミー・バスラ)[3]イランではオマーンライムを意味するlimoo amani(リームー・オマーニー)、オマーンではlimooと呼ばれる[4]。レモンと呼ばれているが、実際にはレモンではなくライムである[5]

利用[編集]

乾燥ライムはアラビア料理(en)やイラン料理(ペルシア料理)の伝統的な食材であり、料理に酸っぱさを加える香辛料として使用される[6]。イラン料理ではシチュースープに使用されている[7]ペルシャ湾地域では魚料理に使用され、イラクでは粉末状で米料理や詰め物料理に使用される[4]。粉末状の乾燥ライムは混合スパイスであるペルシア湾風バハラット(baharat)の成分となる。

イラクでは煮だしてレモンティーとする。ハームズ(酸っぱい)と呼ばれ、レモン味と苦みが冬に良い[8]

味わい[編集]

乾燥ライムは強い風味を放つ。柑橘類特有の酸っぱさを持つが、素朴で燻したような味でもあり、新鮮なライムが持つ甘さには欠ける。外皮と種子には苦みがあり、発酵物のような風味を持つ。

脚注[編集]

  1. ^ Mallos, Tess (2007). Middle Eastern Cooking. VT, USA: Periplus Editions. p. 16. ISBN 9780794650346. 
  2. ^ 酒井, 啓子 (2007). “第一章 東アラブ -乳と蜜の流れる大地の食彩- 二 イラク”. 世界の食文化⑩ アラブ. 東京, 日本: 農山漁村文化協会. p. 91. ISBN 9784540060038. 
  3. ^ Ayelet's Comfort (2015年). “What is Noomi Basra?”. 2015年10月10日閲覧。
  4. ^ a b Basan, Ghillie (2007). Middle Eastern Kitchen. NY, USA: Hippocrene Books Inc.. pp. 78. ISBN 9780781811903. 
  5. ^ Black Lemons
  6. ^ Butcher, Sally (2012). “Legumes and Pulses”. Veggiestan: A Vegetable Lover's Tour of the Middle East. London, UK: Pavilion Books. ISBN 9781909108226. 
  7. ^ Shafia, Louisa. The New Persian Kitchen. CA, USA: Ten Speed Press. pp. 10. ISBN 9781607743576. 
  8. ^ 酒井, 啓子 (2007). “第一章 東アラブ -乳と蜜の流れる大地の食彩- 二 イラク”. 世界の食文化⑩ アラブ. 東京, 日本: 農山漁村文化協会. p. 91. ISBN 9784540060038. 

関連項目[編集]