乾燥ライム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
粉末状の乾燥ライム
バーレーンの市場で売られている乾燥ライム

乾燥ライム(かんそうライム)[1]あるいは干しレモン干しライムは、柑橘類ライムを天日で乾燥させたドライフルーツ。国や地域によりヌーミー・バスラ、リームー・オマーニー[2]と呼び、中東ではありふれた食材であり、1個丸ごと、またはスライスし、粉末にして香辛料として使用される。また混合スパイスのバハラット(Bahārātアラビア語: بَهَارَات[3])は中東からトルコギリシャに広がり、鶏や羊、牛や魚の味を整えたり、調味料として料理に添えたりする。

イラクではバスラレモンという意味のヌーミー・バスラ(noomi basra)[4]イランではオマーンライムを意味するリームー・オマーニー(limoo amani)、オマーンではリームー(limoo)と呼ばれる[5]。英語圏でブラックレモン(黒レモン)と呼ぶが、原料はレモンではなくライムである[6]

利用[編集]

乾燥ライムはアラビア料理(en)やイラン料理(ペルシア料理)の伝統的な食材であり、料理に酸味を加える香辛料として使用される[7]。イラン料理ではシチュースープに入れる[8]ペルシャ湾地域では魚料理に使用され、イラクでは米料理や詰め物料理に粉にひいて加える[5]

イラクでは煮だしてホットレモンとする。ハームズ(酸っぱい)と呼ばれ、レモン味と苦みが冬に良い[2]

味わい[編集]

乾燥ライムは強い風味を放つ。柑橘類特有の酸味、素朴でいぶしたような香りもあり、新鮮なライムが持つ甘さには欠ける。外皮と種子に苦みがあり、発酵物のような風味を持つ。

脚注[編集]

  1. ^ Mallos, Tess (2007) (英語). Middle Eastern Cooking. VT, USA: Periplus Editions. p. 16. ISBN 9780794650346 
  2. ^ a b 酒井 2007, p. 91.
  3. ^ アラビア語で香辛料を意味する「bahār」の複数形Wehr, Hand (1979) (英語). A Dictionary of Modern Written Arabic (4 ed.). Harrassowitz. p. 96 
  4. ^ What is Noomi Basra?”. Ayelet's Comfort (2015年). 2015年10月10日閲覧。
  5. ^ a b Basan, Ghillie (2007) (英語). Middle Eastern Kitchen. NY, USA: Hippocrene Books Inc.. p. 78. ISBN 9780781811903 
  6. ^ Saad Fayed (2020年9月25日). “What Are Black Limes? : Buying, Cooking, and Recipes” (英語). The Spruce Eats. 2020年11月10日閲覧。
  7. ^ Butcher, Sally (2012). “Legumes and Pulses” (英語). Veggiestan: A Vegetable Lover's Tour of the Middle East. London, UK: Pavilion Books. ISBN 9781909108226 
  8. ^ Shafia, Louisa (英語). The New Persian Kitchen. CA, USA: Ten Speed Press. p. 10. ISBN 9781607743576 

参考文献[編集]

  • 酒井啓子「第1章 東アラブ -乳と蜜の流れる大地の食彩- 2 イラク」『アラブ』10、農山漁村文化協会〈世界の食文化〉、東京、2007年、91頁。ISBN 9784540060038。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

出版年順
  • Wright, Clifford A. A Mediterranean fest. New York : Morrow ; London : Hi Marketing, 1999. English. ISBN 0688153054, 9780688153052. OCLC 42579601.
  • レザ・ラハバ、長谷川朝子『 家庭で楽しむペルシャ料理 フルーツ、ハーブ、野菜たっぷり』、河出書房新社、2009年。ISBN 978-4-309-28177-3。