乾祐 (五代後漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

乾祐(けんゆう)は、五代十国時代において後漢の初代皇帝劉知遠(高祖)および第2代皇帝劉承祐(隠帝)の治世で用いられた元号。948年 - 950年。呉越の忠懿王銭俶の廃王馬希広も使用した。

さらに951年以降、北漢の初代君主劉旻(世祖)と第2代君主劉鈞(睿宗)の治世で956年まで使用された。

西暦・干支との対照表[編集]

後漢
乾祐 元年 2年 3年
西暦 948年 949年 950年
干支 戊申 己酉 庚戌
北漢
乾祐 4年 5年 6年 7年 8年 9年
西暦 951年 952年 953年 954年 955年 956年
干支 辛亥 壬子 癸丑 甲寅 乙卯 丙辰
後周 広順
元年

2年

3年
顕徳
元年

2年

3年

関連項目[編集]


前の元号:
天福
中国の元号
後漢五代
次の元号:
広順後周
前の元号:
天福
中国の元号
呉越十国
次の元号:
広順
前の元号:
天福
中国の元号
十国
次の元号:
保大
前の元号:
中国の元号
北漢十国
次の元号:
天会
五代十国時代の元号

五代の元号
後梁開平  乾化  鳳歴  貞明  龍徳
後唐天祐 
同光  天成  長興  応順  清泰
後晋天福 
開運
後漢天福 
乾祐
後周広順 
顕徳
十国の元号
天復 
天祐  武義  順義  乾貞  大和  天祚
南唐昇元 
保大  中興  交泰  顕徳  建隆  乾徳  開宝
開平 
乾化  貞明  龍徳  同光  天成  長興  龍啓  永和  通文  永隆  天徳
南漢乾亨 
白龍  大有  光天  応乾  乾和  大宝
前蜀天復 
武成  通正  天漢  光天  乾徳  咸康
後蜀明徳 
広政
呉越天祐 
天宝  鳳歴  乾化  貞明  龍徳  宝大  宝正  長興  応順  清泰  天福  開運  天福  乾祐  広順  顕徳  建隆  乾徳  開宝  太平興国
天成 
長興  応順  清泰  天福  開運  天福  乾祐  保大
荊南同光 
天成  乾貞  天成  長興  応順  清泰  天福  開運  天福  乾祐  広順  顕徳  建隆
北漢乾祐 
天会  広運
応天
于闐同慶 
天尊  中興  天興  天寿
中国の元号一覧:(漢•新 
魏晋南北朝時代(高昌)  隋  唐(渤海  南詔  大理)  五代十国時代  宋(遼  西夏  金)  元  明  清)