乾絵美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
獲得メダル
ソフトボール
日本の旗 日本
ソフトボール
2004 アテネ 女子
2008 北京 女子

乾 絵美(いぬい えみ、1983年10月26日 - )は、兵庫県加古川市出身の元ソフトボール選手(内野手)。現役引退後の2020年から、女性としては日本プロ野球(NPB)で初めてのスカウトをオリックス・バファローズで務めている[1]

経歴[編集]

ソフトボール選手時代には、神戸常盤女子高等学校を経て、ルネサステクノロジ高崎事業所女子ソフトボール部に所属。ルネサスでは主将を務めた。

オリンピックのソフトボール競技では、日本代表チームの一員として、2004年のアテネ大会で銅メダル、2008年の北京大会で金メダルを獲得。2008年の秋に紫綬褒章を受章した[2]が、翌2009年限りで現役を引退した。

2010年から、オリックス・バファローズが運営する少年野球教室「オリックス・ベースボール・アカデミー」のコーチに就任。コーチ時代の教え子に、小学6年時の来田涼斗外野手がいる[3]2020年1月1日付での人事異動で、球団編成部のアマチュアスカウト(関西地区・静岡県担当)に就任[1][4][5]。最初に単独で担当した選手は、明石市立明石商業高等学校へ進学していた来田で、この年のNPBドラフト会議3巡目での指名[6]を経て入団に至っている[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b オリックス、球界初の女性スカウトは北京五輪金メダリスト 人事異動発表”. デイリースポーツ (2019年12月26日). 2019年12月28日閲覧。
  2. ^ “紫綬褒章の受章者”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年11月2日). http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110101000817.html 2013年1月26日閲覧。 
  3. ^ オリックス3位来田「縁」乾スカウトは6年前コーチ”. 日刊スポーツ (2020年11月2日). 2020年11月2日閲覧。
  4. ^ オリックス、球界初の女性スカウト任命へ ソフト元日本代表”. 毎日新聞 (2019年12月26日). 2019年12月28日閲覧。
  5. ^ ソフト北京五輪金の乾絵美氏、球界初女性スカウトに”. 日刊スポーツ (2019年12月26日). 2019年12月28日閲覧。
  6. ^ オリックス3位指名の明石商・来田涼斗外野手は日本球界初の女性スカウトの乾絵美スカウトが担当「トリプルスリーも狙える素材”. 中日スポーツ (2020年10月27日). 2020年11月2日閲覧。
  7. ^ オリックス3位明石商・来田「トリプルスリー」目標”. 日刊スポーツ (2020年12月3日). 2020年12月4日閲覧。