亀井光政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
亀井光政

亀井 光政(かめい みつまさ、1882年明治15年)1月[1] - 1946年昭和21年)5月6日[要出典][2])は、日本の内務警察官僚。官選沖縄県知事。旧姓・加村。

経歴[編集]

熊本県出身。加村照政の二男として生まれ、のちに内務官僚・亀井英三郎の養子となる[1][3]第五高等学校を首席で卒業[4]1906年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。1907年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1908年内務省に入省し山口県属となる[3][4]

以後、長野県事務官兵庫県事務官、青森県事務官・警察部長、鳥取県警察部長、茨城県警察部長、徳島県内務部長、福島県内務部長などを歴任[3][5]

1924年6月24日、沖縄県知事に就任[5]。当時の沖縄は「ソテツ地獄」と呼ばれる経済不況にあえいでおり、その対策に尽力[1]。一方、県政界は政友本党系と憲政会系に二分され混乱をもたらすことが多かった。1925年の通常県会では一般予算が大削減され亀井は原案執行を行った[5]1926年9月28日、知事を休職となった[6]

親族[編集]

  • 妻 亀井都留(養父・亀井英三郎の長女)[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『沖縄大百科事典』上巻、761頁。
  2. ^ 親族からの情報提供。
  3. ^ a b c d 『人事興信録』第7版、か142頁。
  4. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』189頁。
  5. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』1128頁。
  6. ^ 『官報』第4230号、大正15年9月29日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 沖縄大百科事典刊行事務局編『沖縄大百科事典』上巻、沖縄タイムス社、1983年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年。