亀井宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

亀井 宏(かめい ひろし、1934年5月26日[1] - )は、日本ノンフィクション作家小説家東京都葛飾区堀切出身[1]

略歴[編集]

日中戦争中の1938年9月、父は陸軍伍長として召集された。母子家庭となった一家は母方実家の三重県南牟婁郡五郷村(現・熊野市五郷町)に移住する[2]1943年初、母は結核より病没、父の再婚ともに、勤務先の福井県福井市[3]、そして再出征より義母方実家の三重県南牟婁郡飛鳥村(現・熊野市飛鳥町)に移り住んだ[4]1964年、文芸雑誌『新潮』に創作を発表する。1970年、『弱き者は死ね』で第14回小説現代新人賞受賞。30代の半ばごろから太平洋戦争に関心を抱きはじめ、生き残りの人びとに戦争の証言を聞いて全日本をまわった。1980年、4000枚の労作『ガダルカナル戦記』で第2回講談社ノンフィクション賞を受けた。

1993年初、一時は糖尿病の合併症より失明の危険があったが食事療法白内障手術と散歩療法により克服した[5]

著作[編集]

ノンフィクション
  • 『あゝ軍艦旗 さきもりの歌』(光人社、1974年)
    • 『ミッドウェー戦記』(光人社、1985年) ISBN 4-7698-0143-2 『あゝ軍艦旗』の改題新装版
    • 『ミッドウェー戦記 さきもりの歌』(光人社NF文庫、1995年) ISBN 4-7698-2074-7 上著の文庫版
    • 『ミッドウェー戦記』上下(講談社文庫、2014年)上 ISBN 4062777460、下 ISBN 4062777479
  • 『ガダルカナル戦記』1 - 3(光人社、1980年)1 ISBN 4-7698-0144-0、2 ISBN 4-7698-0145-9、3 ISBN 4-7698-0146-7
    • 『ガダルカナル戦記』愛蔵版(光人社、1987年)ISBN 4-7698-0341-9
    • 『ガダルカナル戦記』1 - 3(光人社NF文庫、1994年)1 ISBN 4-7698-2032-1、2 ISBN 4-7698-2043-7、3 ISBN 4-7698-2049-6
    • 『ガダルカナル戦記』1 - 4(講談社文庫、2015年)1 ISBN 406293096X、2 ISBN 4062930978、3 ISBN 4062930986、4 ISBN 4062930994
  • 『にっぽんのヒトラー 東条英機 その等身大の生涯と軍国日本』上下(光人社、1981年)上 ISBN 4-7698-0154-8、下 ISBN 4-7698-0155-6
    • 『昭和の天皇と東条英機』(光人社、1988年)ISBN 4-7698-0411-3 『にっぽんのヒトラー 東条英機』の改題新装版
    • 『東条英機』上下(光人社NF文庫、1998年)上 ISBN 4-7698-2194-8、下 ISBN 4-7698-2195-6
  • ドキュメント 太平洋戦争全史』(講談社、2009年)ISBN 978-4-06-215619-6
    • 『ドキュメント 太平洋戦争全史』上下(講談社文庫、2013年)上 ISBN 4062774747、下 ISBN 4062775093
歴史・時代小説
  • 『尾張の宗春』(東洋経済新報社、1995年) ISBN 4-492-06069-3
  • 『踊る一遍上人』(東洋経済新報社、1997年) ISBN 4-492-06095-2
  • 『真説 猿飛佐助』(講談社、2002年) ISBN 4-06-210947-6
    • 『奔る猿飛佐助 風雲真田城』(廣済堂文庫、2006年) ISBN 4-331-61248-1『真説 猿飛佐助』の改題文庫版
その他
  • 『戦時少年ヒロシ 原初の風景』(光人社、1998年) ISBN 4-7698-0869-0 少年時代の自叙伝
  • 『糖尿病失明からの生還』(KKベストセラーズ、1997年) ISBN 4-584-15873-8 闘病記
  • 『つややかな追憶』(光風社出版、1983年) ISBN 4-87519-502-8
  • 『弱き者は死ね』(広済堂出版、1998年) ISBN 4-331-05786-0 表題作ほか4編収録の私小説集

脚注[編集]

  1. ^ a b 亀井宏『戦時少年ヒロシ』 第一話 父の召集 p6
  2. ^ 亀井宏『戦時少年ヒロシ』 第二話 村の幻想 p30
  3. ^ 亀井宏『戦時少年ヒロシ』 第七話 北陸路 p182
  4. ^ 亀井宏『戦時少年ヒロシ』 第八話 父の再婚 p247
  5. ^ 亀井宏『糖尿病失明からの生還』 まえがき