亀割安蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
亀割安蔵

亀割 安蔵(かめわり やすぞう、1876年明治9年)10月15日[1] - 1940年昭和15年)12月14日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

長野県で亀割才次郎の二男として生まれる[3][4]。早くから実業界に入った[5]

利原鉄山(咸鏡南道)会社社長、陽東殖産社長、大和サツシユ社長、樺太林業取締役・監査役、神戸有馬電気鉄道取締役、神奈川製材重役などを務めた[2][3][5]。また、青森県に七戸牧場を設けてサラブレッドアラブ種の馬質研究を行った[3]

1928年2月の第16回衆議院議員総選挙で沖縄県から立憲政友会所属で出馬して当選し、衆議院議員を一期務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、35頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』187頁。
  3. ^ a b c 『日本産業人名資料事典 2 第1巻』カ71頁。
  4. ^ 『人事興信録』第11版 改訂版 上、カ190頁では「三男」。
  5. ^ a b 『人事興信録』第11版 改訂版 上、カ190頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『日本産業人名資料事典 2 第1巻』日本図書センター、2002年(『財界フースヒー』通俗経済社、昭和6年刊の複製)。
  • 人事興信所編『人事興信録』第11版 改訂版 上、1939年。