亀城公園 (刈谷市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
亀城公園
Kijo Park
Kariya Kijo park cherry blossom-b.JPG
亀城公園と桜
(2016年(平成28年)3月)
亀城公園 (刈谷市)の位置(愛知県内)
亀城公園 (刈谷市)
分類 総合公園[1]
所在地
座標 北緯34度59分18.92秒 東経136度59分0.36秒 / 北緯34.9885889度 東経136.9834333度 / 34.9885889; 136.9834333座標: 北緯34度59分18.92秒 東経136度59分0.36秒 / 北緯34.9885889度 東経136.9834333度 / 34.9885889; 136.9834333
面積 129,000m2
開園 1937年昭和12年)4月23日[1]
設備・遊具 刈谷球場、刈谷市体育館、武道場、運動広場
駐車場 700台
公式サイト 亀城公園
テンプレートを表示

亀城公園(きじょうこうえん)は、愛知県刈谷市にある公園である。公園分類は総合公園。名称は刈谷城の別名(亀城)に由来する[2]

歴史[編集]

1553年(天文2年)水野忠政が築城した刈谷城跡を1936年(昭和11年)当時の刈谷町(現・刈谷市)が譲り受け、本丸二の丸の一部を公園化したものである[2]

1941年(昭和16年)太平洋戦争が開戦し本丸の高台が高射砲陣地として使用され荒地となっていたものの、1969年(昭和44年)に本丸跡にあたる高台一帯を回遊式日本庭園として整備するなど幾度かの植栽や整備が行われ現在の姿となった。また、隅櫓石垣を復元する再整備計画があり、刈谷市歴史博物館、隅櫓や石垣の完成を予定している[3]

園内にはソメイヨシノが約650本植えられ、桜の名所となっている。3月下旬から4月上旬には桜まつりが開催され、5万人以上の花見客が訪れる[4]。また、亀城公園運動広場や、刈谷球場刈谷市体育館、武道場などの運動施設を敷地内に有する。

施設[編集]

周辺[編集]

ギャラリー[編集]

交通アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 冊子「刈谷の公園」 (PDF)”. 刈谷市. 2017年2月26日閲覧。
  2. ^ a b 水野氏の居城跡 亀城公園”. 刈谷市観光協会. 2015年3月21日閲覧。
  3. ^ 刈谷市 「亀城公園」を再整備(2010年4月28日、読売新聞)
  4. ^ 刈谷の桜まつり(西の名所、亀城公園)(刈谷市観光協会公式サイト)
[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 愛知県の観光地