亀島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

亀島(かめじま)は、岡山県倉敷市水島にある地域である。本項では同区域にかつて存在した浅口郡亀島村(かめじまそん)についても述べる。

連島の南部を占める。現在の亀島・亀島新田・連島中央・神田からなる。矢柄は、旧亀島村域であるが、現在、大半の部分が小学校区が隣接の連島東学区となっており、含む場合と含まない場合がある。

概要[編集]

旧・亀島新田エリア[編集]

亀島・亀島新田・連島中央・神田の住所が該当。連島山塊中部の矢柄の南方に広がる平地で、近世の干拓地である。地区南端部に亀島山という丘(標高約30m)があり、かつては島であった。現在は水島工業地帯の造成や道路建設のために形を崩しているが、以前は亀のような形をしていた。地名もこの山に由来したもの[1]

連島が島から陸続きになった後、連島は東西高梁川の河口部となったため、連島の南には広大な干潟が生まれた。延宝2年に倉敷支配所代官がこの干潟を18町歩干拓し、翌年に28町歩を干拓。ついで延宝6年には、成羽藩山崎氏が倉敷の許可のもと150町歩を干拓。これらの干拓地を併せて、南端部にあたる亀島の名を取り亀島新田村(かめじましんでんそん)と称し、元禄10年に成羽領分となり、明治に至る[1]

『備中村鑑』では、浅口郡亀島新田村として幕末頃の石高を約8千石としているが、これには鶴新田(後述)が含まれている[2]

明治22年6月1日に連島村から別れた矢柄村・北面新田村の旧矢柄分の一部と亀島新田村とが合併し、村制による亀島村(かめじまそん)を新設した。同36年1月1日には亀島・西之浦・鶴新田・連島の4村が合併し、連島村(のち連島町)を新設した[1]

当地東部の東高梁川河口部の廃川地が市街地として整備され、さらに南側の干拓埋立地に水島工業地帯が造成されると、亀島新田は大型道路が整備され、宅地・事業所・商店が多く立地し人口が急増[1]。住所表記も改められ、新たな大字として亀島1~2丁目・神田1~3丁目、連島中央1~5丁目などが設置され、亀島新田の地名は矢柄との境界付近にわずかに残るのみである。

矢柄[編集]

学区[編集]

小学校区
  • 矢柄の一部・亀島新田(一部除く)・西之浦(北面・弁財天・青木・宮之浦を除く)・連島中央2-3丁目(各一部除く)・連島中央4-5丁目は連島西浦小学校区。神田・亀島の各全域および連島中央1丁目の一部は連島神亀小学校区。矢柄(一部および北面除く)および亀島新田・連島中央2-3丁目の各一部は連島東小学校区。矢柄のうち北面は連島北小学校区。
中学校区

沿革[編集]

かめじまそん
亀島村
廃止日 1903年1月1日
廃止理由 新設合併
鶴新田村、西之浦村、亀島村、連島村 → 連島村
現在の自治体 倉敷市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
浅口郡
総人口 1,678
角川日本地名大辞典 33 岡山県、1889年
隣接自治体 浅口郡鶴新田村、西之浦村、連島村
児島郡福田町
亀島村役場
所在地 岡山県浅口郡亀島村(大字なし)
 表示 ウィキプロジェクト
  • 1889年明治22年)6月1日 - 町村制の施行により、浅口郡亀島新田村および連島村の一部(近世の矢柄村・矢柄村分)の区域をもって亀島村が発足。
  • 1903年(明治36年)1月1日 - 亀島村が鶴新田村・西之浦村・連島村と合併し、改めて連島村が発足。同村大字亀島新田・矢柄となる。
  • 1912年(明治45年)4月1日 - 連島村が町制施行して連島町となり、同町大字亀島新田・矢柄となる。
  • 1953年昭和28年)6月1日 - 連島町が倉敷市に編入。同市連島町亀島新田・連島町矢柄となる。

地勢[編集]

山岳
  • 亀島山

産業[編集]

  • 酒造 - 「嶺乃誉」の渡辺酒造がある

主要施設[編集]

行政施設
  • 連島中央交番 - 連島中央3
教育・保育施設
  • 倉敷市立連島神亀小学校 - 神田3
  • 倉敷市立連島中学校 - 連島中央5
  • 倉敷市立西浦東幼稚園 - 亀島新田
  • 倉敷市立連島保育園 - 連島中央5
  • のぞみ保育園 - 神田1
郵便局
  • 連島中央郵便局 - 連島中央2
  • 倉敷亀島二郵便局 - 亀島2
金融機関
  • 水島信用金庫 矢柄支店 - 連島中央2
  • 水島信用金庫 連島支店 - 連島中央5
  • 労金 水島支店 - 神田2
  • 岡山商銀 倉敷支店 - 神田2
医療機関
  • 松枝病院 - 連島中央5
  • 水島第一病院 - 神田2
企業事業所
  • 水島車輌 - 連島中央4
  • 渡辺酒造 - 亀島新田
商店
  • ニシナ・フードバスケット 連島中央店 - 連島中央2
  • ニシナ・フードバスケット 神田店 - 神田2
  • モスバーガー 倉敷水島店 - 連島中央1
  • ホンダカーズ倉敷南 水島店 - 連島中央4
娯楽施設
  • 水島バッティングセンター - 神田1

名所・旧跡[編集]

  • 亀島山
    • 亀島山花と緑の公園

交通[編集]

道路

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 巌津政右衛門 『岡山地名事典』(1974年)日本文教出版社
  2. ^ 岡山県大百科事典編集委員会編集『岡山県大百科事典』(1979年)山陽新聞社

参考文献[編集]

  • 巌津政右衛門『岡山地名事典』(1974年)日本文教出版社
  • 岡山県大百科事典編集委員会『岡山地名事典』(1979年)山陽新聞社
  • 渡辺光・中野尊正・山口恵一郎・式正英『日本地名大辞典2 中国・四国』(1968年)朝倉書店
  • 下中直也『日本地名大系第三四巻 岡山県の地名』(1988年)平凡社
  • 黒田茂夫『県別マップル33 岡山県広域・詳細道路地図』(2010年)昭文社

関連項目[編集]