予讃線事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
予讃線事件
場所 日本の旗 日本愛媛県温泉郡難波村大浦
標的 国鉄の列車
日付 1949年(昭和24年)5月9日
午前4時23分 (JST)
概要 破壊活動による列車転覆事件
原因 継ぎ目板2カ所4枚、ボルト8本、犬釘7本が故意に抜き取られており、レールが75ミリずらされていたこと
攻撃手段 バールスパナによる破壊工作
攻撃側人数 推定5~6人
死亡者 乗員3名
負傷者 乗客3名
損害 国鉄予讃線準急第一旅客列車
犯人 不明
容疑 1名:留置場で服毒自殺
テンプレートを表示

予讃線事件(よさんせんじけん)とは、1949年(昭和24年)に発生した破壊活動による列車転覆事件である。機関助士1名が即死、機関士2名と乗客3名が負傷したが、その後機関士2名も死亡したため、死者は3名になった。同年に発生した松川事件と同様の手口であり、なんらかの意図を持って行われた鉄道テロであるといわれているが、事件の真相は明らかにならなかった。

1964年5月9日に列車転覆致死罪とした場合の公訴時効が成立し、未解決事件となった。文献によっては「浅海事件」とも称される[1]

事件の概要[編集]

1949年5月9日午前4時23分、香川県高松市高松桟橋駅を出発して宇和島駅に向かっていた予讃線準急第一旅客列車が、愛媛県温泉郡難波村(現在は北条市を経て愛媛県松山市北条)にある浅海駅付近にある北条町難波大浦の切通しカーブに時速約55kmで差しかかったところ、機関車が転覆した。その直後、およそ40m突進し続けた列車は、右方の丘に激突した後120度急旋回し高さ8mの崖に乗り出して停止した。さらに炭水車と2両の客車が続いてL字型に脱線し、機関助士ら3名が胴体切断及び全身火傷で死亡したが、別の機関士1名は自力で這い出し奇跡的に生還する。

迷宮入り[編集]

現場検証によると、継ぎ目板2カ所4枚、ボルト8本、犬釘7本が故意に抜き取られており、レールが75ミリずらされていた。現場付近に残されていたバールスパナにはローマ字の刻印があり、明らかに国鉄で使っていたものではないことが判明した。しかしその手口が高度なこともあり、犯人は単独犯ではなく5 - 6人の犯行と見られたため、列車転覆致死傷罪で捜査したが、3ヶ月後に発生した同じく列車転覆致死傷事件である松川事件と同様に事件の真相が判明せず未解決事件となった。1964年5月9日に列車転覆致死罪とした場合の公訴時効が成立した。

また、国鉄の労働争議に対するGHQによる押さえ込みのために、事件が起こされたとする陰謀説がくすぶっている。

不可思議な点[編集]

  • 事件現場において事件発生推定時刻の10分ほど前に通過するはずだった貨物車両が、なぜかその直前の位置で急に引き込み線に入って事件現場を避けていた。よって、事件現場には約40分間にも渡る空白ができていたということになる。
  • 事件現場に残されていた線路の枕木に、なぜか米軍の軍靴の跡が付着していた。
  • なお、事件後に最も疑いのかかった容疑者日本人男性)が留置所で服毒自殺したので、さらに事件の捜査が難航する原因となった。

その後[編集]

事件から13回忌に当たる1961年、事件現場に「殉難之碑」が建立された[1]。碑は2001年の芸予地震でひびが入る被害を受けた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “列車転覆「浅海事件」から70年 記憶継承へ決意を新たに”. 愛媛新聞. (2019年5月6日). https://www.ehime-np.co.jp/article/news201905060020 2019年5月6日閲覧。 

関連項目[編集]