事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

事件(じけん)とは

  1. 争い・犯罪・騒ぎ・事故など、人々の関心をひく出来事[1]。人々の話題になるようなものを指すことが多い[2]。 → 前者の意味での用例 を参照。
  2. 法令用語としては、事柄・案件のこと。官公庁におけるある種の手続について個別の手続を「事件」と呼び、事件番号を付すなどして管理されることがある。住民票の請求、情報公開請求、許可申請、戸籍訂正申立て、損害賠償請求、犯罪捜査など、いずれも事件である。裁判実務上は、訴訟事件の略としても使用される。 → 後者の意味での用例 を参照。

日本語としての「事件」[編集]

日本語の「事件」の語は、「事柄」「案件」を表す語から構成されており、元来、犯罪性、騒擾そうじょう性という意味はないが、犯罪性、騒擾そうじょう性のある出来事の意味で用いられることが多い。「殺人事件」・「強盗事件」などは1と2の両方の意味を持つことがある。

騒動や事故でも社会的な影響が大きい場合は「事件」と呼ばれることがある。

前者の意味での用例[編集]

など

後者の意味での用例[編集]

など

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『大辞林 第三版』
  2. ^ 『岩波国語辞典 第七版』
  3. ^ 法務省:刑事事件フローチャート”. www.moj.go.jp. 2021年4月6日閲覧。

関連項目[編集]