事業プロセス・モデリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

(10:19, 20 May 2011 UTC)の翻訳

Example of business process modeling of a process with a normal flow with the Business Process Modeling Notation.

システム工学とハードウエア工学における事業プロセス・モデリング(Business Process Modeling)は、現在のプロセスが分析され改善されるかもしてないため、ある事業体のプロセス・モデリングの活動である。事業プロセス・モデリングは、典型的に、事業分析家とプロセスの効率と品質を改善しようとするマネージャによって実行される。事業プロセス・モデリングによって始められるプロセス改善は、プロセス・マスターを創作することによって、事業プロセスをモデル化する必要のためが共通な駆動力であり、情報技術進化の要求かもしれないしそうでないかもしれない。

変更管理プログラムは、典型的に改善された事業プロセスを実践に移すことにかかわる。大きなプラットフォーム・ベンダーから先進技術を伴った、完全実行可能な(そしてシミュレーションや両方向エンジニアリングの能力を持つ)事業プロセス・モデリングのバージョンが連日現実に近づいてきている。

目次

歴史

フローチャート、機能フロー・ブロック・ダイアグラム、コントロール・フロー・ダイアグラム、ガント・チャート、PERT図、及びIDEFのような、事業プロセスをモデル化する技法が、20世紀の初めから登場してきた。ガント・チャートは1899年前後に、1920年代にフローチャートが、機能フロー・ブロック・ダイアグラムとPERTが1957年に、データ・フロー・ダイアグラムとIDEFが1970年代に始めて現れた。近代的な手法は統一モデリング言語BPMNである。これらの表現は、事業プロセスをドキュメント化するため年代を超えて使われる手法論の分派である。[1] 用語事業プロセス・モデリング自身は、システム工学の分野で1967年のS. Williams の論文『事業プロセス・モデリングは管理的統制を改善する』によって、1960年代に造られた。[2] 彼のアイデアは、物理的コントロール・システムのより良い理解を得るための技術は、事業プロセスのためと類似の方法を使うことによって行われるであった。その用語は1990年代以前までに普及した。

1990年代に用語プロセス が新しい生産性パラダイムになった。[3] 会社は、機能及び手順の代わりにプロセスを考えることを奨励された。プロセス思考は、購入から供給まで、注文取出しから販売まで等、会社におけるイベントのチェーンを見る。近代の手法が機能横断的アクティビティに焦点を当てる一方で、伝統的なモデリング・ツールは、時間とコストを描くため開発された。これらの機能横断的アクティビティは、複雑性と依存性の拡大による数と重要性を厳しく増大させた。 事業プロセス再設計、事業プロセス進化、事業プロセス管理、 統合化された事業計画のような 新しい方法論は全て、『会社を構成する伝統的な機能を横断してプロセスを改善することを目指している』。[3]

ソフトウエア工学 分野における用語『事業プロセス・モデリング』は、ソフトウエア開発中の実践の状態により焦点を当てることを目指している、一般的ソフトウエア・プロセス・モデリングとは対峙している。[4] 1990年代初期に、事業プロセスを描く全ての既存と新しいモデリング技法が考察され、『事業プロセス・モデリング言語』と呼ばれた。オブジェクト指向アプローチにおいて、それは、事業アプリケーション・システムの使用における本質的ステップであるべきと考えられた。事業プロセス・モデリングは、新しい方法論の基盤となった。データ収集、データ・フロー分析、プロセス・フロー・ダイアグラム、あるいは報告ファシリティの支援もまたその例である。だいたい1995年に、事業プロセスのモデリングと実装のための可視化指向ツールが現れた。

事業プロセス・モデリングのトピックス

事業モデル

事業モデル は、経済的、社会的、及びその他の価値の形式を創り出すフレームワークである。用語'事業モデル'は、そこで、目的、提供物、戦略、インフラ、組織的構造、取引実践、及び運用プロセスと方針を含む、事業の中核局面を表現する非公式及び公式な記述の幅広いレンジで使われる。

ほとんど基本的感覚で事業モデルは、会社がそれ自身維持できる、すなわち収益を得る、事業を行う方法である。事業モデルは、どのように会社が価値チェーンにおけるどこに位置付くかを特定することによってお金を作れるかを唱える。

事業プロセス

事業プロセスは、特定の顧客または顧客のため、特定のサービスまたはプロダクト(特定化された目標)を創り出す、関係づけられ、構造化されたアクティビティまたはタスクの集合である。事業プロセスには主に下記の3つのタイプがある:

  1. 管理プロセス (Management process):システムの運用を統治するプロセス、典型的な管理プロセスには『企業統治 (Corporate Governance) 』と『戦略管理 (Strategic Management)"』を含む。
  2. 運用プロセスは、中核事業 (Core business)を構成し、主要な価値ストリームを作り出すプロセス。典型的な運用プロセスには、調達 (Purchasing}、製造 (Manufacturing)、宣伝 (Advertising)とマーケティング (Marketing)、及び販売 (Sales)である。
  3. 支援プロセスは、中核プロセスを支援する。その例は、会計 (Accounting)、リクルート (Recruitment})、技術サポート ([http://en.wikipedia.org/wiki/Technical_support Technical support)である。

事業プロセスは、それら自身の属性を持つ、複数のサブプロセスに分割できるが、しかしスーパー・プロセスの目標を達成するため貢献する。事業プロセスの分析は、典型的に、プロセスのマッピングとアクティビティ・レベルへのサブプロセスを含む。事業プロセス・モデルは、1つ以上の事業プロセスのモデル (model)化であり、そして運営が組織の向かう目的を達成するため実行される道筋を定義する。そのようなモデルは、抽象的に残され、そのモデルの用途に依存する。それは、ワークフローまたは事業プロセス間の統合を記述出来る。それは多層に構築できる。

ワークフロー (Workflow)は、人の作業、単純なあるいは複雑なメカニズム、人のグループの作業、[5] 、組織的スタッフまたは機械の作業のように宣言された、オペレーション・シーケンスの描写である。ワークフローは、実作業、作業共有(ワークシェア)に割り振られた、作業分離あるいは支持のタイプ何であろうと、あらゆる抽象として見られるかもしれない。 統制目的のため、ワークフローは、選ばれた局面の下での実作業のビューかもしれない。

創作物中心の事業プロセス

創作物中心事業プロセス・モデルが、それが事業プロセスの運用的仕様を獲得する高い柔軟性を持ったソリューションを提供する、事業プロセスのモデリングのための新しい有望なアプローチとして登場した。それは特に、事業関連のデータ・オブジェクト、それらのライフサイクル、及び関係するサービスを特徴づけることにより『創作物』として知られる、事業プロセスのデータを記述することに焦点を当てる。創作物中心プロセス・モデリング・アプローチは、事業運営とワークフロー確立と進化の柔軟性を支援する自動化を促進する。

事業プロセス・モデリングのツール

Business process modeling tools provide business users with the ability to model their business processes, implement and execute those models, and refine the models based on as-executed data. As a result, business process modeling tools can provide transparency into business processes, as well as the centralization of corporate business process models and execution metrics.[6]

モデリングとシミュレーション

Modeling and simulation functionality allows for pre-execution “what-if” modeling and simulation. Post-execution optimization is available based on the analysis of actual as-performed metrics.[6]

Business process modeling diagrams are:

  • Use case diagrams created by Ivar Jacobson, 1992. Currently integrated in UML
  • Activity diagrams, also currently adopted by UML

Some business process modeling techniques are:

BPMのプログラミング・ツール

BPM suite software provides programming interfaces (web services, application program interfaces (APIs)) which allow enterprise applications to be built to leverage the BPM engine.[6] This component is often referenced as the engine of the BPM suite.

Programming languages that are being introduced for BPM include:[8] Some standards:

Some vendor-specific languages:

  • Architecture of Integrated Information Systems (ARIS) supports EPC,
  • Java Process Definition Language (JBPM),

Other technologies related to business process modeling include model-driven architecture and service-oriented architecture.

関係するトピックス

事業参照モデル(BRM)

Example of the US Federal Government Business Reference Model.[9]

A business reference model is a reference model, concentrating on the functional and organizational aspects of an enterprise, service organization or government agency. In general a reference model is a model of something that embodies the basic goal or idea of something and can then be looked at as a reference for various purposes. A business reference model is a means to describe the business operations of an organization, independent of the organizational structure that perform them. Other types of business reference model can also depict the relationship between the business processes, business functions, and the business area’s business reference model. These reference models can be constructed in layers, and offer a foundation for the analysis of service components, technology, data, and performance.

The most familiar business reference model is the Business Reference Model of the US Federal Government. That model is a function-driven framework for describing the business operations of the Federal Government independent of the agencies that perform them. The Business Reference Model provides an organized, hierarchical construct for describing the day-to-day business operations of the Federal government. While many models exist for describing organizations - organizational charts, location maps, etc. - this model presents the business using a functionally driven approach.[10]

事業プロセス統合

Example of the interaction between business process and data models.[11]

A business model, which may be considered an elaboration of a business process model, typically shows business data and business organizations as well as business processes. By showing business processes and their information flows a business model allows business stakeholders to define, understand, and validate their business enterprise. The data model part of the business model shows how business information is stored, which is useful for developing software code. See the figure on the right for an example of the interaction between business process models and data models.[11]

Usually a business model is created after conducting an interview, which is part of the business analysis process. The interview consists of a facilitator asking a series of questions to extract information about the subject business process. The interviewer is referred to as a facilitator to emphasize that it is the participants, not the facilitator, who provide the business process information. Although the facilitator should have some knowledge of the subject business process, but this is not as important as the mastery of a pragmatic and rigorous method interviewing business experts. The method is important because for most enterprises a team of facilitators is needed to collect information across the enterprise, and the findings of all the interviewers must be compiled and integrated once completed.[11]

Business models are developed as defining either the current state of the process, in which case the final product is called the "as is" snapshot model, or a concept of what the process should become, resulting in a "to be" model. By comparing and contrasting "as is" and "to be" models the business analysts can determine if the existing business processes and information systems are sound and only need minor modifications, or if reengineering is required to correct problems or improve efficiency. Consequently, business process modeling and subsequent analysis can be used to fundamentally reshape the way an enterprise conducts its operations.[11]

事業プロセス・リエンジニアリング(BPR)

Business Process Reengineering Cycle.

Business process reengineering (BPR) is an approach aiming at improvements by means of elevating efficiency and effectiveness of the processes that exist within and across organizations. The key to business process reengineering is for organizations to look at their business processes from a "clean slate" perspective and determine how they can best construct these processes to improve how they conduct business.

Business process reengineering (BPR) began as a private sector technique to help organizations fundamentally rethink how they do their work in order to dramatically improve customer service, cut operational costs, and become world-class competitors. A key stimulus for reengineering has been the continuing development and deployment of sophisticated information systems and networks. Leading organizations are becoming bolder in using this technology to support innovative business processes, rather than refining current ways of doing work.[12]

事業プロセス管理

Business process management is a field of management focused on aligning organizations with the wants and needs of clients. It is a holistic management approach[要出典] that promotes business effectiveness and efficiency while striving for innovation, flexibility and integration with technology. As organizations strive for attainment of their objectives, business process management attempts to continuously improve processes - the process to define, measure and improve your processes – a "process optimization" process.

下記も見よ

参照

  1. ^ Thomas Dufresne & James Martin (2003). "Process Modeling for E-Business". INFS 770 Methods for Information Systems Engineering: Knowledge Management and E-Business. Spring 2003 [リンク切れ]
  2. ^ Williams, S. (1967) "Business Process Modeling Improves Administrative Control," In: Automation. December, 1967, pp. 44 - 50.
  3. ^ a b Asbjørn Rolstadås (1995). "Business process modeling and reengineering". in: Performance Management: A Business Process Benchmarking Approach. p. 148-150.
  4. ^ Brian C. Warboys (1994). Software Process Technology: Third European Workshop EWSPT'94, Villard de Lans, France, February 7–9, 1994 : Proceedings. p. 252.
  5. ^ See e.g., ISO 12052:2006
  6. ^ a b c Workflow/Business Process Management (BPM) Service Pattern June 27, 2007. Accessed 29 nov 2008.
  7. ^ Ould, Martyn A (2005). Business Process Management: A Rigorous Approach. British Computer Society
  8. ^ Business Process Modeling FAQ. 2008年11月2日閲覧。
  9. ^ FEA (2005) FEA Records Management Profile, Version 1.0. December 15, 2005.
  10. ^ FEA Consolidated Reference Model Document. May 2005. [リンク切れ]
  11. ^ a b c d Paul R. Smith & Richard Sarfaty (1993). Creating a strategic plan for configuration management using Computer Aided Software Engineering (CASE) tools. Paper For 1993 National DOE/Contractors and Facilities CAD/CAE User's Group.
  12. ^ Business Process Reengineering Assessment Guide, United States General Accounting Office, May 1997.

更なる読み物

ウィキメディア・コモンズ

Template:Software Engineering Template:Systems Engineering

今日は何の日(8月22日

もっと見る

「事業プロセス・モデリング」のQ&A