二ツ井今泉道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
Japanese National Route Sign 0007.svg
E7 二ツ井今泉道路
国道7号
日本海沿岸東北自動車道に並行する
自動車専用道路
総延長 4.5 km
制定年 2012年
起点 秋田県能代市二ツ井町小繋
終点 秋田県北秋田市今泉
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

二ツ井今泉道路(ふたついいまいずみどうろ)は、秋田県能代市二ツ井町小繋から北秋田市今泉までの国道7号バイパス道路である。日本海沿岸東北自動車道に並行する国道7号自動車専用道路として2012年平成24年)度に事業化。

概要[編集]

日本海沿岸東北自動車道の二ツ井白神ICから大館能代空港ICまでの間は長らく基本計画区間だったが、地元でのアンケートなどを元に早期の全線開通を目指して2011年(平成23年)8月に計画段階評価を完了し、2012年(平成24年)度から事業化した。

当初は新たな自動車専用道路を建設する案もあったが、地元のアンケート結果などは費用の圧縮と早期開通を最優先とする意見が多く、二ツ井白神ICから能代市二ツ井町小繋までを二ツ井バイパス国道7号)を再事業化して自動車専用道路に、能代市二ツ井町小繋から大館能代空港ICまでを二ツ井今泉道路(バイパス道路)、および秋田県道325号大館能代空港西線の改良工事とバイパス道路(鷹巣西道路)として事業化することに決定した[1]

開通後は、秋田自動車道二ツ井白神ICから国道7号現道(二ツ井バイパス)を経由し当道路に接続し、また終点では秋田県道325号大館能代空港西線(鷹巣西道路)を経由し、鷹巣大館道路へ連続する予定である[2]

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 2011年(平成23年)
    • 8月24日 - 国土交通省、整備計画策定の前提となる計画段階評価に着手[3]
    • 12月17日 - 国土交通省が二ツ井バイパスと連続する二ツ井今泉道路の事業費を予算に盛り込む[4]
  • 2012年(平成24年)8月24日 - 中心杭設置式を開催し、工事が開始される[1]

インターチェンジなど[編集]

この節には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(○后坂藤里峡公園線の【きみまちざか】の1文字目は行人偏に奚)が含まれています(詳細)。
  • 上側が起点側、下側が終点側。
  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。
  • 未開通区間のIC名は仮称。
IC
番号
施設名 接続路線など 起点
から
(km)
二ツ井バイパスへ連続:予定
- 小繋IC(仮称):予定 国道7号(現道)
秋田県道322号徯后坂藤里峡公園線:予定
0.0
- 今泉IC(仮称):予定 国道7号(現道)
秋田県道325号大館能代空港西線(現道):予定
4.5
秋田県道325号大館能代空港西線へ連続:予定

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「二ツ井今泉道路」・「鷹巣西道路」の 中心杭設置式を開催します - 能代河川国道事務所(2012年8月22日) (PDF)
  2. ^ “記者発表資料” (PDF) (プレスリリース), 能代河川国道事務所, (2011年1月25日), http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/32554_1.pdf 2012年6月29日閲覧。 
  3. ^ “日本海沿岸東北自動車道(二ツ井白神-あきた北空港)計画段階評価について” (PDF) (プレスリリース), 能代河川国道事務所, (2011年8月24日), http://www.thr.mlit.go.jp/road/ir/shouiinkai/pdf/110825/06_siryou4.pdf 2012年6月29日閲覧。 
  4. ^ “日沿道「二ツ井今泉」新規事業に盛り込む 東北整備局が県に通知”. 北鹿新聞: p. 1. (2011年12月17日) 

参考文献[編集]

関連項目[編集]