二十四山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

二十四山(にじゅうしざん)は、方位の分割方法、あるいは分割されてできた24の方位の総称である。二十四方(にじゅうしほう)ともいう。

二十四方

十干から中央に配置される五行である土行のを除いた8つの干と十二支に、八卦から四隅に配置される、の4つを加えた24の要素で全方位360度を分割する。したがってそれぞれの方位間隔は15°となる。8つの干は、その五行に対応する4つの方位の中心を指す十二支の両側に配置され、巽、坤、乾、艮の4つは本来の四隅に配置される。

風水を含む中国占術の多くは、方位分割としてこの二十四山を採用している。

一覧[編集]

二十四山 種類 方位角 八方 時刻
00 00時
みずのと 015° 01時
ちゅう うし 030° 02時
ごん うしとら 045° 北東 03時
いん とら 060° 04時
こう きのえ 075° 05時
ぼう 090° 06時
いつ きのと 105° 07時
しん たつ 120° 08時
そん たつみ 135° 南東 09時
150° 10時
へい ひのえ 165° 11時
うま 180° 12時
てい ひのと 195° 13時
ひつじ 210° 14時
こん ひつじさる 225° 南西 15時
しん さる 240° 16時
こう かのえ 255° 17時
ゆう とり 270° 西 18時
しん かのと 285° 19時
じゅつ いぬ 300° 20時
けん いぬい 315° 北西 21時
がい 330° 22時
じん みずのえ 345° 23時