二和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 千葉県 > 船橋市 > 二和
二和西
千葉県立船橋二和高等学校
千葉県立船橋二和高等学校
二和西の位置(千葉県内)
二和西
二和西
二和西の位置
北緯35度44分42.71秒 東経140度0分42.49秒 / 北緯35.7451972度 東経140.0118028度 / 35.7451972; 140.0118028
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Funabashi, Chiba.svg 船橋市
人口
2017年(平成29年)11月1日現在)[1]
 • 合計 6,466人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
274-0806[2]
市外局番 047[3]
ナンバープレート 習志野
二和東
二和向台駅駅舎(2007年9月20日)
二和向台駅駅舎(2007年9月20日)
北緯35度45分13.34秒 東経140度1分25.21秒 / 北緯35.7537056度 東経140.0236694度 / 35.7537056; 140.0236694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Funabashi, Chiba.svg 船橋市
人口
2017年(平成29年)11月1日現在)[1]
 • 合計 9,047人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
274-0805[4]
※写真のデイリーヤマザキは閉店しており現在は整骨院が入っている。

二和(ふたわ)は、千葉県船橋市にある地名1981年住居表示実施後の町名は二和西及び二和東となっており、旧町名の「二和町」は現存しない。本項では旧地名の二和と現町名の二和西・二和東を包括して記述する。

地理[編集]

二和川利根川水系)が流れているため今でもや空き地が多いが、駅に近い所から住宅開発が進められている。詳しくは二和東1〜6丁目及び二和西1〜6丁目の節を参照のこと。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、二和東6-6-5の地点で10万1000円/m2となっている。[5]

歴史[編集]

明治時代初期に下総台地小金牧、佐倉牧の土地を貧民救済のため入植開墾させた際、入植した順番に数字を振り、瑞祥地名をつけたことに由来する。これらの地名は数字の順に初富二和三咲豊四季五香六実、七栄、八街、九美上、十倉十余一十余二十余三と続く。

二和は、1889年(明治22年)の町村制施行時には東葛飾郡八栄村大字二和となった。1937年昭和12年)、船橋町、葛飾町、八栄村、法典村塚田村が合併して船橋市が成立し、二和は同市の大字となる。1940年、船橋市は市内の大字を廃して「町」に再編し、大字二和は二和町に変更。1981年(昭和56年)の住居表示により、当地区は二和東1〜6丁目及び二和西1〜6丁目となり、それまでの二和町は廃止された。

交通[編集]

二和東に新京成電鉄新京成線二和向台駅がある。大抵の住民はこの駅を使うが、場所によっては三咲駅鎌ヶ谷大仏駅鎌ケ谷市)の方が近い地域もある。

二和東1〜6丁目[編集]

二和東(ふたわひがし)は、二和の東部の地名。郵便番号は274-0805[4]

隣接町名[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)11月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
二和東一丁目 199世帯 466人
二和東二丁目 236世帯 629人
二和東三丁目 478世帯 1,427人
二和東四丁目 279世帯 801人
二和東五丁目 1,455世帯 3,093人
二和東六丁目 1,289世帯 2,631人
3,936世帯 9,047人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
二和東一丁目 全域 船橋市立二和小学校 船橋市立御滝中学校
二和東二丁目 全域
二和東三丁目 5番
8~23番
船橋市立三咲小学校
1~4番
6・7番
24・25番
船橋市立二和小学校
船橋市立三咲小学校
※どちらか選択
二和東四丁目 1番~7番
8〜18番 船橋市立三咲小学校
二和東五丁目 全域
二和東六丁目 全域

施設[編集]

1丁目

3丁目

4丁目

5丁目

6丁目

二和西1〜6丁目[編集]

二和西(ふたわにし)は、二和の西部の地名。郵便番号は274-0806[2]

隣接町名[編集]

  • 鎌ケ谷(鎌ケ谷市)(北)
  • 二和東(東)
  • 金杉(南)
  • 南鎌ケ谷(鎌ケ谷市)(南西~西)

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)11月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
二和西一丁目 540世帯 1,186人
二和西二丁目 320世帯 841人
二和西三丁目 385世帯 1,025人
二和西四丁目 677世帯 1,630人
二和西五丁目 316世帯 952人
二和西六丁目 382世帯 832人
2,620世帯 6,466人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
二和西一丁目 3番2~15号
6~9番
船橋市立金杉台小学校 船橋市立金杉台中学校
1・2番
3番1号
4・5番
10番
船橋市立二和小学校
船橋市立金杉台小学校
※どちらか選択
船橋市立御滝中学校
船橋市立金杉台中学校
※どちらか選択
二和西二丁目 全域
二和西三丁目 全域
二和西四丁目 1~9番 船橋市立二和小学校
船橋市立金杉台小学校
船橋市立三咲小学校
※どちらか選択
10~36番 船橋市立三咲小学校 船橋市立御滝中学校
二和西五丁目 16~19番
1~15番 船橋市立二和小学校
船橋市立金杉台小学校
船橋市立三咲小学校
※どちらか選択
船橋市立御滝中学校
船橋市立金杉台中学校
※どちらか選択
二和西六丁目 1~6番
7~27番 船橋市立三咲小学校 船橋市立御滝中学校

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 船橋市町丁別人口”. 船橋市 (2017年11月24日). 2017年11月30日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月1日閲覧。
  4. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月30日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ a b 小・中学校通学区域表(住所別)”. 船橋市 (2016年12月22日). 2017年11月30日閲覧。