二宮周平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
二宮 周平
人物情報
生誕 神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
出身校 大阪大学法学部
同大学院法学研究科博士課程
学問
研究分野 民法家族法
研究機関 松山大学
立命館大学
博士課程
指導教員
久貴忠彦
指導教員 太田武男
主な指導学生 佐々木健専修大学准教授)
学位 法学博士大阪大学・1991年)
学会 日本私法学会
日本法社会学会
日本家族(社会と法)学会
主な受賞歴 尾中賞(家族法学術奨励賞)(1991年)
脚注
テンプレートを表示

二宮 周平(にのみや しゅうへい、1951年5月27日 - )は、日本の法学者民法法学博士立命館大学法学部教授。

略歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ、愛媛県松山市育ち。愛媛県立松山東高等学校を経て、大阪大学大学院法学研究科で学ぶ。松山商科大学(現在の松山大学)専任講師、助教授を経て1985年立命館大学法学部に着任する。2009年4月より2012年3月法学部長及び学校法人立命館常任理事、2015年4月から2017年3月まで立命館大学図書館長を歴任し、2017年3月31日付けをもって定年退官した[1]

2011年12月5日よりジェンダー法学会の第5期理事長に就任した(2014年12月まで)[2][1]

人物[編集]

  • 夫婦別姓訴訟において原告側の主張を支持する立場の意見書を書いた[3][4]
  • ナインティナインの岡村隆史が退学した際にその事務を担当した[5]

家族法に関する主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度については、「氏名は個人個人の人格の象徴であって、氏名権は人格権の一部だと考えられる。結婚によって自分の意思にかかわらず一方が変えなければならないということは許されない」「2010年の国勢調査で、一番多い世帯は単独の世帯で32.4%。夫婦と子どもから成る世帯は1970年には46.1%もあったのに27.9%に減った。もちろん三世代同居やひとり親の家庭もある。家族が多様化する中で求められているのは、個人一人ひとりを大切にする社会のシステム」と述べている[6]
  • 婚外子差別問題について、 「不倫を助長するという意見があったが、逆だ。婚外子の相続差別は、『俺はおまえ以外の女性と子どもをつくったが、相続分は半分だから心配しなくていい』という言い逃れに使われてきた。」と述べ、差別解消に賛同する[6]

著書[編集]

  • 『家族と法』(岩波書店、2007年)
  • 『事実婚の現代的課題』(日本評論社、1990年)
  • 『家族法第2版』(新世社 2005年)
  • 『家族法第3版』(新世社 2009年)
  • 『21世紀のジェンダー論(改定版)』(池内靖子と共著、晃洋書房、2004年)
  • 『同性パートナー』(赤杉康伸・土屋ゆき・筒井真樹子編、社会批評社、2004年)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 退職記念講義】「家族の多様性と個人の尊重~研究の過去・現在・未来~」 - ウィメンズ アクション ネットワーク(WAN)2017年12月20日 閲覧
  2. ^ 第9回学術総会及び新理事長・新理事・監事の選出のお知らせ”. ジェンダー法学会. 2012年11月12日閲覧。
  3. ^ 別姓訴訟を支える会2017年12月20日 閲覧
  4. ^ 二宮周平(2013年8月) 夫婦別姓訴訟、控訴審のステージへ”. 立命館大学法学部・法科大学院 研究GATEWAY. 2017年12月20日閲覧。
  5. ^ 本人談[要出典]
  6. ^ a b 「家族はどこへ向かうのか」日本経済新聞 (2014年4月15日・朝刊)