二宮清純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
にのみや せいじゅん
二宮 清純
生誕 (1960-02-25) 1960年2月25日(61歳)
愛媛県八幡浜市[1]
国籍日本の旗 日本
教育修士(学術)
職業評論家スポーツジャーナリスト
株式会社スポーツコミュニケーションズ代表取締役
広島大学特別招聘教授
大正大学地域構想研究所客員教授
認定NPO法人健康都市活動支援機構理事
公式サイトhttps://www.ninomiyasports.com

二宮 清純(にのみや せいじゅん、1960年2月25日[2] - )は、日本評論家スポーツジャーナリスト愛媛県八幡浜市出身。2000年よりスポーツの情報やコラムを配信し、講演やシンポジウムも手掛ける事業会社、株式会社スポーツコミュニケーションズ代表取締役[3]。なお、「せいじゅん」はペンネームであり、本名は「きよすみ」と読む。

経歴・人物[編集]

二宮の実家は10代以上続く農家で、屋号は「川宇」。河野屋宇兵衛という江戸時代の庄屋に端を発する。二宮は幼少の頃は巨人ファンだったが、瀬戸内海を挟んだ広島県から聴こえる中国放送(RCCラジオ)のラジオ野球中継を聴きくうちに、広島東洋カープファンとなった。愛媛県立八幡浜高等学校卒業後、上京し日本大学商学部在学中からスポーツ誌などに寄稿していた。スポーツ紙のプロレス担当記者や流通業界紙の記者を経て独立。その後、明治大学大学院に進み、博士前期課程修了・学術修士。フリーのスポーツジャーナリストとしてテレビ出演や新聞、雑誌への寄稿、講演活動を精力的にこなしている一方で、地域に密着したスポーツクラブ作りにも参画している。その一環として、2017年に中国経済産業局が主導する「中国地域プロスポーツ団体等による連携プラットフォーム構築事業」(スポコラファイブ)プロジェクトマネージャーに就任。日本トップリーグ連携機構代表理事会長の川淵三郎を名誉顧問に招く。2020年には経済産業省「地域×スポーツクラブ産業研究会」委員に就任した。また、大正大学地域構想研究所 客員教授[4]、伊予観光大使(いよかん大使)[5]広島大学特別招聘教授[6]なども務める。

二宮の取材実績として、夏季オリンピックは1988年ソウル大会から2008年北京大会まで連続で現地取材を行っている。冬季オリンピックも1998年長野大会、2002年ソルトレイクシティ大会を現地取材、サッカーW杯も1990年イタリア大会から2006年ドイツ大会まで5大会連続で現地取材している。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の森喜朗は、二宮を「この人は辛口だけど、どちらかに偏らずきちんと取材をしてくれる。疑問点があれば地方からでも電話をよこす」と評している[7]。なお国際オリンピック委員会(IOC)国際サッカー連盟(FIFA)の権威主義的体質、腐敗・汚職に対しては改革が必要との立場で、両組織の内幕に迫った「盗まれたワールドカップ」(デヴィッド・ヤロップ著、アーティストハウス、1999年)、「オリンピック秘史 120年の覇権と利権」(ジュールズ・ボイコフ著、早川書房、2018年)に解説文を寄せている。

ジャーナリストとして、オリンピック競技パラリンピック競技野球サッカーラグビープロボクシング大相撲プロレス等を取材している。日本経済新聞スポーツニッポン新聞サンデー毎日週刊現代文藝春秋週刊大衆週刊アサヒ芸能地域人金融財政ビジネスビッグコミックオリジナル漫画ゴラク小説宝石フィナンシャルジャパン経済界Numberなどにて連載。二宮の著作上の評価に関して歴史学者の加藤陽子は「ノンフィクション100選」にて、二宮が2000年に上梓した「最強のプロ野球論」を選出し、「野球の見方の技法を創造した本」と論じている。1996年に三池崇史が監督を務め、ケイエスエスが公開したオリジナルビデオシリーズ「大阪最強伝説 喧嘩の花道」の原作者でもある。

またテレビやラジオ番組の構成も手掛け、1996年には自らが企画した「野茂&ラモス 世界に翔くドリームトーク」(ニッポン放送)の構成でギャラクシーラジオ優秀賞受賞。野茂英雄は、自らのメジャーリーグ挑戦を支持した二宮について「多くのマスコミが、機構や球団にべったりになっている中、きちんと筋を通し、各メディアで野球協約の不備や日本球界の閉鎖性を鋭く指摘してくれました」と述べている[8]。ニッポン放送との縁は深く、2009年から2010年にかけて放送された『二宮清純のオールナイトニッポンサンデー』では脳科学者の茂木健一郎、作曲家の久石譲、ジャーナリストの池上彰と週替わりでパーソナリティーを担当し、「スポーツの魅力をディープに語り尽くす」をコンセプトに元横綱の輪島大士、野球評論家の中西太、劇画原作者の長崎尚志らをゲストに招いた。また2009年から2012年にかけて放送された、BS朝日のトーク形式のドキュメンタリー番組「勝負の瞬間(とき)」ではインタビュアーを務め、内川聖一田臥勇太野村克也中澤佑二宮崎大輔白鵬長谷川穂積杉山愛諸見里しのぶ岩隈久志清水宏保吉田秀彦武豊青木宣親新田佳浩村上幸史佐藤琢磨川口能活遠藤保仁大畑大介内山高志前田健太竹下佳江工藤公康井村久美子西岡利晃為末大寺川綾宮間あや三宅宏実らをゲストに招き、後にインタビュー集は角川マーケティングより書籍化された。

スポーツ解説者としては、1995年から1998年にかけてニッポン放送「ショウアップナイター」でメジャーリーグを担当。1996年11月3日、TBSで放送されたジョージ・フォアマンのボクシングWBU世界ヘビー級タイトル戦では、アントニオ猪木とともに解説を務めた。その他、「RCCカープナイター」にも、しばしばゲスト解説者として出演している。2000年から2001年にかけて、NHK「サンデースポーツ」のレギュラーコメンテーター、2007年から2015年にかけて小学館ノンフィクション大賞選考委員も務めた。他に2002FIFAワールドカップ記念日本サッカーミュージアム アドバイザリーボード委員、認定NPO法人健康都市活動支援機構理事、公益社団法人ニュービジネス協議会連合会特別委員、フジサンケイグループ広告大賞 クリエイティブ部門審査員、TBSラジオ&コミュニケーションズ番組審議会委員、スカパーJSATグループ番組審議会委員なども歴任した。

二宮はスポーツライティングの分野にとどまらず、政治・経済に関する発言も多く衆議院議員の河野太郎との共著で「変われない組織は滅びる」(祥伝社新書)、またビジネス書として羽生善治との共著「歩を『と金』に変える人材活用術」(廣済堂新書)というタイトルの本も出版している。羽生善治は二宮について「以前、将棋雑誌で対局の観戦記を書いていただいたことがありました。その対局は深夜まで行われ、しめ切りは次の日の朝だったのですが、何事もないかのように文章をまとめられたと担当した人が言っていました。まさにプロの仕事という感じなのですが、今回の対談でそれを強く考えさせられました」と述べている[9]。なお、将棋好きが高じて、決着したはずの「投了図」から、負けた側をプロ、勝った側をゲストが受け持って対局する[10]NHK-BS2の「大逆転将棋2011」に出演し、広瀬章人王位の胸を借りたが敗れている。

2000年6月、スポーツの情報・コラムを配信し、講演やシンポジウムも手掛ける事業会社、株式会社スポーツコミュニケーションズを設立、代表取締役を務める。また、2010年には障がい者スポーツにおける国内初の総合サイト「挑戦者たち」をNPO法人STAND代表理事・伊藤数子(スポーツ庁スポーツ審議会委員)と共同で立ち上げ、二宮も米倉誠一郎宮澤保夫とともに同法人顧問に就任した。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『スポーツ人健康管理学:プロが勧めるトレーニング法』(ライト出版(ライトブックス・おもしろ情報百科)、1986年)
  • 『闘いか、しからずんば無…:UWF選ばれし者たちの軌跡』(池田書店、1988年)
  • 『平成プロ野球改造論』(芸文社、1990年)
  • 『勝ち方の美学』(講談社、1994年)
  • 『夢と闘争:ベースボール・ギャップ:野茂英雄の反骨人生』(ザ・マサダ、1996年)
  • 『スポーツ名勝負物語』(講談社現代新書、1997年、ISBN 9784061493810)
  • 『奇跡のリーダーシップ:チームをNO.1にした男たち』(小学館、1997年)
  • 『'99元祖プロ野球100の謎』(KSS出版、1999年)
  • 『Do or die : スポーツは誰のもの!?21世紀への提言集』(KSS出版、1999年)
  • 『1ミリの大河:新スポーツ論』(マガジンハウス、2000年、ISBN 9784838712502)
  • 『最強のプロ野球論』(講談社現代新書、2000年、ISBN 9784061495104)
  • 『600字の風景』(光進社、2000年)
  • 『メジャーリーグを10倍楽しむ方法』(ベストセラーズ、2001年)
  • 『ザ・甲子園:ヒーロー最強伝説』(学習研究社、2001年)
  • 『勝者の思考法』(PHP新書、2001年3月、ISBN 456961549X)
  • 『「超」一流の自己再生術』(PHP新書、2002年4月、ISBN 4569621708)
  • 『ワールドカップを読む』(ベストセラーズ、2002年4月、ISBN 4584186685)
  • 『プロ野球裁判:日本野球の未来のために』(学陽書房、2002年4月、ISBN 431381602X)
  • 『人を動かす勝者の言葉』(東京書籍、2002年7月、ISBN 4487796261)
  • 『スポーツを視る技術』(講談社現代新書、2002年10月、ISBN 4061496301)
  • 『天才セッター中田久美の頭脳』(新潮社、2003年3月、ISBN 4104590010)
  • 『摩天楼のダグアウト:メジャーリーグの流儀』(ぴあ、2003年4月、ISBN 4835600622)
  • 『ニッポンが生んだ「ゴジラ(松井秀喜)」の実力』(小学館、2003年5月、ISBN 409371391X)
  • 『プロ野球「人生の選択」』(廣済堂出版、2003年5月、ISBN 4331509435/ヒューマン文庫、2005年1月、ISBN 4331653641)
  • 『失敗を生かす12の物語:自己改革に成功した男たち』(光文社、2003年9月、ISBN 4334974104)
  • 『悪漢たちのプロ野球:超個性派ヒーローの系譜』(オークラ出版、2004年4月、ISBN 4775502646)
  • 『勝者の組織改革』(PHP新書、2004年1月、ISBN 4569636926)
  • 『プロ野球戦略会議 : 球界とマネー、球界改革の本質を問う!』(廣済堂出版、2006年4月、ISBN 4331511529)
  • 『負け組の奇跡:TDK野球部栄冠への321日』(ソフトバンククリエイティブ、2007年8月、ISBN 9784797338911)
  • 『プロ野球の一流たち』(講談社現代新書、2008年5月、ISBN 9784062879415)
  • 『野村克也知略と戦略:弱者を勝者に変えるメソッド』(PHP研究所、2009年11月、ISBN 9784569771748)
  • 『勝負の瞬間(とき)』(角川マーケティング、2011年3月)
  • 『天才たちプロ野球』(講談社、2012年4月、ISBN 9784062176903)
  • 『プロ野球の職人たち』(光文社新書、2012年4月、ISBN 9784334036782)
  • 『対論勝利学:一流アスリートに学ぶ"勝つ極意"』(第三文明社、2012年7月、ISBN 4476033148)
  • 『プロ野球「衝撃の昭和史」』(文春新書、2012年10月、ISBN 4166608819)
  • 『プロ野球 名人たちの証言』(講談社現代新書、2014年3月、ISBN 4062882566)
  • 『プロ野球の名脇役』(光文社新書
  • 『最強の広島カープ論』(廣済堂新書
  • 『野球パーフェクト図鑑 (もっと知りたい!図鑑)』(ポプラ社、2016年4月2日)
  • 『広島カープ最強のベストナイン』(光文社新書、2016年5月19日)
  • 『プロ野球 人生の選択 〜なぜあの選手は生き残ったのか?』(廣済堂新書、2018年9月29日)
  • 『歓喜と絶望のオリンピック名勝負物語』(廣済堂新書、2021年3月24日)

共著[編集]

解説[編集]

  • 『マネー・ボール』(マイケル・ルイス著、中山宥訳、ランダムハウス講談社、2004年3月)
  • 『オリンピック秘史 120年の覇権と利権』(ジュールズ・ボイコフ著、早川書房、2018年)

原作[編集]

連載[編集]

コラム

出演[編集]

プロ野球中継[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ TheaterPeople-二宮清純さんをお招きしました- - Onkyo”. オンキヨー. 2019年8月7日閲覧。
  2. ^ 二宮 清純(にのみや せいじゅん)|ご意見バン!|真相報道バンキシャ!”. 日本テレビ. 2019年8月7日閲覧。
  3. ^ 課題解決のサプリメント
  4. ^ 顧問・教授・研究員一覧│大正大学 地域構想研究所”. 大正大学 地域構想研究所. 2019年8月7日閲覧。
  5. ^ 伊予観光大使懇談 東京五輪キャンプ誘致を提言”. 愛媛新聞ONLINE (2015年3月11日). 2019年8月7日閲覧。
  6. ^ スポーツジャーナリストの二宮清純氏が講演「失敗したっていい、 野心を持とう!」(世界に羽ばたく。教養の力)”. 広島大学 (2019年5月21日). 2019年8月7日閲覧。
  7. ^ 五輪に「ワンチーム」は可能か? 中央公論(中央公論新社、2020年6月号). 2020年6月5日閲覧
  8. ^ 『夢と闘争:ベースボール・ギャップ:野茂英雄の反骨人生』(ザ・マサダ、1996年). 2020年6月4日閲覧
  9. ^ 『歩を「と金」に変える人材活用術』(2019年3月2日、廣済堂新書). 2020年6月4日閲覧
  10. ^ 公益社団法人日本将棋連盟.2020年8月4日閲覧