この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

二宮真琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

二宮真琴
Makoto Ninomiya
Tennis pictogram.svg
Ninomiya US16 (6) (29569563960).jpg
二宮真琴
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市
生年月日 (1994-05-28) 1994年5月28日(24歳)
身長 157㎝
体重 57kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2013年
ツアー通算 2勝
シングルス 0勝
ダブルス 2勝
生涯獲得賞金 582,681 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2016-18)
全仏 準優勝(2018)
全英 ベスト4(2017)
全米 1回戦(2016-18)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 280位(2016年2月22日)
ダブルス 23位(2018年6月11日)
獲得メダル
女子テニス
アジア競技大会
2018 ジャカルタ ダブルス
2018年9月22日現在
テンプレート  プロジェクト テニス

二宮 真琴(にのみや まこと、1994年5月28日 - )は、日本の女子プロテニス選手。広島県広島市出身。橋本総業ホールディングス所属。これまでにWTAツアーでダブルス2勝を挙げている。WTAランキング最高位はシングルス280位、ダブルス23位。身長157cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

日本人女子初となる日本人同士のペアでのグランドスラム決勝進出者[1]

来歴

広島市立鈴張小学校、広島市立清和中学校と進む。

テニスを始めたきっかけは、母親が広島市のNBテニスガーデンに通っていたことで、二宮が3歳の時にスクールに通う母親の脇でスポンジボールで遊び始め、6歳のときに同ガーデンのキッズスクールに入会したことによるものである[2]

小学校年代ではダンス水泳スキーとテニス以外のスポーツも熱心に行っており、10歳頃からテニス一本に絞った[2]。小学校5年生の時に「テニスのフットワーク強化」の狙いからサッカーも始めている[2]

2006年、小学校6年の時に中国・四国地区の合同ジュニア合宿のメンバーにも選ばれている[3]

2009年、広島市立清和中学校3年の時の全国中学生テニス選手権女子シングルスでは準決勝で日比野菜緒と対戦して敗れており、中学生年代ではタイトルを手にすることは出来なかった[4]

二宮も中学校卒業と同時に「テニスに専念したいです」として高校へ進学しないことも考えたが、指導者から「高校へ行った方がいいよ」とアドバイスされ[2]兵庫県西宮市の通信制高等学校である西宮甲英高等学院へ進む。西宮甲英では尾崎里紗と同級生になった[5]

2010年、高校1年次ではトヨタジュニアテニストーナメント(現・MUFGジュニアテニストーナメント)女子シングルスでは、加藤未唯穂積絵莉などを下して決勝へ勝ち上がり、決勝では小和瀬望帆にセットカウント2-0(6-1, 6-4)で勝利して優勝を果たしている[6]

2011年全仏オープンジュニア選手権女子ダブルスでは尾崎とペアを組んで準決勝まで駒を進めている[7]

2012年にプロ入りした[2]。シングルスよりダブルスの活躍が多く、2016年9月のジャパン女子オープンテニス青山修子と組みWTAツアー初優勝を果たした。

2017年ウィンブルドン選手権ではチェコのレナタ・ボラコバと組みベスト4に進出した。準決勝では詹皓晴/モニカ・ニクレスク組に 6-7(4), 6-4, 7-9 で破れ決勝進出はならなかった[8]。大会後のランキングでダブルス38位となりトップ50入りを果たした。

2018年全仏オープンでは穂積とペアを組み、日本人女子同士のペアでは杉山愛/藤原里華以来16年ぶりのベスト4入り[9]。準決勝では第8シードの詹皓晴/楊釗煊に6-2、6-2で破り日本人女子同士ではグランドスラム初となる決勝進出を果たした[10]。決勝は第6シードのバルボラ・クレイチコバ/カテリナ・シニアコバ組に3-6, 3-6で敗れたが、日本人ペアとしては最高成績となる準優勝で終えた[11]。9月の花キューピットオープンで加藤とのペアで決勝進出。しかし決勝で穂積/張帥組に敗れた[12]。翌週の東レ パン・パシフィック・オープンでは加藤とのペアで2週連続で決勝進出。決勝でアンドレア・セスティニ・フラバーチコバ/バルボラ・ストリコバ組に勝利し、ツアー2勝目を挙げた[13]

WTAツアー決勝進出結果

ダブルス: 7回 (2勝5敗)

大会グレード
グランドスラム (0–1)
WTAファイナルズ (0–0)
プレミア・マンダトリー (0–0)
プレミア5 (0-0)
WTAエリート・トロフィー (0-0)
プレミア (1–0)
インターナショナル (1-4)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2016年8月7日 中華人民共和国の旗 南昌 ハード 日本の旗 青山修子 中華人民共和国の旗 梁晨
中華人民共和国の旗 魯晶晶
6–3, 6–7(2), [11–13]
優勝 1. 2016年9月17日 日本の旗 東京 ハード 日本の旗 青山修子 イギリスの旗 ジョセリン・レイ
イギリスの旗 アナ・スミス
6–3, 6–3
準優勝 2. 2017年3月5日 マレーシアの旗 クアラルンプール ハード アメリカ合衆国の旗 ニコール・メリヒャル オーストラリアの旗 アシュリー・バーティ
オーストラリアの旗 ケーシー・デラクア
6–7(5), 3–6
準優勝 3. 2018年1月13日 オーストラリアの旗 ホバート ハード ウクライナの旗 リュドミラ・キチェノク ベルギーの旗 エリーズ・メルテンス
オランダの旗 デミ・シュース
2–6, 2–6
準優勝 4. 2018年6月10日 フランスの旗 全仏オープン クレー 日本の旗 穂積絵莉 チェコの旗 バルボラ・クレイチコバ
チェコの旗 カテリナ・シニアコバ
3–6, 3–6
準優勝 5. 2018年9月16日 日本の旗 広島 ハード 日本の旗 加藤未唯 日本の旗 穂積絵莉
中華人民共和国の旗 張帥
2–6, 4–6
優勝 2. 2018年9月22日 日本の旗 東京 ハード (室内) 日本の旗 加藤未唯 チェコの旗 アンドレア・セスティニ・フラバーチコバ
チェコの旗 バルボラ・ストリコバ
6–4, 6–4

脚注

  1. ^ 全仏テニス女子ダブルス、穂積・二宮組が決勝へ 日本女子で四大大会初 日経新聞
  2. ^ a b c d e 二宮真琴 「弛まず鍛え」 Tennis Tribe.JP 2017年6月2日
  3. ^ 2006 四国中国合同合宿 参加者名簿 (PDF) 中国テニス協会
  4. ^ 全国中学生テニス選手権大会 女子シングルス 小和瀬望帆が優勝 Tennis,.jp 2009年8月25日
  5. ^ テニス部紹介しま~す!【硬式テニス部】 西宮甲英高等学院 2011年08月26日
  6. ^ トヨタジュニアテニストーナメント2010 (PDF) 日本テニス協会
  7. ^ Roland Garros Junior Championships 29 May - 05 June 2011 国際テニス連盟
  8. ^ “ウィンブルドン、二宮組敗れる”. Reuters. (2017年7月15日). http://jp.reuters.com/article/idJP2017071501000931 
  9. ^ 16年ぶりの快挙! 穂積絵莉&二宮真琴が、ローランギャロス(全仏テニス)女子ダブルスでベスト4進出!Yahoo JAPAN
  10. ^ 全仏テニス女子ダブルス、穂積・二宮組が決勝へ 日本女子で四大大会初 日経新聞
  11. ^ 日本人ペア四大大会初Vならず”. tennis365.net (2018年6月10日). 2018年6月11日閲覧。
  12. ^ 穂積絵莉/ジャン・シューアイが加藤未唯/二宮真琴を下してダブルス優勝、穂積はWTAツアー2勝目”. TennisMagazine ONLINE (2018年9月16日). 2018年9月22日閲覧。
  13. ^ 加藤未唯/二宮真琴がトップ2シードを倒してコンビ初優勝、日本人として大会史上初の快挙【東レPPO】”. Tennismagazine ONLINE (2018年9月22日). 2018年9月22日閲覧。