二川氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

二川氏(ふたがわし)は、三河国渥美郡二川郷(愛知県渥美郡二川町。現在・同県豊橋市)を本貫地とする氏族

概要[編集]

藤原姓二川氏は、中臣鎌足の次男・藤原不比等の後裔である二川次郎が氏祖。
治承元暦期に、二川次郎は、木曾義仲に従って戦死している。ただし二川次郎の子孫は、彼の死後も三河国渥美郡二川郷に定住していた。

貞治元年(1362年)、二川次郎から4代目にあたる二川四郎左衛門光吉が、讃岐国守護職細川頼之に従い、讃岐国香川郡井原荘龍満に移住した。そして、その地に龍満城(香川県香川郡香川町。現在・同県高松市)を築城し、龍満氏と名乗った。二川光吉は、細川頼之に馬廻として仕え、300貫を知行している。

この二川光吉の移住のため、三河国渥美郡二川郷の「三河二川氏」と、讃岐国香川郡龍満城の「讃岐二川氏(龍満氏)」がある。

参考文献[編集]

  • 平井聖〔ほか〕編 『日本城郭大系』第15巻、新人物往来社、1979年。
  • 香川町誌編集委員会編 『香川町誌』香川町、1993年。