二川町 (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふたがわちょう
二川町
廃止日 1955年3月1日
廃止理由 編入合併
二川町高豊村老津村前芝村石巻村豊橋市
現在の自治体 豊橋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
渥美郡
面積 42.61km².
総人口 14,860
(1950年10月1日)
隣接自治体 豊橋市、渥美郡高豊村
静岡県浜名郡白須賀町新所村
二川町役場
所在地 愛知県渥美郡二川町大字大岩字東郷内4
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
二川の町並み
二川八幡神社

二川町(ふたがわちょう)は、愛知県渥美郡にあった。現在の豊橋市の東部である。東は静岡県と接し、南は太平洋遠州灘)である。

沿革[編集]

  • 1644年正保元年) - 渥美郡二川村を西に、大岩村を東に移動させ、二川宿と加宿大岩町とする。二川宿に関わっていた二川村と大岩村などは天領であり、周りの村は吉田藩領、寺社領であった。
  • 1878年明治11年) -
    • 原村、中原村、雲谷村が合併し、谷川村となる。
    • 大脇新田と二川村が合併し、二川村となる。
    • 上細谷村、下細谷村、小島村、小松原村、寺沢村、西七根村、東七根村が合併し、五並村となる。
  • 1884年(明治17年) - 五並村が分割され、上細谷村、下細谷村、小島村、小松原村、寺沢村、七根村[1]となる。
  • 1889年(明治22年) 4月1日 - 町村制施行。渥美郡に以下の3村が成立。
    • 岩村、二村、谷村が合併し、大川村となる。
    • 上細谷村、下細谷村が合併し、細谷村となる。
    • 島村、松原村、寺村が合併し、小沢村となる。
  • 1893年(明治26年)6月23日 - 大川村が町制施行。大川町となる。
  • 1896年(明治29年)7月1日 - 大川町から谷川村が分立する。
  • 1906年(明治39年)7月1日 - 大川町、谷川村、細谷村小沢村が合併、二川町となる。
  • 1955年(昭和30年)3月1日 - 渥美郡高豊村老津村宝飯郡前芝村八名郡石巻村とともに豊橋市へ編入される。

交通機関[編集]

神社・仏閣[編集]

史跡[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1889年に高塚村と合併で高根村、1906年に豊南村と合併で高豊村となる。現・豊橋市

関連項目[編集]