二戸郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩手県二戸郡の範囲(緑:一戸町 薄黄:後に他郡に所属した区域)

二戸郡(にのへぐん)は、岩手県陸奥国)の郡。

人口12,058人、面積300.03km²、人口密度40.2人/km²。(2018年10月1日、推計人口

以下の1町を含む。

郡域[編集]

明治11年(1878年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記1町のほか、概ね以下の区域にあたる。うち現八幡平市域、葛巻町域は後に岩手郡に編入されている。

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

  • 幕末時点では陸奥国に所属し、全域が盛岡藩領であった。「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点に存在した村は以下の通り。なお、「旧高旧領取調帳」には金田一川向村の記述があるが、矢沢村のうちとみられる。(74村)
福岡村、坂本村、白鳥村、仁佐平村、摺糠村、馬羽松村、中山村、火行村、小繋村、宇別村、平糠村、小友村、女鹿村、根反村、冬部村、姉帯村、田野村、泉沢村、月館村、岩清水村、出ル町村、中里村、小鳥谷村、岩館村、一戸村、高善寺村、楢山村、西法寺村、面岸村、鳥越村、似鳥村、荒屋村、五日市村、目名市村、滝又村、曲田村、御山村、漆沢村、岩屋村、浄法寺村、福田村、沢口村、安比村、大簗村、川又村、吉田村、大清水村、駒ヶ嶺村、杉沢村、大田村、長流部村、長渡路村、大森村、岩淵村、江牛村、里川目村、松岡村、浅沢村、田山村、釜沢村、金田一村、矢沢村、野々上村、海上村、根森村、米沢村、石切所村、下斗米村、本田村、田中館村、足沢村、上斗米村、外山村、堀野村
  • 明治初年(65村)
    • 火行村が中山村に合併。
    • 泉沢村が出ル町村に合併されたとみられる。
    • 岩清水村が出ル町村に合併。
    • 沢口村・大簗村が安比村に合併。
    • 本田村・田中館村が上斗米村に合併。
    • 足沢村が上斗米村に合併されたとみられる。
    • 外山村が米沢村に合併されたとみられる。
  • 明治元年12月7日1869年1月19日) - 盛岡藩が戊辰戦争後の処分により、領地を没収される。弘前藩取締地となる。
  • 明治2年
  • 明治4年11月2日1871年12月13日) - 第1次府県統合により青森県の管轄となる。
  • 明治6年(1873年) - 摺糠村・馬羽松村が中山村に合併。(63村)
  • 明治7年(1874年) - 同年から1876年にかけての間に根森村を上斗米村に合併。(62村)
  • 明治8年(1875年) - 坂本村が白鳥村に、五日市村・岩屋村が浅沢村に、目名市村・滝又村・曲田村が荒屋村に、川又村・岩淵村・松岡村が漆沢村、吉田村・長流部村・長渡路村が御山村に、杉沢村・大田村・里川目村・江牛村が浄法寺村に、大森村が大清水村に、矢沢村が仁佐平村に、海上村が野々上村にそれぞれ合併。(43村)
  • 明治9年(1876年)5月25日 - 第2次府県統合により岩手県の管轄となる。
  • 明治11年(1878年)11月26日 - 郡区町村編制法の岩手県での施行により、行政区画としての二戸郡が発足。郡役所が福岡村に設置。

町村制以後の沿革[編集]

1.福岡町 2.一戸町 3.金田一村 4.斗米村 5.爾薩体村 6.石切所村 7.浪打村 8.鳥海村 9.小鳥谷村 10.姉帯村 11.田部村 12.御返地村 13.浄法寺村 14.荒沢村 15.田山村(紫:二戸市 桃:八幡平市 赤:一戸町 橙:岩手郡葛巻町)
  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は現・二戸市。(2町13村)
    • 福岡町(福岡村の一部が単独町制)
    • 一戸町 ← 高善寺村、一戸村[一部](現・一戸町)
    • 金田一村 ← 金田一村、釜沢村、野々上村、下斗米村[一部]
    • 斗米村 ← 米沢村、上斗米村[一部]、下斗米村[一部]
    • 爾薩体村 ← 仁佐平村、堀野村、白鳥村、福岡村[一部]
    • 石切所村 ← 石切所村、福岡村[一部]
    • 浪打村 ← 鳥越村、楢山村、岩館村、根反村、一戸村[一部](現・一戸町)
    • 鳥海村 ← 西法寺村、女鹿村、小友村、中里村、月館村、出ル町村(現・一戸町)
    • 小鳥谷村 ← 小鳥谷村、小繋村、平糠村、宇別村、中山村(現・一戸町)
    • 姉帯村 ← 姉帯村、面岸村(現・一戸町)
    • 田部村 ← 田野村、冬部村(現・岩手郡葛巻町)
    • 御返地村 ← 似鳥村、安比村、福田村、上斗米村[一部]
    • 浄法寺村 ← 浄法寺村、御山村、漆沢村、駒ヶ嶺村、大清水村
    • 荒沢村 ← 荒屋村、浅沢村(現・八幡平市)
    • 田山村 ←(単独村制。現・八幡平市)
  • 明治24年(1891年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和10年(1935年)時点での当郡の面積は1,225.07平方km、人口は63,309人(男31,403人・女31,906人)[1]
  • 昭和15年(1940年)12月25日 - 浄法寺村が町制施行して浄法寺町となる。(3町12村)
  • 昭和17年(1942年)7月1日 - 「二戸地方事務所」が福岡町に設置され、本郡を管轄。
  • 昭和30年(1955年
    • 3月10日 - 福岡町・石切所村・御返地村・斗米村・爾薩体村が合併し、改めて福岡町が発足。(3町8村)
    • 7月15日 - 田部村が岩手郡葛巻町・江刈村と合併し、改めて岩手郡葛巻町が発足。(3町7村)
  • 昭和31年(1956年)9月30日 - 荒沢村・田山村が合併して安代町が発足。(4町5村)
  • 昭和32年(1957年)11月1日 - 一戸町・姉帯村・小鳥谷村・鳥海村・浪打村が合併し、改めて一戸町が発足。(4町1村)
  • 昭和47年(1972年)4月1日 - 福岡町・金田一村が合併して二戸市が発足し、郡より離脱。(3町)
  • 平成14年(2002年)4月1日 - 安代町の所属郡が岩手郡に変更。(2町)
  • 平成18年(2006年)1月1日 - 浄法寺町が二戸市と合併し、改めて二戸市が発足、郡より離脱。(1町)

変遷表[編集]

行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)11月26日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

  1. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能。

参考文献[編集]